経費削減

最高級のロッドとリールを使って魚を釣って楽しいか!!

高価なタックルを使用する理由とは?

突然ですが、みなさんが高価な専用タックルを使うのはどうしてでしょうか?

ほかの人よりたくさん魚を釣るため?より大物を釣るため?

大体の人はこういった理由で各釣りの専用タックル、そして少しでも高いものを揃えて釣りに臨んでいると思います。

誰でも何にしてもそうだと思いますが、趣味ってし始めると究極を目指したくなものです。

中にはそれなりに楽しめればいいって人もいると思いますけど。

釣り=ゲーム?

じゃあ釣りの究極って結局魚を1匹でも多く、1cmでも大物を釣るってことでしょうか?

そうなるとみんなカジキやGT釣り、または漁師を目指すのでしょうか?といえばそうでもないと思うんですよね。

いろんな魚がいて、その魚それぞれの特性があって、その魚に合わせて道具を選んでより大物を狙うというゲームみたいなものですよね。

最初はザコキャラといっぱい戦って経験値積んでレベルをあげて、お金が貯まったら強い武器を買って、さらに強い敵と戦って最後はラスボスを倒してクリア!みたいな。

釣りも同じで最初はやっすい道具を使ってアジやイワシを釣って(※アジやイワシをバカにしてる訳ではない)、そのうち大物を狙ってシーバスや青物、さらにはボートに乗って沖でより大物を狙う。

その過程でそれぞれの魚種専用のタックルのより良いものを揃えていく、という釣りもゲームみたいなものですよね。

いきなり最強の道具持ってスタートして楽しい?

そういった経験を積んで、より大物を釣るために自分に合った道具を考えて揃えるということも釣りの大きな楽しみの一つだと思います。

じゃあここをすっとばしてお金があるから、といきなり最高級のタックルをいきなり装備した状態でスタートしたらどうなるでしょうか?

最初のザコキャラとの戦いはもちろん一撃で倒せてしまいます。(アジやイワシのことではありません)

中ボスも一撃で倒せます。

敵に攻撃されてもダメージは食らいません。

何を考えることもなく余裕でクリアできちゃいます。

そんなゲームおもしろいですか?

ドSな人は楽しいのかもしれませんが裏技、チートですよね。

趣味の本当の楽しみは過程にある!と思う。

まあそれでも最初は楽しいのかもしれませんが、いつか必ず飽きるでしょう。

釣りでもゲームでもその他スポーツや趣味全般すべてですが、一番の楽しみはやはり「自分で考えて、行動して、反省して、それを活かして次また考えて行動する」ということの過程でしょう。

一度釣りに行って、あー、楽しかった。で終わるといつか飽きます。

ゲームでもそうです。一度クリアしたら楽しかった、おわり。

ゴルフに行って楽しかった、おわり。

旅行に行って楽しかった。美味しいもの食べて美味しかった。おわり。

そうじゃなくて、ゲームを一度クリアしたら次はハードモードでやってみよう、とか武器縛りしてプレイしてみようとか。

ゴルフでラウンドして、ダメだったところを反省して次はじゃあこうしよう、ああしよう、って考えて練習したり、自分にあったクラブを考えたり。

何にしてもそうですけど、そういった過程が本当の楽しみだと思うんですよね。

ゲームはルールがあってこそ成り立ち、おもしろい

ゲームの例でありましたけど、例えば武器は最初に装備している弱い武器のままでクリアを目指す!みたいなルールを自分で決めてプレイするのも楽しいです。

スポーツでも絶対にルールがあります。

そのルールがあるから、他人より強くなる、うまくなる、という過程を楽しむことができると思います。

ルールがなかったら、さきほどのゲームの例がそうですが行き過ぎた、いわゆるチート行為となってしまいます。

釣りもルールの中で楽しもう!

話はそれましたが釣りでも同じでルールを決めればさらに楽しめるのではないか、という提案。

ブラックバスの大会とかはそうです。使うルアーなどが制限されていたり、スポーツに近いかもしれません。

そもそもルアーフィッシング自体がエサじゃなくてルアーを使用する、っていうルールのもとにありますよね。

他に例えば、使うロッドやリールは1万円以内のものに制限する。というあえてハードモードの釣りをするとか。

まとめ

言いたかったのは、テレビで釣りプロが紹介する最高級の道具をプロの言う通りに何も考えず使って魚が釣れて楽しいですか?ってことです。

それはつまり釣りの一番の楽しみである自分で考えて、行動して、反省して、より良い方法を考えるっていう過程がごっそり抜け落ちちゃってる気がします

最高級の道具じゃなければ魚が釣れない、なんてことはありません。

無名メーカーの安物ロッドでも大物は釣れます。

無名メーカーだから、安物だからダメって決めつける人はちょっと浅はかだなと思います。

じゃあなんで無名だから、安物だからダメなの?ってことです。

例えば安物ロッドだから「自重が重くて穂先の感度がイマイチだから、大まかな釣りはできるけど繊細な釣りは難しいよね。」みたいな理由があるはず。

そういったダメな点も理解したうえでそれをカバーして釣るとか、安物ロッドでも良い点があってそれを活かして釣る、とかそういったことをできるのが本当の釣りの上手さ、技術だと思う。

釣りプロはテレビでいつも最高級に近い道具を使用していることが多いですが、逆に安物を使ってもたぶんめっちゃ釣れるでしょう。

それができるから釣りプロなわけで。

最後にひとこと…

まあいろいろ理屈をつけて高い道具を使用せず釣りを楽しむことを語りましたが本音は・・・

高い道具使ってる人羨ましい!!!

でも余裕ないから買えない!!!

だから僕はお金をいかに使わず釣りを楽しむかっていうルールにしてます(笑)

おわり

あわせて読みたい
エリアトラウト

【2020年】3万円以内で買えるダイワのエリアトラウトに使えるロッド9選とコスパ最強オススメランキングベスト3作ってみた。

2020年1月16日
マイボ!
ダイワのエリアトラウトに使えるロッドまとめ 最初のエリアトラウトロッド(ほかの釣りもそうだけど)選びって難しいですよね。  …
アジング

【2020年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール9選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2020年2月18日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみた ダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シ …