【2023年】シマノのライトショアジギングに使えるリール13選とコスパ優秀ベスト3

mybo
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
タップでとべる目次
  1. シマノのLSJに使えるスピニングリールとは
  2. 約6,000円「セドナ」(2023年発売)
  3. 約8,000円「サハラ」(2022年発売)
  4. 約10,000円「ナスキー」(2021年発売)
  5. 約11,000円「スフェロスSW」(2019年発売)
  6. 約13,000円「ミラベル」(2022年発売)
  7. 約15,000円「アルテグラ」(2021年発売)
  8. 約19,000円「ストラディック」(2019年発売)
  9. 約24,000円「ストラディックSW」(2020年発売)
  10. 「ストラディックSW」の特徴
  11. 約24,000円「ヴァンフォード」(2020年発売)
  12. 約40,000円「ツインパワー」(2020年発売)
  13. 約43,000円「ツインパワーXD」(2021年発売)
  14. 約53,000円「ヴァンキッシュ」(2023年発売)
  15. 約75,000円〜「ステラ」(2022年発売)
  16. コスパ優秀ベスト3
  17. まとめ

シマノのLSJに使えるスピニングリールとは

釣り人A
釣り人A

ライトショアジギングはじめてみたいんだけど、リールはどれがいいの?

釣り人B
釣り人B

値段もピンキリあるけど、どう違うの?

シマノにはライトショアジギング(通称「LSJ」)に使えるスピニングリールのラインアップ、たくさんあります。

そのほとんどがLSJに使える!とうたわれていますが、実際は発売年が古いとか、コスパがイマイチ…なんてモデルもあったり。

釣り人A
釣り人A

せっかく買うならコスパが良いリールを買って、長年大事に使いたい!

ということでシマノのLSJに使えるリールを価格順に並べ、仕様を比較してみました!

最後にまいぼ的コスパ優秀ランキングベスト3も作ってみたので、ぜひご覧ください♩

まいぼ
まいぼ

自分が求めているスペックと価格のリールに出会えるといいですね!

選定基準は?

と本文に入る前に、「LSJ」と一口に言っても定義は人それぞれ。

ということで本記事のオススメしているモデルは以下のような基準で選定しております。

選定基準
  • 使用するジグは30-40gがメイン
  • 自重300gぐらい以下
  • 最大ドラグ10kgほど
  • ハンドルはデカいが正義
  • 4000番以上
  • できるだけハイギア

約6,000円「セドナ」(2023年発売)

シマノ公式「セドナ」ホームページ

まいぼ
まいぼ

本記事では最安のライトショアジギングに使えるリール。

安いだけあって性能もそれなり。

「セドナ」の特徴

仕様
  • ボディ材質:高強度樹脂
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:非採用
  • 防水構造:非採用
  • ベアリング防錆:非採用
  • サイレントドライブ
ポイント

シマノ最安のLSJにおすすめのリール

約6,000円と本記事では最安のシマノのLSJに使えるリール。

ポイント

安くても「HAGANEギア」「サイレントドライブ」などで最低限の回転性能

上位モデルでも採用されている「HAGANEギア」や「サイレントドライブ」を採用し、静かで滑らかな回転ができます。

まいぼ
まいぼ

最安!とはいえシマノ製という安心感がありますね

注意点

とはいえ耐久性や剛性などは期待せず

最低限の回転性能はあり。とはいえやはり最安モデル、そこまで性能的に期待はできません

上位モデルと比べると、樹脂素材であることや防水技術が使われていない、などの理由から剛性や耐久性には不安

LSJはライトとはいえリールに大きな負荷がかかる釣りですから、もう少し上位モデルを選んだ方が長い目で見るとお買い得かも。

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上長最大ドラグ自重
40004.77511kg290g
4000XG6.29911kg290g
C5000XG6.210511kg310g

「セドナ」の4000番以上のモデルは上記3種類。

この中からLSJにオススメなのは最も大きいサイズで、丸型のハンドルノブを採用している「C5000XG」。

シマノ(SHIMANO)
¥7,087 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:310g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):105cm
  • ハンドル長さ:55cm
  • ベアリング数:3個
  • 本体価格:OPEN

約8,000円「サハラ」(2022年発売)

シマノ公式「サハラ」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「セドナ」に「X-SHIP」が追加されたのが「サハラ」。

回転が軽くなり疲れにくい。

「サハラ」の特徴

仕様
  • ボディ材質:高強度樹脂
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:非採用
  • 防水構造:非採用
  • ベアリング防錆:非採用
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP

オレンジマーカーは「セドナ」との違い

ポイント

「X-SHIP」で軽ーい回転

「セドナ」から千円少々のアップで「X-SHIP」が追加されたのが「サハラ」。

ギアの大径化や配置の最適化により、強い負荷がかかった時にも軽く回転することができます。

軽く回転できるということはつまり疲れにくいということ。

まいぼ
まいぼ

1日通してガンガンしゃくってると、回転の軽さで疲労感は全然違う!

