ライトジギング(ロッド)

【2021年】シマノのSLJ(スーパーライトジギング)に使えるロッド6選とコスパ優秀モデルまとめ

シマノのSLJ(スーパーライトジギング)に使えるロッド6選

最近流行りのスーパーライトジギング、略して「SLJ」。

これまで、ジギング、ライトジギングという釣りがありましたが、さらに軽量タックル×軽量ジグで行うジギングのことを「SLJ」と呼びます。

マイボ!
マイボ!
「ジギング、ライトジギング、SLJ…それぞれの線引きは曖昧感ありますが。」

これまでのジギングと言えば、筋肉痛をものともせずゴツくて重いタックルを1日シャクリ続ける。というなかなかハードな釣りのイメージ。

筆者も若かりし頃は筋トレみたいなもんや!と意気込んでやってたものですが、加齢とともに敬遠しがちに…そして電動リールを使ったタイラバ、など楽な釣りへシフトしつつある今日この頃です。

しかし最近知人のSLJタックルを借りて初めて体験、その異次元の軽量性に驚きました。

マイボ!
マイボ!
「これなら自分でもできるかも!と思った。」

ということで今回は(いきなりですが)、シマノのSLJ専用ロッドだけでなく、汎用ロッドでもSLJに使えると設定されているロッド6選をお届けします。

※紹介しているモデルは対応ジグ100g以内の条件で選定しています。

グラップラーBB タイプLJ

2021年発売、実売価格約14,000円。

「グラップラーBB タイプLJ」の特徴

  • グリップジョイント2ピース
  • ティップ種類:チューブラー
  • ガイド仕様:ステン/SiC(トップ)+アルコナイト
  • ステンレスフレームKガイド
  • リールシート:シマノオリジナルシート
  • ハイパワーX
  • ロッドベルト・竿袋付属

シマノ最安SLJロッド

1万円台とシマノ製でSLJ対応とされているロッドの中では最安のモデル

最安!とは言え「ハイパワーX」も搭載の本格派

1万円台の安さが売りの「グラップラーBB タイプLJ」でありますが、性能も侮ることなかれ。

カーボンシートをX状に締め上げる強化構造「ハイパワーX」も採用されています。

これによりアクション時やファイト時に発生するネジレを抑制し、操作性がアップしています。

チューブラーティップでキビキビジグアクション!

「グラップラーBB タイプLJ」はチューブラーティップが採用されています。

ちなみにロッドの穂先の種類としては「チューブラー」か「ソリッド」、どちらかが採用されているものがほとんど。

ロッドのティップ(穂先)、「ソリッド」と「チューブラー」の違いとは

どう違うのか?細かいことを挙げ始めるとそれだけで1記事書けてしまいそうなので詳細は割愛しますが、大きな違いを上げると「ロッドの操作性」か「食い込みの良さ」でしょうか。

チューブラーは先径(ロッド先端部の直径)がソリッドに比べると太め、ただその分ロッドアクションなどはしやすく、操作性に優れるといわれます。

逆にソリッドは先径が細い分、アタリに対して自然と曲がりやすく食い込みに優れる(はじきにくい)。

マイボ!
マイボ!
「激しいジグアクションをするなら、太めのティップのほうが安心。という見方もできるよね。」

一般的にはタイラバのように基本的にはアクションをしない釣りはソリッドティップで、ガンガンジャークするようなジギングロッドはチューブラーティップが多め。

ただSLJロッドにはどちらのラインアップもあるので、「ガンガンしゃくるタイプ」ならチューブラー「スローアクションでフォールで喰わす」ならソリッド、のように自分のしたい釣り方に合わせて選択すればイイかと思います。

マイボ!
マイボ!
「ソリッドティップでも激しいアクションな使い方ももちろんできるので、あくまで基本的な考え方としての一例ね。」

SLJに使えるモデル

グラップラーBB タイプLJ S66-0

 

スピニングモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:159.3cm
  • 自重:105g
  • 先径:1.6mm
  • ジグウェイト:20-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • 最大ドラグ:2.5kg
  • カーボン含有率:88%
  • 定価:17,800円

グラップラーBB タイプLJ B66-0

ベイトモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:152.3cm
  • 自重:109g
  • 先径:1.7mm
  • ジグウェイト:30-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • 最大ドラグ:2.5kg
  • カーボン含有率:88.9%
  • 定価:17,800円

クロスミッションBB

2021年発売、実売価格約15,000円。

「クロスミッションBB」の特徴

  • センターカット2ピース
  • ティップ種類:タフテックα(ソリッド)
  • ガイド仕様:ステン/SiC(トップ)+アルコナイト
  • ステンレスフレームKガイド
  • リールシート:シマノオリジナルシート
  • ハイパワーX

ソリッドティップ「タフテックα」でしなやかで繊細なSLJを

金額、性能とも「グラップラーBB タイプLJ」によく似てますが、大きな違いは穂先の種類。

「クロスミッションBB」はオフショアゲーム汎用ロッドということもあり、ソリッドティップ「タフテックα」が採用されています。

細くてしなやかで繊細、かつ最低限以上の強度を持ち合わせた穂先で、アタリを弾かず自然と食い込ませることが得意

マイボ!
マイボ!
「という性質を活かして、SLJの中でもスロージャーク×フォールで喰わせる。といった使い方が向いてるのでは。」

センターカット2ピースで持ち運びもしやすい

オフショアロッドに多いグリップジョイント2ピース(グリップ部で継いでるロッド)に比べて短く収納できるセンターカット2ピース採用

仕舞寸法は約1mと、車でも電車でも自転車でも携行しやすい長さ。

オフショアゲーム汎用ロッドだからほかの釣りにも使える

「クロスミッションBB」はジギング専用、ではなくボートでのルアーフィッシング汎用ロッド。

例えばタイラバやティップランエギングなどにも使える「オールラウンドロッド」とうたわれています。

「グラップラーBB タイプLJ」とはほぼ同額。自分の釣り方の好みで選択しよう。

ちなみに「クロスミッションBB」は実売価格15,000円ほどで先述の「グラップラーBB タイプLJ」とほぼ同額。

ジギング専用(グラップラーBB)かオールラウンド(クロスミッションBB)か、の選択になりがちですが、仕様的な部分でいうとチューブラー(グラップラーBB)ソリッド(クロスミッションBB)が大きな違いです。

ということで、この辺は専用か汎用か?をあまり意識せずとも上記ティップの特性と自分の釣り方に合わせて選択すればOKかと!

SLJに使えるモデル

クロスミッションBB S66ML-S

スピニングモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:102.5cm
  • 自重:102g
  • 先径:0.9mm
  • ジグウェイト:80g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • 最大ドラグ:2.5kg
  • カーボン含有率:89.5%
  • 定価:18,200円

クロスミッションBB B66ML-S

ベイトモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:102.5cm
  • 自重:108g
  • 先径:0.9mm
  • ジグウェイト:80g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • 最大ドラグ:2.5kg
  • カーボン含有率:89.4%
  • 定価:18,600円

クロスミッション

2020年発売、実売価格約21,000円。

「クロスミッション」の特徴

  • センターカット2ピース
  • ティップ種類:タフテックα(ソリッド)
  • ガイド仕様:ステン/SiC(トップ)+アルコナイト
  • ステンレスフレームKガイド
  • リールシート(スピニング):パーフェクションシートCI4+
  • リールシート(ベイト):Xシート
  • ハイパワーX
  • スパイラルX
  • ロッドベルト付属

「スパイラルX」採用でさらに軽く、強く!

