ボートの装備品

桜マーク入りでコスパ最強のおすすめライフジャケット。安いのがダメな理由とは?

桜マーク入りライフジャケットとは?重要性や選び方について

本記事で書いてること
  • ライフジャケットの重要性について
  • 桜マークとは?
  • コスパ最強ライフジャケット紹介
釣り人A
釣り人A
「桜マーク入りライフジャケット義務化ってどういうこと?何でもいいから装着してればいいんでしょ!」
釣り人B
釣り人B
「手動とか自動膨張とか、腰掛けとか肩掛けとかいろいろあってどれ選べばいいかよく分からん…」

そんな感じで軽視されがちだったライフジャケット(救命胴衣)、平成30年2月から全面義務化となったわけですが、そもそもそれまでは義務ではなかったのが意外?でしょうか。

ライフジャケットはボートフィッシングにおいて命に関わるもっとも大事な物のひとつ。

自動車でいうとシートベルトみたいなものでしょうが、シートベルトほど着用率が高まっていないも事実です。

本記事ではそのライフジャケットの必要性や義務化となった桜マークについて、また安全面、コスト面に優れたコスパ最強桜マーク入りライフジャケットもご紹介します。

ライフジャケット着用義務化について

まず、ライフジャケット着用義務化について簡単に説明。

今回ライフジャケット着用義務化になった理由としては、やはり着用者の意識が薄いということが挙げられます。

シートベルトも十数年前までは着用率が低かったようですが、取り締まりや着用の普及活動によって現在では運転者で98%(2017年、JAF調査)の着用率とのこと。

一方ライフジャケットはおよそ50%(国土交通省調査)と意識の低さが伺えます。

しかしライフジャケット着用により海中落水時の死亡率が約半分になるという調査結果もあり、その必要性はシートベルトと同等以上かも。

※出典:国土交通省ホームページ※出典:国土交通省ホームページ

さらに着用全面義務化と言っても、実はシートベルト非着用違反のように即違反点、罰金があるわけではなく、実は1年間のうち2回までは処分対象にならないのです

マイボ!
マイボ!
「しかも違反点数は平成34年2月から付与開始予定。」

個人的にはもっと罰則が厳しくても良い気がしますが、これから何年かかけて段階的にライフジャケットの着用率をあげていこうという施策らしい。

話はそれますが、ほかの罰則、例えば飲酒で操船した場合は違反点はありますが罰金はないなど、自動車に比べるとかなり罰則がゆるいのです。

マイボ!
マイボ!
「飲酒などによって引き起こされるボートでの事故の危険性や損害額は自動車と同等かそれ以上になる可能性もあるのですが…」

ボート人口が少ないからでしょうが、自動車にくらべ安全に関する法令整備は遅れています。

ライフジャケットも違反点や罰金があるから着用する、というよりは自分の命を守るために着用するという意識を持ちたいですね。

ライフジャケットの種類

続いて現在販売されているライフジャケットの種類について。

国の基準→桜マーク入りで釣り用としてはタイプAが必要

ライフジャケットであればどんなものでも良いのかといえばそうではなく、平成30年2月の着用義務化と同時に国の安全基準を満たしたライフジャケットである必要があります。

いわゆる以下の桜マークが着いているライフジャケットですね。

桜マーク。※出典:国土交通省ホームページ桜マーク。※出典:国土交通省ホームページ
※出典:国土交通省ホームページ※出典:国土交通省ホームページ

さらに以下のようなA,D,F,Gの4種類のタイプがあります。

基本的に海でプレジャーボートや遊漁船で釣りをする場合はタイプAが必要です。

今回の法改正で改めてライフジャケットの買替が必要な場合はこのタイプAの桜マーク付きを最低限選びましょう。

海で船釣りするなら桜マーク入り+タイプAのライフジャケットを選ぼう!