注意点

耐久性や剛性の不安はあいかわらず

ギアは強くなりましたが、防水性能や回転性能を上げる技術は非採用でやはり値段相当。

負荷が大きいLSJをガンガンするには、予算をもう少し頑張りたいところ。

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
40004.775cm11kg280g
4000XG6.299cm11kg280g
C5000XG6.2105cm11kg305g

「サハラ」も4000番以上のラインアップは4000番2種と5000番1種。

この中からライトショアジギングにオススメはラウンド型のハンドルノブを採用している「C5000XG」でしょう。

シマノ(SHIMANO)
¥8,100 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:305g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):105cm
  • ハンドル長さ:55cm
  • ベアリング数:4個
  • 本体価格:10,900円

約10,000円「ナスキー」(2021年発売)

シマノ公式「ナスキー」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「ナスキー」から防水構造が採用。

LSJで長く使うなら最低限「ナスキー」以上がオススメ。

「サハラ」と比較してもそこまで金額差も大きくないですし。

「ナスキー」の特徴

仕様
  • ボディ材質:高強度樹脂
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:非採用
  • 防水構造:コアプロテクト(ボディ)
  • ベアリング防錆:非採用
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • ウォータープルーフドラグ

オレンジマーカーは「サハラ」との違い

ポイント

防水構造、防水ドラグ採用で耐久性アップ

約10,000円の「ナスキー」から、ボディ部には「コアプロテクト」、ドラグ部には「ウォータープルーフドラグ」の防水技術が採用されました。

ボディやドラグ内部への海水の侵入を防ぐことで、サビや腐食を防ぎ耐久性がアップ

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
40004.775cm11kg285g
4000XG6.299cm11kg285g
C5000XG6.2105cm11kg305g

「ナスキー」の4000番以上のラインアップは4000番が2種、5000番が1種の計3種。

この中からLSJにオススメは大型のラウンドノブ採用の「C5000XG」。

シマノ(SHIMANO)
¥10,200 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:305g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):105cm
  • ハンドル長さ:55cm
  • ベアリング数:5個
  • 本体価格:15,000円

約11,000円「スフェロスSW」(2019年発売)

シマノ公式「スフェロスSW」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「スフェロスSW」はその名の通り高強度なSW(ソルトウォーター)モデル。

LSJでガンガン巻いて大物とファイト!も安心。

ちなみに本記事で紹介しているのは4000番以下の2019年モデルで、5000番以上になると全然仕様が違うのでご注意を。

「スフェロスSW」の特徴

仕様
  • ボディ材質:アルミ
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:非採用
  • 防水構造:コアプロテクト(ボディ)
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • カーボンクロスワッシャー
  • サイレントドライブ非採用
  • X-SHIP

マーカーは「ナスキー」との違い

ポイント

金属(アルミ)ボディ採用で高強度!

「スフェロスSW」最大の特徴はアルミボディを採用し強度が高いこと。

大型魚とのやり取りや潮流の速い中でのジグアクションなど、リールに大きな負荷がかかる状況でもボディの歪みを抑え力強く回転できます。

ポイント

「カーボンクロスワッシャー」で不意の大物とのファイトも安心

耐摩耗性や耐熱性に優れた「カーボンクロスワッシャー」採用。

不意の大物がヒットした際、猛烈にドラグが走っても焼き付きにくくしっかり作動します。

まいぼ
まいぼ

とはいえ50kgオーバーのマグロとかがヒットしたらどうしようもないけどねw

ポイント

「S A-RB」でベアリングの防錆も

特殊防錆処理がされたベアリング「S A-RB」も採用。

ベアリング内部の錆も防ぐことで耐久性がアップしています。

注意点

「サイレントドライブ」は非採用

滑らかで静かに巻ける「サイレントドライブ」は非採用

まいぼ
まいぼ

「スフェロスSW」は静かさより、ガンガン強く巻ける!が売りですね

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
4000HG5.893cm11kg280g
4000XG6.299cm11kg280g