「クロスミッションBB」や「グラップラーBB」でも採用されていた「ハイパワーX」に加え「スパイラルX」も追加。

ロッドの縦繊維の内層と外層にカーボンテープをナナメ逆方向(X状)に巻いた三層構造で、軽量かつネジレやつぶれに対して強くなっています。

ジグアクションやファイト時にも、よりパワーロス少なくロッドの操作性がアップ

「Xシート」でグリップ変更可能※ベイトモデルのみ

ベイトモデルは「Xシート」を採用、通常は普通のベイトのグリップ形状でありますが、後付けで「エクストリームガングリップ」を取り付けが可能。

エクストリームガングリップ※写真はタイラバロッド「エンゲツSS」エクストリームガングリップ※写真はタイラバロッド「エンゲツSS」

こんな感じでグリップが大きくて手のひら全体で包み込めるように持てるので、ラク。

反面重量が20gほど重くなってしまうなどのデメリットもあり、アクション多用する釣りの場合はイマイチな場合も…

マイボ!
マイボ!
「現にシマノジギング専用ロッドではほとんど採用されていない。」

とはいえ握り心地は人それぞれ好みがあるかと思うので、まずは店頭で持ってみるのが一番かと。

(本記事内のロッドの中では)最軽量!(スピニングモデル)

スピニングのSLJ用、0パワーモデルでは自重97gと、本記事内でご紹介しているロッドの中では最軽量

SLJの中でも、浅場のポイントメインでアンダー50gのジグがメイン!って方には軽量ロッドとの相性よさそうですね。

「クロスミッションBB」とは約5,000円差。

下位モデル「クロスミッションBB」と比較すると、「タフテックα」といった仕様は同等、大きくは以上の違い(「スパイラルX」の有無と自重)で実売価格約5,000~6,000円差。

ほかにベイトモデルでエクストリームガングリップをつけたいなら文句なしで「クロスミッション」を選択しましょう。

そうでなくとも上記金額差に対して「スパイラルX」と軽量化(スピニングモデル)の恩恵は大きく、個人的には「クロスミッション」の方がコスパに優れるかと思う。

SLJに使えるモデル

クロスミッション S66ML-S

スピニングモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:102.9cm
  • 自重:97g
  • 先径:0.9mm
  • ジグウェイト:80g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • カーボン含有率:96.2%
  • 定価:27,000円

クロスミッション B66ML-S

ベイトモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:102.9cm
  • 自重:116g
  • 先径:0.9mm
  • ジグウェイト:80g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • カーボン含有率:96.2%
  • 定価:27,500円

グラップラー タイプLJ

2019年発売、実売価格約22,000円。

「グラップラー タイプLJ」の特徴

  • グリップジョイント2ピース
  • ティップ種類:チューブラー
  • ガイド仕様:ステン/SiC(トップ)+アルコナイト
  • ステンレスフレームKガイド
  • リールシート(スピニング):パーフェクションシートCI4+
  • リールシート(ベイト):マルチパーミングCI4+
  • ハイパワーX
  • スパイラルX
  • ロッドベルト・竿袋付属

スペック、金額とも「クロスミッション」とよく似てる

「グラップラー タイプLJ」はもともとライトジギング専用ロッドでありますが、上述の「クロスミッション」と金額、スペックともよく似ています。

違いは「ティップ種類」「ジョイント部位」「自重」

では違いは何かというと、細かい部分でありますが上記3点。

まずティップ種類については「クロスミッションBB」と「グラップラーBB タイプLJ」同様、「クロスミッション」がソリッドに対し「グラップラー タイプLJ」はチューブラー※それぞれの特性については「グラップラーBB タイプLJ」の項をご確認ください。

続いてジョイント部位について、「クロスミッション」がセンターカット2ピースに対し「グラップラー タイプLJ」はグリップジョイント2ピース

最後に自重。

スピニングモデルでは15g以上も「グラップラー タイプLJ」の方が重い※ベイトモデルならそこまで変わらない

お好みで選択しよう!