ジャケット式と腰巻式と肩掛け式

続いてライフジャケットの形状ですが、メジャーなものとして大きく「ジャケット式」「腰巻(ウエストベルト)式」「肩掛式」の3種類。

それぞれメリット、デメリットを挙げてみます。

ジャケット式

  • 膨張式ではないため落水時に膨らむかどうかの心配がない
  • 物によってはポケットが着いていてそこに釣り具など収納ができる
  • デザインを気にしなければ価格が安い
  • 冬は防寒にもなる
  • 夏は暑い
  • 動きにくい、肩が凝る
  • ダサい(と見られる場合がある)

ジャケット式の強みは何より安全面です。

海上保安庁の人たちもこのジャケット式を着用していることからもボートで海に出るときは本当はこのジャケット式が一番安全だとわかります。

値段も安く浮力が高いものも多いので、見た目、機能性を気にしなければある意味最強です

また船検時に搭載人員数分の救命胴衣の搭載が必要になるため、標準でボートに載っていることも多いでしょう。

マイボ!
マイボ!
「ジギングなどの体を動かす釣りでなければ、冬には防寒にもなるよ」

逆に夏やジギングなどする時は暑いし肩凝るし大変ですので、そんなの気にしねえ!という「漢」な方意外は以下の膨張式のものを買うのが無難です(笑)

肩掛け式(ショルダータイプ)

  • 膨張式のため普段は薄く邪魔になりにくい
  • 腰巻式と比べると落水時膨張した時に姿勢が安定しやすい
  • 腰巻式と比べると若干安い(同メーカ比較で実売価格約1,000円差ぐらい)
  • 膨張式のためいざという時きちっと膨張するか不安
  • 膨張式で普段は薄く軽いが、それでもジギングなどは首周りが疲れるし邪魔
  • 夏は首回りが暑い

肩掛け式のライフジャケットを着用してのジギングなどの動く釣りは膨張式で軽そうに見えますが、実は長く釣りをしていると肩が凝りますし首回りが暑い

安全面としては、膨張式ですのでいざという時にきちっと開くのか?という心配はあります。

また、落水後膨張した時に仰向けの姿勢に安定しやすいのも肩掛け式の特徴。

肩掛け式やジャケット式でもサイズ調整を怠ったりバックルを固定していないと落水時に脱げる可能性がありますので、いずれにしてもきちっと着用しましょう。

腰巻式(ウェストベルトタイプ)

  • 膨張式で上半身はまったくフリーのため普段は動きやすいし見た目も良い
  • 肩掛け式と比べると落水時膨張したときに泳ぎやすい
  • 膨張式のためいざという時きちっと膨張するか不安
  • 肩掛け式に比べると若干高い(同メーカ比較で実売価格約1,000円差ぐらい)

最近もっともメジャーかもしれない腰巻式はとにかく釣りの邪魔にならず、スタイリッシュ。

膨張式だから本当に開くかどうかという不安は肩掛け式同様で、膨張時の姿勢は安定感は肩掛け式の方が優れるかもしれませんが、肩周りがフリーである腰巻式の方が泳ぎやすいでしょう。

オススメは腰巻式

以上のメリット、デメリットを考慮したうえで、個人的には腰巻式がもっともオススメ

理由は普段邪魔になりにくく、落水時に泳ぎやすいという2点が大きな理由です。

上記にもあるように落水時に膨張するかという不安がありますが、これはまずは桜マーク付きの信頼できる商品を選ぶことと、ボンベなど定期交換が必要なものはこまめに確認することでほぼ解消できるハズ。

最近はインジケータにより不調を見た目で判断できる機能もあり、そういったライフジャケットであればより安心できます。

手動膨張式と自動膨張式

最後に膨張式の場合は手動膨張式自動膨張式の2種類あります。

手動は落水時にひもを引っ張ると膨張、自動は落水時に水を感知して膨張するものです。

これは必ず自動を選ぶべきです。

ライフジャケットは自動膨張式が必須!

最も大きな理由は、転覆などが原因で落水した場合大きな衝撃を受けて気を失ったりパニックになる可能性があるからです。

気を失った状態で落水しても手動だと膨張させることができません。

ですので自動膨張式であれば気を失い落水した場合でも海上で浮遊できるので救助してもらえる確率があがります。

逆に気を付けないといけないのは、降雨や何らかの形で水を浴びてしまって誤作動で膨張してしまうことです。

しかし国土交通省の認定した商品(桜マーク付き)であれば、型式承認検査でいろんな角度から20分ほど流量 600 ㍑/h で水を噴霧した上でそれでも誤作動せず落水時には膨張するという不注意膨脹試験というのが行われてます。

マイボ!
マイボ!
「通常の降雨などでは考えられないような水量での試験をクリアしていますので、誤作動の心配もそこまでは必要なし」

また、安いライフジャケットにありがちな、落水時に膨張した後にバックルを止めないといけないタイプもあります。

落水時に気を失っても大丈夫なようにせっかく自動膨張式を選択しても、結局手動でバックルを止めないといけないのでは自動の意味があまりないので、バックルを止めなくてもよいタイプを選びましょう。

