タイラバ(ロッド)

約10,000円で買える!安いけど使えるオススメのタイラバロッド5選!ダイワやシマノ、メジャークラフトなど。

安くて使えるオススメのタイラバロッド?

釣り人A
釣り人A
「予算1万円ぐらいでタイラバロッドを探しているんだけど、どれがいいか分からない…」

タイラバに限らずですが、ロッド選びってこだわり始めるとなかなか難しいですよね。

何を買うか悩むのもまた楽しみのひとつではありますが、カタログを見たり、店頭で実際に触ってみてもイマイチ分からない…

ということで本記事では予算約1万円で買えるタイラバロッドについて、カタログやホームページだけでは分かりにくい部分も簡単に解説しながらまとめてみました。

ちなみに約1万円あればダイワやシマノなど有名メーカーから、聞いたこともないような無名メーカーのロッドまでたくさんの種類がありますが、今回は無名メーカーのは不安、ということである程度有名メーカーから5種類のタイラバロッドをピックアップ。

それぞれのロッドの特徴や、選び方についての解説、また最後にこの中からもっともオススメロッドも紹介してますので、タイラバロッド選びの参考になれば幸いです。

メジャークラフト「NEWソルパラ タイラバ」

2019年発売。

「NEWソルパラ タイラバ」の特徴

ソルパラシリーズ最大の売りが定価で1万円を切る安さ

安いながらもソリッドまたはチューブラーか、グリップ脱着式または完全2ピースか。といったようにバリエーションも豊富でフィールドに最適なロッドを選択することができます。

チューブラーティップモデルはメーカーがどてら流しでも使えることを推奨しているように、重量が重めのタイラバにも対応しています。

チューブラーティップとは…ロッドの穂先の中が空洞になっている製法。

中空であることで軽量で感度が良い→鯛のわずかなアタリをキャッチしやすい

深場、潮流の速いポイントが多い場合はコチラがオススメ。

反対に浅場や潮流の緩やかなポイントメインであればソリッドティップモデルの選択になります。

ソリッドティップとは…ロッドの穂先の中身にカーボン素材がぎっしり詰まっていること。

細身に仕上げることができ、アタリに対してよく曲がることでアタリを弾きにくい

またアクションはソリッドティップモデルがEXファースト、チューブラーティップモデルはレギュラーアクション。

ソリッドティップのEXファーストアクションとはいわゆる先調子のことで、ロッドの先端部分であるティップは柔らかく曲がり感度がよく、胴部分(バット)はしっかりとした設計により、鯛のアタリに対して積極的にアワセをいれて掛けていくことができる調子です。

マイボ!
マイボ!
「ダイワやシマノだと掛け調子と呼ばれますね」

また、チューブラーティップのレギュラーアクションとは胴調子のこと。

アタリがあっても等速巻きを続けることで自動的にフッキング、乗せることを得意とします。

マイボ!
マイボ!
「コチラは従来のタイラバのイメージ。乗せ調子と呼ばれる。」

ただやはり安価なロッドのため感度や強度はそこまで期待できず、もうほんの少しの金額アップが許されるなら、マイクロピッチクロスフォースなど強化構造が採用されている以下クロステージなどのロッドをオススメします。

「NEWソルパラ タイラバ」のラインアップ

グリップ脱着式か、コンパクトに収納できる完全2ピースか。

その中からソリッドティップモデル(掛け調子)かチューブラーティップモデル(乗せ調子)を選べるようになっていて、計7種類のラインアップ。

ソリッドティップモデル(掛け調子)

SPXJ-B69LTR/ST・SPXJ-B692LTR/ST

全長:6.9ft

適合ルアー:MAX80g

適合PEライン:0.6-1.2号

定価:9,000円

SPXJ-B69MLTR/ST・SPXJ-B692MLTR/ST

全長:6.9ft

適合ルアー:MAX120g

適合PEライン:0.6-1.2号

定価:9,000円

チューブラーティップモデル(乗せ調子)