ということで上記の理由からどちらもスペック的には甲乙つけがたいレベル。

自分の釣りに合わせて好みで選択しましょう!

マイボ!
マイボ!
「SLJの中でもライトよりなら「クロスミッション」、強めの釣りをするなら「グラップラー タイプLJ」かな(あくまで筆者個人的感覚)」

SLJに使えるモデル

グラップラー タイプLJ S66-0

スピニングモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:158.3cm
  • 自重:115g
  • 先径:1.6mm
  • ジグウェイト:20-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • カーボン含有率:84%
  • 定価:27,000円

グラップラー タイプLJ B66-0

ベイトモデル

  • 全長:6.6ft(1.98m)
  • 仕舞寸法:151.5cm
  • 自重:115g
  • 先径:1.6mm
  • ジグウェイト:30-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • カーボン含有率:81.2%
  • 定価:27,000円

ゲーム タイプLJ

2021年発売、実売価格約33,000円。

「ゲーム タイプLJ」の特徴

  • グリップジョイント2ピース
  • ティップ種類:タフテック(インフィニティ)
  • ガイド仕様:ステン/SiC
  • Xガイド3Dチタン
  • リールシート(スピニング):パーフェクションシートCI4+
  • リールシート(ベイト):マルチパーミングタッチCI4+
  • ハイパワーXフルソリッド
  • ロッドベルト・竿袋付属

※上記はフルソリッドモデルの仕様です

全身ソリッド「ハイパワーXフルソリッド」採用

「ゲーム タイプLJ」の中でもSLJ向けモデルは「ハイパワーXフルソリッド」を採用。

これまではティップ部のみソリッド、それ以外はチューブラーというロッドでしたが、こちらは全身がソリッド仕様。

ソリッドの特性を全身で活かすことができ、とにかく細く、よく曲がるロッドです。

さらにハイパワーX仕様のため、ネジレやブレなどを抑制することで、チューブラーのような操作性も併せ持ちます。

マイボ!
マイボ!
「少ない力でジグアクションが可能で疲れにくいロッド」

穂先は「タフテック∞(インフィニティ)」でさらに高強度!

上記全身フルソリッドに加え、穂先は「タフテック∞(インフィニティ)」を採用。

従来のソリッドに対し、巻き込み強度3倍、巻き込み量5倍(シマノ社比)とのことで、とにかく強く、これでもか!というぐらい曲げても折れずに曲がり続ける仕様。

※シマノ公式HPより拝借
マイボ!
マイボ!
「もうヤメテ!っていうぐらいグニャグニャに曲がってる…」

軽量チタン製、シマノオリジナル「Xガイド」採用

糸絡みしにくく、かつ軽量で高感度な「Xガイド3Dチタン」を採用。

SLJではジャーク時などにガイドにPEラインが絡まりがちでありますが、そういったトラブルもかなり抑制されるのでは。

SLJに使えるモデル

ゲーム タイプLJ S65-00/FS

スピニングモデル フルソリッド

  • 全長:6.5ft(1.96m)
  • 仕舞寸法:154.5cm
  • 自重:115g
  • 先径:1.4mm
  • ジグウェイト:10-80g
  • 適合ライン(PE):1号
  • 最大ドラグ:2kg
  • カーボン含有率:94.5%
  • 定価:40,500円

ゲーム タイプLJ S65-0/FS

 

スピニングモデル フルソリッド

  • 全長:6.5ft(1.96m)
  • 仕舞寸法:154cm
  • 自重:117g
  • 先径:1.4mm
  • ジグウェイト:20-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • 最大ドラグ:2.5kg
  • カーボン含有率:95.5%
  • 定価:40,500円

ゲーム タイプLJ B65-0/FS

ベイトモデル フルソリッド

  • 全長:6.5ft(1.96m)
  • 仕舞寸法:149.8cm
  • 自重:115g
  • 先径:1.7mm
  • ジグウェイト:30-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • 最大ドラグ:2.5kg
  • カーボン含有率:95.5%
  • 定価:40,500円

