タイラバ(リール)

【2021年】電動タイラバできるシマノ電動リール「プレイズ」と「フォースマスター」比較。コスパ優秀オススメ2選も

電動タイラバできるシマノ電動リール。プレイズとフォースマスター

手巻きでは不可能な完全な等速巻きが可能で、これまでキャッチできなかった真鯛も狙えるポテンシャルを持っている電動タイラバ

最近シマノでは電動タイラバを意識した小型電動リールのラインアップが増えてきていて、ラインアップとしてプレイズシリーズフォースマスターシリーズがあります。

「フォースマスターの方が上位機種で金額が高い!!っていうのは分かるんだけど、ほかにどういった違いがあるの?」

予算に余裕があるなら上位機種のフォースマスター選べば間違いないんだろうけど、できるだけお金をかけずに自分がしたい釣りをできるならそっちの方がいいですよね。

ということで200~800までサイズ別に性能や機能、金額をまとめて比較してみました。

必要な機能、逆に不必要な機能を見極めて、みなさんのタイラバ用電動リール選びの参考になれば幸いです。

タイラバを電動リールで行う電動タイラバ.メリットとデメリットタイラバを電動リールで行う電動タイラバ タイラバとは、従来ベイトリール(両軸リール)を使用して手巻きで釣るもの、という考えが一般的でし...

200サイズ

まず200サイズは2021年に新登場したシマノ電動リール最軽量モデル「フォースマスター200」。

フォースマスター200

  • ギヤ比:8.2
  • 最大ドラグ力(kg):5.0
  • 自重(g):395
  • PE糸巻量(号ーm):0.8-270、1-300、1-220、1.5-150
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):7/2/1
  • シマノ巻上力(kg):27
  • 最大巻上速度(m/分):195
  • 本体価格(円):79,500

フォースマスター200の特徴

2021年発売

もっともライトな電動リール!

極細ライン対応、自重395gという軽量さなど、ダイワ製含めても最もライトな電動リール

「タッチドライブ」搭載!!

フォースマスターシリーズ新型モデルに搭載されている「タッチドライブ」とは従来のダイヤルを回すのではなく、増速、減速操作をシーソー型感圧スイッチで行う機構。

親指の屈伸動作で微妙な速度調節ができますが、1回押すごとに1速ずつ変速できる機能もあります。

ダイヤルでは1速ずつ調整しようとすると勢い余って2速以上変速してしまうこともありますが、タッチドライブだと1速ずつ確実に変速できます。

タイラバにおいては超スロー巻きで1速ずつスピード変化させていきたい時に役立つでしょう。

スピードクラッチも新登場!!

また、「スピードクラッチ」も搭載。

従来はクラッチOFF時はクラッチをプッシュしていましたが、ON時はスプールの横にあるリターンクラッチレバーをプッシュするか、ハンドルを回すなどスプールから一度指を離す必要がありました。

しかし「スピードクラッチ」搭載でクラッチON/OFF動作ともにクラッチをプッシュすることで可能になります。

これによりサミングしながらフォールしている時に、片手でスプールから指を離さずクラッチONすることができます

フォール速度を速くするため極力ブレーキを掛けずにフォールさせると着底時にバックラッシュすることがありますが、サミングしながらフォール、着底、クラッチONまでの一連の動作が片手で可能になります。

「電動超スロー巻上げ」と「超微変速制御」、「速度一定モード」機能

これらはタイラバに大変有効で、「電動超スロー巻上げ」、「超微変速制御」は超低速巻きができるうえ、低速時の巻上速度調節をより細かく設定できるという機能。

低速巻きにアタリがある時に細かいスピード調節できることで、より効果的なヒットパターンの分析ができるようになります。

「速度一定モード」は潮流などの負荷がかかっても一定の巻上速度を維持する機能。

「電動等速巻き制御」で完全等速巻きが可能に!!

また従来スプールの回転数で制御し電動回転していたため糸巻量によって巻上速度が若干変わってしまっていましたが、「電動等速巻き制御」により糸巻量に影響されず完全に等速巻きができるようになりました。

着底→巻上開始にモーターOFFが必要ない「モーター&クラッチ連動機能」!!