オススメのライフジャケット

ということで最後にオススメのライフジャケット。

ダイワ、シマノ、ヤマハなど有名メーカーから高階救命器具(BLUESTORM)などいろんなメーカーから販売されています。

「ライフジャケット」で検索すると膨大な種類の商品がヒットしますが、その中からボートフィッシングにおいて安全面重視でオススメの商品を何点か紹介します。

高階救命器具(ブルーストーム)腰巻式

もっともオススメなのが高階救命器具。

マイボ!
マイボ!
「筆者も愛用中。」

あまり聞いたことのないメーカーかもしれませんが、昭和10年創業で救命胴衣を製造販売している老舗メーカーさんです。

漁師さん向けや消防など業務用救命胴衣も製造しておりメーカーとして信頼性は間違いないでしょう。

「ブルーストーム」というブランドで販売されており、ほか有名メーカーのものよりスペックが良いわりに安くコスパに優れます。

これまでのライフジャケット考察と合わせた上でもっともオススメはコチラ。

BSJ-5220RSE

  • 炭酸ガスボンベとカートリッジの装着状態が分かるダブルインジケータ搭載
  • 33g炭酸ガスボンベ使用、7.5kg以上/24時間以上(初期浮力約17.0kg)

予算が厳しく、少しでも安く!または小型がイイ!って方は以下商品

BSJー9320RS

  • 炭酸ガスボンベの装着状態が分かるシングルインジケータ搭載
  • 16g炭酸ガスボンベ使用、7.5kg以上/24時間以上(初期浮力約9.5kg)
  • レールシステムにより従来製品より小型化
  • 1万円少々と安い

どちらもちろん桜マーク付き、Aタイプで腰巻の自動膨張式です。

これら2商品をと比べると、大きくはガスボンベの容量とそれにともなう浮力、さらに以下のようにインジケータの種類の違い。

インジケータ。これが緑ならOKですよ、ってこと。インジケータ。これが緑ならOKですよ、ってこと。

数千円の差でこれだけのスペック差なのでこちらの方が絶対オススメです。

以下メーカ公式の落水実験動画で開き方や安定感を確認してみてください。

(3:57~BSJ-5220RS)

落水後自動で膨張し、あおむけ、うつぶせ姿勢どちらでもしっかり頭は水上にでるような姿勢を保ってくれています。

ちなみにさらに小型モデルもあり。

BSJ-4320RSE

  • 炭酸ガスボンベとカートリッジの装着状態が分かるダブルインジケータ搭載
  • 18g炭酸ガスボンベ使用、7.5kg以上/24時間以上(初期浮力約9.7kg)

BSJ-5220RSE」には初期浮力はかないませんが、ダブルインジケータ搭載で超小型が売り。

しかし大きな注意点が…

落水→膨張後に自分で首にかける必要がある!

この「BSJ-4320RSE」超小型でスタイリッシュなのはイイですが、落水後に手動で首にかける必要がある…

これでは先述のように落水時に気絶してしまうと、せっかくの自動膨張タイプなのに効果を発揮しにくく、個人的にはいくら小型でもオススメしにくい商品…

ということでやはりオススメは初期浮力17kgと強力な「BSJ-5220RSE」または「BSJー9320RS」。

高階救命器具(ブルーストーム) 肩掛け式

もし肩掛けを選択されるならオススメは以下2商品。

BSJ-2220RSE

  • 炭酸ガスボンベとカートリッジの装着状態が分かるダブルインジケータ搭載
  • 18g炭酸ガスボンベ使用、7.5kg以上/24時間以上(初期浮力約9.7kg)
  • 背面に「バッククロスシステム」採用でしっかり着用でき、ズレにくい

BSJ-8320RS

  • 炭酸ガスボンベの装着状態が分かるシングルインジケータ搭載
  • 16g炭酸ガスボンベ使用、7.5kg以上/24時間以上(初期浮力約9.0kg)
  • レールシステムにより従来製品より小型化

ダイワ 腰巻式 DF-2207

DF-2207

  • 炭酸ガスボンベの装着状態が分かるダブルインジケータ搭載
  • 16g炭酸ガスボンベ使用、7.5kg以上/24時間以上(初期浮力公表なし)
  • 調整域の広いウエストベルト(55cm〜140cm
  • カラーバリエーションが豊富