SPXJ-B70MTR/DTR・SPXJ-B702MTR/DTR

全長:7.0ft

適合ルアー:MAX160g

適合PEライン:0.6-1.2号

定価:9,200円

SPXJ-B70MHTR/DTR

全長:7.0ft

適合ルアー:MAX200g

適合PEライン:0.8-1.5号

定価:9,200円

メジャークラフト「クロステージ」

2017年発売。

「クロステージ」の特徴

「マイクロピッチクロスフォース」により強度アップ

同じメジャークラフトでも「ソルパラ」より定価4,000円ほど上がった分、バリエーションが豊富になったことと、「マイクロピッチクロスフォース」という製法が新たに採用されています。

これは横、縦、横と3層に巻き付けた繊維のさらに外層をX状にテーピングし補強することでネジレに対して強くする製法です。

ロッドにネジレが発生すると、ロッドのパワーがうまく伝わらなかったり、耐久性ダウンにつながります。

マイボ!
マイボ!
「特に大鯛や、不意の大型青物がヒットしたりすると、このネジレに対して強い構造を持っているロッドだと安心してやり取りができますね。」

それなりに耐久性があって長期間使えるロッドをお探しなら、「ソルパラ」より「クロステージ」を選択しましょう。

「クロステージ」のラインアップ

「ソルパラ」と同じくグリップ脱着式かセンターカット2ピース、チューブラーかソリッドティップか。

大きく4種類、計14種類と豊富なラインアップになっていますが、「掛け」か「乗せ」で分けると以下のように。

ソリッドティップモデル(掛け調子)

CRXJ-B66ULTR/ST・CRXJ-B662ULTR/ST

全長:6.6ft

適合ルアー:MAX80g

適合PEライン:0.4-1.0号

定価:12,000円

CRXJ-B69ULTR/ST・CRXJ-B692ULTR/ST

全長:6.9ft

適合ルアー:MAX80g

適合PEライン:0.4-1.0号

定価:12,500円

CRXJ-B69LTR/ST・CRXJ-B692LTR/ST

全長:6.9ft

適合ルアー:MAX80g

適合PEライン:0.6-1.2号

定価:12,500円

チューブラーティップモデル(乗せ調子)

CRXJ-B69LTR/DTR・CRXJ-B692LTR/DTR

全長:6.9ft

適合ルアー:MAX80g

適合PEライン:0.6-1.2号

定価:12,500円

CRXJ-B69MLTR/DTR・CRXJ-B692MLTR/DTR

全長:6.9ft

適合ルアー:MAX120g

適合PEライン:0.6-1.2号

定価:12,800円

CRXJ-B70MTR/DTR・CRXJ-B702MTR/DTR

全長:7.0ft

適合ルアー:MAX160g

適合PEライン:0.6-1.2号

定価:13,000円

CRXJ-B70MHTR/DTR・CRXJ-B702MHTR/DTR

全長:7.0ft

適合ルアー:MAX200g

適合PEライン:0.8-1.5号

定価:13,300円

アブガルシア「オーシャンフィールドタイラバ」

2016年(センターカット2ピースは2018年)発売。

「オーシャンフィールドタイラバ」の特徴

「乗せ」か「掛け」かどちらにするかで選択しよう

乗せ重視のタイラバをしたいなら、レギュラーアクション(R)の「OFTC-67ULT-60」、またはレギュラーファースト(RF)でグラス素材割合29%と粘りがある「OFTC-672MLT-120」(自重150gとちょっと重いけど…)がオススメ。