そしてこれもタイラバに有効なモーターONで電動巻上中にクラッチOFFにするとモーターも自動でOFFになるモーター&クラッチ連動機能搭載。

これまで電動タイラバにおいて、巻上後フォールさせるためにモーターOFF→クラッチOFF、そして着底後再度電動巻上開始するためにクラッチON→モーターONという手間が必要でした。

マイボ!
マイボ!
「モーターONのままでクラッチON/OFF作業も可能ですが、モーターの寿命を縮めるので推奨されていません」

そういった手間をこの「モーター&クラッチ連動機能」で省くことができます。

ちなみにシマノ独自でダイワ製電動リールにはない機能です。

タイラバを片手操作で着底後即巻上開始したい、という要望のある方は、「モーター&クラッチ連動機能」搭載のフォースマスター一択になるでしょう。

(クラッチON後、モーターONになるまで一瞬のタイムラグはあります)

「MUTEKI MOTER+」「海底・魚群水深表示」「Sコンパクトボディ」など

他に「MUTEKI MOTER+」搭載で小型リールながらモーターのトルク、パワー、耐久性がアップ。

また「海底・魚群水深表示」機能で船に探検丸親機が搭載されていれば、リール単独で水深、海底変化、魚群反応まで表示することができます。

さらに「Sコンパクトボディ」によりリール本体がコンパクトになってだけでなく、従来左手側にあった電源ケーブルが右側に移動。

これにより握りやすさ、操作性がアップしています。

ドラグ音が鳴る!「e-エキサイティングドラグサウンド」搭載!!

最後にちょっとした機能ですが、「e-エキサイティングドラグサウンド」という機能も搭載されています。

これはドラグが引き出されたときに「ピッピッピ…」と電子音が鳴る機構でこれまでの「ジッジッジ…」とは違い近未来的なドラグ音システムです。

マイボ!
マイボ!
「ドラグ音マニアにはたまりませんね(笑)」

ダブルハンドルモデルは無し

以上のように最新機種ならではの新機能がたくさん採用された「フォースマスター200」でありますが、残念ながらタイラバに有効なダブルハンドルモデルのラインアップは無し。

実は2021年の発表時点では発売予定だったのですが、新型コロナ流行による半導体不足などが原因で発売中止となっております。

マイボ!
マイボ!
「2022年以降の発売に期待!!」

400サイズ

400サイズは現状「プレイズ400」のみ。

プレイズ400

  • ギヤ比:5.5
  • 最大ドラグ力(kg):5.0
  • 自重(g):475
  • PE糸巻量(号ーm):2-200、3-150、4-100
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):58
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):5/0/1
  • シマノ巻上力(kg):15
  • 最大巻上速度(m/分):155
  • 本体価格(円):50,000

プレイズ400の特徴

2016年発売

タイラバに使える電動リールとしては最安!!

シマノ、ダイワ製でタイラバ向きの電動リールの中では実売価格約35,000円と最安

(※シマノプレミオっていうのがもっと安いけど、タイラバ向きではない)

スマートダイヤルは非搭載!完全片手操作は難しい…

フォースマスターシリーズに搭載されているスマートダイヤルはなく、片手でのモーターON/OFF操作は難しいです。

(プレイズ800に搭載されているチョイ巻き/止めスイッチもありません)

またシングルハンドルのみでダブルハンドルモデルはなし

ただ安いとはいえ、自重475gで十分軽量の範囲ですし、最大ドラグ力5kg、シマノ巻上力も15kgとタイラバ用としては十分のパワーを備えています。

「電動超スロー巻上げ」「速度一定モード」はついてるよ

ほかにフォースマスターシリーズにも搭載されている「電動超スロー巻上げ」や「速度一定モード」などは採用されており、潮流の負荷などに影響されずに等速巻きが可能。

以上のようにタイラバ用で片手操作が必須ではなく、予算が厳しい、安い電動リールを探している!という方にはオススメの「プレイズ400」でした。

 600サイズ

600サイズからは「プレイズ」「フォースマスター」ともラインアップあり、比較をまじえて。

プレイズ600

  • ギヤ比:5.5
  • 最大ドラグ力(kg):5.0
  • 自重(g):470
  • PE糸巻量(号ーm):2-300、3-200、4-150
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):59
  • ベアリング数(BB/ローラー):5/1
  • シマノ巻上力(kg):15
  • 最大巻上速度(m/分):155
  • 本体価格(円):52,500