続いて釣り人で知らない人はいないダイワの製品で、もちろん桜マーク入り、自動膨張式のウエストタイプのライフジャケット。

ブルーストームと比べると浮力は膨脹時7.5kg/24時間以上(初期浮力公表なし)でほぼ同じボンベは18gです。

またダブルインジケータ採用ということでブルーストームの「BSJ-9320RS」と「BSJ-5220RSE」の中間ぐらいのスペックといったところでしょうか。

さらにこのダイワのライフジャケットの特徴はウエストサイズが55~140cmまで調整できること。(ブルーストームは70~100cm)

ですので、細身の女性の方や大柄な男性であればこの「DF-2207」ならサイズ調整幅広くてオススメ。

 

ほかにヤマハ、シマノ製のライフジャケットもありますが、正直見るべき性能はありません

ブルーストームの安価モデル「BSJ-9320RS」より浮力など若干劣るスペックのうえにブランド代のためか金額も高いです。

どうしてもこのメーカーじゃないとイヤだという方以外は、スペックだけ見ると高階救命(ブルーストーム)かダイワの2択だと思います。

番外編(BEWAVE オーシャンWR-1)

ただそうはいっても少しでも安く買いたいという方へ。

桜マーク付きで自動膨張式タイプAを満たした最低限の機能をもったもう少し安価な商品があります。

浮力:19.6kgf(ボンベ33g)

ウエストサイズ75~120cmで適応体重200kgまで

と先ほど紹介した高階救命の上位モデル並みのスペックでありながら低価格という商品です。

おそらくブランド代が乗っていない点で安価にできているということと、もう1つ大きな理由があり、以下メーカーの膨張実験をまず見てください。

マイボ!
マイボ!
「膨張後にバックルを手動で締めていたのがわかりましたでしょうか?」

先ほどの高階救命やダイワのライフジャケットは膨張後の形状が体の前面まで覆うことができる円形のためバックルを締める必要がなく、落水実験の動画でも膨張後に特に何もしていないのが確認できます。

一方この商品は膨張後のライフジャケットの形状が「コ」の字型のため手動でバックルで止める必要があるタイプなのです。(バックル固定しないと不安定)

これが金額が安い大きな理由だと思いますが、これではせっかく自動膨張式を選択する意味が薄れてしまいます。

ということで先ほどオススメしたブルーストームかダイワの商品がやっぱりオススメ!

さらにタイミングによっては先ほどオススメしたブルーストームシリーズと金額があまり変わらない時も。

マイボ!
マイボ!
「金額が大きく変わらないなら、絶対ブルーストームの方がイイ!」

オススメライフジャケットまとめ

まとめ

最もオススメのライフジャケット

安全面重視であればこれで間違いないでしょう!

他商品より少し金額は上がりますが、初期浮力や膨張後の形状など高性能なライフジャケット。

マイボ!
マイボ!
「泳ぐのが苦手な筆者もこれを使ってます。幸いまだ出番はない。」

命を守ってくれるものですのでこの数千円はケチるところではなく、どちらかというとまずはロッドやリールなど釣具のほうをケチるべき!

なかなか出番がなくて着けてればいいや、ってなりがちなライフジャケット。

この桜マーク入りライフジャケット着用義務化の機会に、ぜひ一度検討してみて下さいね!

その他ダイワやシマノ、ヤマハなどいろんなメーカーの自動膨張式ライフジャケットもまとめてみたので見てね!結論はやっぱりブルーストーム推しだけど!

桜マーク付きの自動膨張式ライフジャケットまとめとコスパ最強モデルを選んでみた自動膨張式ライフジャケットのスペック比較 船釣りには必須のライフジャケット(救命胴衣)。 平成30年から桜マーク...

最後に…

では最後になりますが、どのライフジャケットを選んだとしても高価、安価は関係なくきちっと着用して初めてライフジャケットの機能が働きます

近場で慣れたポイントだから、海上保安庁がいないから、もうすぐ帰港だから…などの理由があっても必ずしっかり着用してください。

船の事故で多いのは意外と港の近くであったり、帰港途中だったりします。

自分や同船者、家族、友人、知人を悲しませることのないよう船に乗る前にライフジャケットをしっかり着用し、下船してから脱ぐ、ということを心掛けましょう。

そしてライフジャケットのボンベは定期交換(2~3年)が必要です。

定期的なメンテナンスを必ず行いましょう。