「スフェロスSW」は3000番1種と4000番2種の計3種のラインアップで、ライトショアジギングに使いやすいのは4000番。

ハイギアかエクストラハイギアは好みで選択ですが、個人的にはエクストラハイギアの「4000XG」がオススメ。

  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:280g
  • 糸巻量(PE):1.5号-490m,1.5号-320m,2号-240m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):99cm
  • ハンドル長さ:55cm
  • ベアリング数:3個
  • 本体価格:17,200円

約13,000円「ミラベル」(2022年発売)

シマノ公式「ミラベル」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「CI4+」ボディで軽量かつ最低限以上の強度!

初心者の人もやりこんでる人も満足なコスパ優秀モデル!

「ミラベル」の特徴

仕様
  • ボディ材質:CI4+
  • ローター材質:CI4+
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:非採用
  • 防水構造:コアプロテクト(ボディ)
  • ベアリング防錆:非採用
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • ウォータープルーフドラグ

マーカーは「スフェロスSW」との違い

ポイント

ボディとローターに「CI4+」素材採用で軽量×高剛性

「ミラベル」最大の特徴は、軽量かつ剛性の高いカーボン素材「CI4+」をボディとローターに採用していること。

これにより5000サイズでも自重270gと大幅に軽量化

強度的には金属製と比べると弱いのは仕方ないですが、軽量ジグでそこまで大型魚を狙わないLSJであれば必要最低限以上では。

まいぼ
まいぼ

1万円台前半で最低限以上の強度と300gを切る軽量性でコスパ優秀!

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
40004.775cm11kg245g
4000XG6.299cm11kg245g
C5000XG6.2105cm11kg270g

「ミラベル」の4000番以上のラインアップは、4000番が2種と5000番が1種。

この中からライトショアジギングにオススメは最も大型でハンドルノブがラウンドタイプの「C5000XG」。

シマノ(SHIMANO)
¥12,400 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:270g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):105cm
  • ハンドル長さ:55cm
  • ベアリング数:5個
  • 本体価格:18,700円

約15,000円「アルテグラ」(2021年発売)

シマノ公式「アルテグラ」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「ミラベル」よりローター素材はグレードダウン、自重も少し重くなってしまいますが、何より目玉は「マイクロモジュールギアⅡ」。

軽さより回転性能が重要!という方にはコスパ最強かも。

「アルテグラ」の特徴

仕様
  • ボディ材質:CI4+
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:ステンレス
  • 防水構造:Xプロテクト(ラインローラー/ボディ)
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • ウォータープルーフドラグ
  • ロングストロークスプール

マーカーは「ミラベル」との違い

ポイント

「マイクロモジュールギアⅡ」でさらに滑らか回転

これまでにも回転性能をアップさせる「X-SHIP」や「サイレントドライブ」といった技術は使われていましたが、「アルテグラ」以降ではさらにグレードアップした「マイクロモジュールギアⅡ」も採用。

最新技術を用いたギアにより音鳴りの抑制回転をより滑らかに。

まいぼ
まいぼ

「マイクロモジュールギアⅡ」有りと無しでは全然違う。

回せば分かるので、ぜひお店で現物をクルクルしてみて!!

ポイント

防水機構が「Xプロテクト」にグレードアップ

これまでの防水機構「コアプロテクト」から「Xプロテクト」に進化。

より複雑な構造とすることで水の内部への侵入を防ぎ、かつ回転の軽さも損なわない構造になっています。

ポイント

「ワンピースベール」でライントラブル軽減

従来のベールは継ぎ目がありましたが、「ワンピースベール」はその名の通り一体成型で継ぎ目無し

キャスト時に継ぎ目にラインが擦れて痛むとか、引っかかるといったトラブルの減少が見込まれます。

まいぼ
まいぼ

地味ながら、1日に何百回とキャストするかもしれないLSJではありがたい技術

ポイント

「ロングストロークスプール」で飛距離アップ

ラインが減るほどスプール1周あたりの糸は短くなり、巻きグセが強くなったり飛距離がダウンする原因となります。

糸巻部の幅が長い「ロングストロークスプール」ではそれを抑制し、飛距離がアップしやすくなるでしょう。

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
40005.387cm11kg270g
4000XG6.2101cm11kg270g
C5000XG6.2101cm11kg285g