プレイズ600の特徴

2019年発売

基本は「プレイズ400」とほぼ同じ仕様で大きくは糸巻量の違いだけ。

基本仕様、機能は「プレイズ400」と比べると自重5g軽量、ハンドル1回転巻上長さ1cm長いといったぐらいで、大きな違いは糸巻量の違いだけです。

よりたくさん巻けるようになり、ディープタイラバやタチウオなど深場を狙うことが多い方は400より600ですね。

フォースマスター600(DH)/601(DH)

  • ギヤ比:5.1
  • 最大ドラグ力(kg):8.0
  • 自重(g):495
  • PE糸巻量(号ーm):2-300、3-200
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):53
  • ベアリング数(BB/ローラー):9/1
  • シマノ巻上力(kg):46
  • 最大巻上速度(m/分):195
  • 本体価格(円):83,500
  • ギヤ比:5.1
  • 最大ドラグ力(kg):8.0
  • 自重(g):500
  • PE糸巻量(号ーm):2-300、3-200
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):53
  • ベアリング数(BB/ローラー):9/1
  • シマノ巻上力(kg):46
  • 最大巻上速度(m/分):195
  • 本体価格(円):83,500

フォースマスター600の特徴

2018年(601は2020年)発売

「タッチドライブ」「スピードクラッチ」「MUTEKIMOTOR+」…新機能は網羅

上述の「フォースマスター200」でも搭載されている「タッチドライブ」「スピードクラッチ」「MUTEKIMOTOR+」はじめ「eエキサイティングドラグサウンド」「モーター&クラッチ連動機能」…などなどの機能は網羅。

ダブルハンドルモデルあり

フォースマスター200」ではダブルハンドルモデルはまだありませんが、こちら「フォースマター600」にはあり。

チョイ深場や大型真鯛の可能性のある電動タイラバをしたい方にはちょうどいいモデルです。

プレイズ600とフォースマスター600の違い

プレイズ600」と「フォースマスター600」との実売価格差は約15,000円~20,000円。

同じ600でありながらドラグ力やモーターパワーが段違い。

というのも「プレイズ600」は「プレイズ400」を糸巻量を増やしただけのモデルのため、糸巻量基準で600サイズにカテゴリーされているためです。

それだけでなく、「フォースマスター600」には新機能もたくさん搭載されていますので、以下箇条書きにて大きな違いを書いておきます。

これだけの機能の差があって実売価格2万円弱であれば、「フォースマスター600」の方がお買い得感あり。

800サイズ

最後に800サイズからは「プレイズ800」と「フォースマスター800」。

プレイズ800

  • ギヤ比:5.1
  • 最大ドラグ力(kg):10.0
  • 自重(g):615
  • PE糸巻量(号ーm):3-300、4-250
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):70
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):6/2/1
  • シマノ巻上力(kg):49
  • 最大巻上速度(m/分):190
  • 本体価格(円):55,000

プレイズ800の特徴

2017年発売

シングルハンドルのみでダブルハンドルモデルはありません

チョイ巻きスイッチ登場!しかし…

チョイ巻き/止めスイッチがプレイズシリーズ初採用により、片手操作がなんとか可能になります。

ただ、モーター&クラッチ連動機能は搭載していないため完全片手操作しようとすると、着底後巻上開始までクラッチON→チョイ巻きスイッチONする間の一瞬タイムラグができます。

さらにチョイ巻きスイッチは任意の設定スピードでの巻上のため変速はできないですし、自重600gオーバーはちょっとシンドいかも。

ということで操船が忙しい時とかだけに使う程度で完全片手操作はできなくはない、ぐらいの補助的に考えておいたほうが良さそうです。

その他、MUTEKI MOTOR+採用によりモーターパワーが大幅にアップしています。

ちなみに「プレイズ1000」もラインアップにありますが、糸巻量の違いだけでほかスペックは同じです。

フォースマスター800

  • ギヤ比:4.4
  • 最大ドラグ力(kg):11.5
  • 自重(g):545
  • PE糸巻量(号ーm):2-470、3-300、4-230、5-180
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):61
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):8/2/1
  • シマノ巻上力(kg):59
  • 最大巻上速度(m/分):190
  • 本体価格(円):79,000