オシアジガー LJ

2019年発売、実売価格約40,000円。

「オシアジガー LJ」の特徴

  • 1ピース
  • ティップ種類:タフテック(インフィニティ)
  • ガイド仕様:チタンフレーム/トルザイトリング+SiC(トップ)
  • リールシート(スピニング):パーフェクションシートCI4+
  • リールシート(ベイト):マルチパーミングタッチCI4+
  • ※ともにマットラバーコーティング
  • ハイパワーXフルソリッド
  • ナノピッチ
  • 竿袋付属

※上記はフルソリッドモデルの仕様です

「ナノピッチ」採用でより高強度化

成型カーボンテープのラッピングをより細かく施すことで高強度化「ナノピッチ」を採用。

剛性や強度がアップしており、しっかりとしたジグアクションやファイトを楽しめます。

リールシートはマットラバーコーティング

リールシートにはマットラバーコーティングが施され、濡れた手でも滑りにくい仕様。

1ピースで持ち運びは大変だけど、曲がり、感度は間違いなし

本記事唯一の継ぎ目の無い1ピース仕様のロッド。

分割できないため約2mのまま持ち運びするのは少し大変ですが、曲がりのスムーズさや感度はやはり1ピースが優れるでしょう。

マイボ!
マイボ!
「ホントに気持ち程度の差と思うんだけど、SLJの究極を突き詰めるなら大事なことかと。」

上記の差で「ゲーム タイプLJ」から約7,000円アップはコスパは…?

「ゲーム タイプLJ」から、上記のように「ナノピッチ」やグリップのマットラバーコーティング、1ピース仕様(これはマイナスポイントともいえる)が追加になり、逆に自重は15g近くアップ。

これで約7,000円アップのため、コスパ的にはイマイチかも。

ただ、シマノでSLJ対応と設定されているロッドの中では最高峰モデルであり、コスパと自重度外視でSLJの究極を求める方なら「オシアジガーLJ」しかないですね。

SLJに使えるモデル

オシアジガーLJ S65-0/FS

スピニングモデル フルソリッド

  • 全長:6.5ft(1.96m)
  • 仕舞寸法:196.2cm
  • 自重:130g
  • 先径:1.4mm
  • ジグウェイト:20-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • カーボン含有率:95.7%
  • 定価:49,000円

オシアジガーLJ B65-0/FS

ベイトモデル フルソリッド

  • 全長:6.5ft(1.96m)
  • 仕舞寸法:196.2cm
  • 自重:127g
  • 先径:1.5mm
  • ジグウェイト:30-100g
  • 適合ライン(PE):1.2号
  • カーボン含有率:88.6%
  • 定価:49,000円

まとめとオススメ

以上シマノのSLJ対応するロッド6選まとめでした。

大きくは「クロスミッション」シリーズ、「グラップラー」シリーズ、「オシアジガー」シリーズの3種類。

その中から対応ジグ約100gまでというSLJモデルをピックアップしてきましたが、その中からコスパ最強モデルを選んでみました。

マイボ!
マイボ!
「あくまで筆者の個人的チョイス!!」

あまりガンガンしゃくるのではなく、どちらかとスロージャーク×フォールで喰わせるアクションが多いという完全に筆者個人的好みで選ぶとこうなります。

上記のアクションするなら個人的にはソリッドティップが相性がイイと思いますし、100g以内の軽量ジグ(時には45gぐらいもある)を使うということでロッドも軽いほど操作性は良し。

ということで「クロスミッション」をコスパ最強モデルとして選出させて頂きました。

しかし、先径の細さが気になる…とか逆にガンガンしゃくる派!の方なら、一般的なジギングロッドでは定番のチューブラーティップの「グラップラー タイプLJ」がオススメ

あわせて読みたい
アジング

【2021年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール10選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2021年7月20日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみた ダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シ …