掛け重視ならそれ以外のモデルの中から使用するタイラバ重量などに合わせて選択しましょう。

クロステージに採用されている「マイクロピッチクロスフォース」に似たXカーボンテープというネジレに対して強度を上げた製法も使用されています。

「オーシャンフィールドタイラバ」のラインアップ

1ピースかセンターカット2ピース、チューブラーかソリッドティップ、そしてスピニングモデルの大きく5種類の組み合わせから選べる計6種類のラインアップ。

以下「掛け」「乗せ」「スピニング」の3種に分けてみました。

掛け調子モデル

OFTC-672LT-80

チューブラー

継数:2

全長:6.7ft

自重:130g

先径/元径:1.8/9.3mm

適合ルアー:40-100g

適合PEライン:-1.5号

パワー:ライト

定価:14,000円

OFTC-69LS-80

チューブラー

継数:1

全長:6.9ft

自重:147g

先径/元径:1.2/10.6mm

適合ルアー:60-120g

適合PEライン:-1.5号

パワー:ライト

定価:14,000円

OFTC-692LS-80

ソリッドティップ

継数:2

全長:6.9ft

自重:130g

先径/元径:1.2/9.3mm

適合ルアー:60-120g

適合PEライン:-1.5号

パワー:ライト

定価:14,000円

乗せ調子モデル

OFTC-67ULT-60

チューブラー

継数:1

全長:6.7ft

自重:139g

先径/元径:1.5/9.8mm

適合ルアー:40-100g

適合PEライン:-1.5号

パワー:ウルトラライト

定価:14,000円

OFTC-672MLT-120

チューブラー

継数:2

全長:6.7ft

自重:150g

先径/元径:1.9/11.0mm

適合ルアー:60-180g

適合PEライン:-1.5号

パワー:ミディアムライト

定価:14,000円

スピニングモデル

OFTS-66LT-60

チューブラー

継数:1

全長:6.6ft

自重:127g

先径/元径:1.5/10.5mm

適合ルアー:20-80g

適合PEライン:-1.5号

パワー:ライト

定価:14,000円

ダイワ「紅牙X」

2015年発売。

「紅牙X」の特徴

すべてセンターカット2ピースでソリッドティップモデルで基本的にはすべて「乗せ」調子。

「ブレーディングX」で強化されながら軽量、そして先径が細い

ネジレ対策として「ブレーディングX」という強化構造も採用されていて、それなりの操作性、バットパワー、耐久性が確保されています。

さらに強化構造ながら自重120g前後という軽量さも大きな武器ですね。

また先径0.9mmという細さも特筆すべきで、シマノ「炎月BB」の1.3mmより細く感度に期待できます。

約1万円という安価ながらダイワ製という安心感もありますので、タイラバ初めての方やサブロッドにしてもいろんな釣りにもガンガン使えます。

「紅牙X」のラインアップ

すべてセンターカット2ピースでソリッドティップモデル3種類という分かりやすいラインアップで、使用するタイラバ重量とラインの太さにあったロッドを選択しましょう。

紅牙X 69MHB

全長:206cm

自重:118g

先径/元径:0.8/9.9mm

適合PEライン:0.5-1.0号

適合ルアー:30-80g

カーボン含有率:85%

定価:14,000円

紅牙X 69HB

全長:206cm

自重:123g

先径/元径:0.8/10.9mm

適合PEライン:0.6-1.2号

適合ルアー:40-100g

カーボン含有率:86%

定価:14,000円

紅牙X 69XHB

全長:206cm

自重:128g

先径/元径:0.8/10.9mm

適合PEライン:0.6-1.5号

適合ルアー:60-150g

カーボン含有率:87%

定価:14,000円

シマノ「炎月BB」

2016年発売。

「炎月BB」の特徴

ティップはすべてソリッド

ダイワ、シマノともに上位機種含めタイラバロッドはソリッドティップがほとんどですね。

スパイラルガイド採用

そして「炎月BB」最大の特徴がスパイラルガイド

通常ベイトロッドはガイドが上向きですが、この「スパイラルガイド」はトップに向かうにつれて徐々に下向きに設定されています。