フォースマスター800の特徴

2015年発売

こちらもシングルハンドルモデルのみ

従来型のスマートダイヤル。完全片手操作ももちろん可能。

少し古めのモデルということで「フォースマスター600」に搭載されている「タッチドライブ」ではなく、「スマートダイヤル」搭載。

その他フォースマスターシリーズおなじみ「電動超スロー巻上げ」や「超微変速制御」、「電動等速巻き制御」「速度一定モード」「モーター&クラッチ連動機能」などもちろん搭載しており電動タイラバ、そして完全片手操作可能になっています。

軽くてモーターがパワフル!!

そいてこの「フォースマスター800最大の強みがなんといってもそのパワーです。

最大ドラグ力11.5kg、シマノ巻上力59kgという、本格的なジギングにも対応できうるパワーを持っています。

さらに「CI4+」ボディで自重545gという軽さも両立しているため、かなり幅広い釣りに使う事ができるでしょう。

プレイズ800とフォースマスター800の違い

大きな違いは「スマートダイヤル」や「モーター&クラッチ連動機能」の有無

プレイズ800」ではチョイ巻きスイッチ採用されたものの、完全片手操作をしたいのであれば「フォースマスター800」の方が便利。

ただ、このクラスでこの自重になってくると片手操作の機会も減ってくるかと思うので、片手操作不要であればパワーはそこまで大きな差はないです。

モーターパワーも「MUTEKI MOTOR+」がプレイズシリーズ初採用により遜色ありません。

400、600シリーズでは性能にかなり大きな差がありましたが、プレイズ800」と「フォースマスター800」の差は少し小さくなった感があります

以上の機能差で実売価格約15,000円の差。

完全片手操作を重要視しないのであれば「プレイズ800」でも十分使えそう。

まとめと電動タイラバにオススメ電動リール2選

以上プレイズシリーズとフォースマスターシリーズの比較をしてきました。

シリーズ通しての大きな違いは片手操作に便利な機能の有無

すべてのサイズを通して大きな違いは「スマートダイヤル」や「タッチドライブ」など、手操作に便利な機能が付いているかどうかで、片手操作をたくさんしたい方は迷わずフォースマスターシリーズの選択になるでしょう。

逆にそこまで片手操作を希望しないのであればプレイズシリーズでも電動タイラバには十分なパワーを持っています。

以上の違いを踏まえた上で個人的に電動タイラバにオススメは、

フォースマスター200」と「プレイズ400」の2機種。

分かりやすくそれぞれもっとも小型の機種であります(笑)

というのも電動タイラバ専用と考えた時に600以上のパワーまで必要ではなく、200~400で十分なためです。

パワーが小さい代わりに、タイラバでは大きな武器となる軽量であり、極細ラインを使う事もできます

電動タイラバ専用ではなく、電動ジギングやノマセ釣りなど青物なども対象になる釣りを兼用したいなら600以上がいいと思います。

マイボ!
マイボ!
「あとはどっちにするかは予算次第ですが、僕なら片手操作が多いため「フォースマスター200」ですかねー。」
【2021年】ダイワとシマノのライトゲーム用電動リール20選。価格帯別に比較してみた約6万円以内で買える、ダイワとシマノのライトゲーム用電動リールを価格帯別に比較してみた 電動リールといえば代表的なのはダイワと...
【2021年】電動タイラバにオススメ電動リール、個人的ベスト3作ってみた電動タイラバにオススメな電動リール 等速巻きが重要な釣り、という点から合理的で釣果が上がりやすいということで広まってき...
タイラバを電動リールで行う電動タイラバ.メリットとデメリットタイラバを電動リールで行う電動タイラバ タイラバとは、従来ベイトリール(両軸リール)を使用して手巻きで釣るもの、という考えが一般的でし...
あわせて読みたい