これによりブレが抑制されタイラバ動作の安定性向上し、高感度になっているということです。

とにかく軽い!けど…

さらに軽量である点も「炎月BB」の大きな武器です。

最も軽いB69L-Sでなんと自重90g

一日中手持ちで巻き続けるタイラバにおいて、持ち重りせず疲労しにくいロッドになっています。

ただ気になるのが、「紅牙X」や「クロステージ」などに採用されているクロス状にカーボンテープで補強する技術が採用されていない点。

シマノでいうと「ハイパワーX」ですが、もう一つ上位の「炎月SS」からの採用になってい剛性には不安が残ります。

「炎月BB」のラインアップ

グリップ部で分かれるグリップジョイントかセンターで真っ二つに分かれるセンターカット、そしてスピニングモデルか、全8種類。

グリップジョイント2ピースモデル

炎月BB B69L-S

グリップジョイント2ピース

全長:2.06m

自重:90g

適合ルアーウエイト:20-80g

適合ライン:MAX1.0号

定価:16,500円

炎月BB B69ML-S

グリップジョイント2ピース

全長:2.06m

自重:95g

適合ルアーウエイト:30-100g

適合ライン:MAX1.0号

定価:17,000円

炎月BB B69M-S

グリップジョイント2ピース

全長:2.06m

自重:105g

適合ルアーウエイト:40-130g

適合ライン:MAX1.2号

定価:17,500円

炎月BB B69MH-S

グリップジョイント2ピース

全長:2.06m

自重:115g

適合ルアーウエイト:45-200g

適合ライン:MAX1.5号

定価:18,000円

スピニングモデル

炎月BB S610M

グリップジョイント2ピース スピニングモデル

全長:2.08m

自重:115g

適合ルアーウエイト:30-130g

適合ライン:MAX1.2号

定価:17,500円

センターカット2ピースモデル

炎月BB B69ML-S/2

センターカット2ピース

全長:2.06m

自重:93g

適合ルアーウエイト:30-100g

適合ライン:MAX1.0号

定価:17,500円

炎月BB B69M-S/2

センターカット2ピース

全長:2.06m

自重:106g

適合ルアーウエイト:40-130g

適合ライン:MAX1.2号

定価:18,000円

炎月BB B69MH-S/2

センターカット2ピース

全長:2.06m

自重:113g

適合ルアーウエイト:45-200g

適合ライン:MAX1.5号

定価:18,500円

まとめた結果。もっともオススメは…

以上約1万円で買える主要メーカーのタイラバロッドをまとめてみました。

どれもそれなりの金額で、性能的にもそれなり。

ではあるのですが、個人的なオススメはダイワ「紅牙X」です。

アブガルシア「オーシャンフィールド」もいい勝負ですが、自重が「紅牙X」より重い。

メジャークラフトは自重など公表されていない部分があってわからないのが残念。

シマノ「炎月BB」の軽量は大きな武器ですが、「ハイパワーX」が採用されておらず剛性が不安。

ということで強化構造「ブレーディングX」採用されていながら120g前後という軽量であることと、先径0.9mmという細さで高感度である「紅牙X」をチョイス。

ただ、最後はメーカーやデザインなどの個人的な好みも大きいと思います。

実際に釣具屋さんで触ってみるなどして、持って握った感覚や重さのバランス、デザインなど、自分にあってる!っていう感覚が重要かも。

実際に触われるお店がない!とか持っても分からない!ということ方は、とりあえず「紅牙X」の選択で間違いないはず!(たぶん)

【2020年】ダイワのタイラバロッド「紅牙」全モデル機能比較とコスパ最強モデルも選んでみた。ダイワのタイラバロッド「紅牙」いろいろあるけど何が違う? ダイワのタイラバ専用ロッドの紅牙シリーズにはバリエーションがたくさん...
【2020年】シマノタイラバロッド「炎月」全5種の金額と機能比較。コスパ最強モデルも選んでみた。シマノのタイラバロッド「炎月」いろいろあるけど何が違う? シマノタイラバロッド「炎月(エンゲツ)」シリーズは全部で5種類のライ...
あわせて読みたい