「アルテグラ」の4000番以上のラインアップは上記の3種。

LSJにオススメは大型ハンドルノブでアクションしやすい「C5000XG」。

  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:285g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:55cm
  • ベアリング数:5個
  • 本体価格:21,900円

約19,000円「ストラディック」(2019年発売)

シマノ公式「ストラディック」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「ストラディック」は近々モデルチェンジが発表されました。

2023年モデルではインフィニティクロスなど最新技術盛りだくさんですが、以下情報は2019年モデルのもの。

2023年モデルは発売日が決定したら更新しますが、旧型でもセールで販売されていたらお買い得かも!!

「ストラディック」の特徴

仕様
  • ボディ材質:アルミ
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:ステンレス
  • 防水構造:Xプロテクト(ラインローラー/ボディ)
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • ウォータープルーフドラグ
  • カーボンクロスワッシャ
  • ロングストロークスプール

マーカーは「アルテグラ」との違い

ポイント

アルミボディで高強度、高剛性!

「ストラディック」最大の特徴は、上記「スフェロスSW」と同じく金属(アルミ)製のボディを採用し、高強度、高剛性であること。

大型青物とのファイトはもちろん潮流の早いポイントでジグをガンガン巻くなど、リールに大きく負荷がかかる場面でも安心。

まいぼ
まいぼ

歪みやブレを抑制→回転の力を忠実に伝えやすい、ということで回転性能にも好影響

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
40005.387cm11kg280g
4000MHG5.895cm11kg280g
4000XG6.2101cm11kg280g
C5000XG6.2101cm11kg295g

「ストラディック」の4000番以上のラインアップは、4000番が3種と5000番1種の計4種。

ライトショアジギングにオススメはラウンド型のハンドルノブ搭載でしゃくりやすい「C5000XG」でしょう。

  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:295g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:6個
  • 本体価格:31,000円

約24,000円「ストラディックSW」(2020年発売)

シマノ公式「ストラディックSW」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「ストラディック」のSWモデル。

頑丈でパワフル、が売りのSWモデルですが、LSJで使う4000番ではあまり恩恵なし。

詳細はこの後ご説明です。

「ストラディックSW」の特徴

仕様
  • ボディ材質:アルミ
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:ステンレス
  • 防水構造:Xプロテクト(ボディ)
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • ロングストロークスプール

マーカーは「ストラディック」との違い

注意点

23「ストラディック」と比較すると少し物足りない性能

上記「ストラディック」と比較すると使われている技術的には少しグレードダウン感が。

というのも「ストラディックSW」は4000番〜14000番までのラインアップがあるのですが、パワフルなギアシステム「インフィニティドライブ」や強力な防水構造「Xシールド」などは今回オススメに挙げている4000番では非搭載

まいぼ
まいぼ

30〜40gジグがメインのLSJ用としては、SWモデルではない上記「ストラディック」の方がオススメ

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
4000HG5.895cm11kg300g
4000XG6.2101cm11kg300g

「ストラディックSW」は4000番〜14000番までのラインアップで、LSJから本格的なショアジギングまでをカバーするラインアップ。

5000番になると自重430gと一気に重くなるため、ライトショアジギングには少しオーバーかも。

ということでLSJにオススメは4000番の上記2機種。

  • ギア比:5.8
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:300g
  • 糸巻量(PE):1号-490m,1.5号-320m,2号-240m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):95cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:6個
  • 本体価格:34,800円
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:300g
  • 糸巻量(PE):1号-490m,1.5号-320m,2号-240m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:6個
  • 本体価格:34,800円

約24,000円「ヴァンフォード」(2020年発売)

シマノ公式「ヴァンフォード」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「ストラディック」はアルミボディで高強度!に対し「ヴァンフォード」は「CI4+」で超軽量!が売り。

ちなみに5000サイズで220gは「ヴァンキッシュ」と並んでシマノ最軽量。

「ヴァンフォード」の特徴

仕様
  • ボディ材質:CI4+
  • ローター材質:CI4+
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/アルマイト処理
  • ワンピースベール:チタン
  • 防水構造:Xプロテクト(ラインローラー/ボディ)
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • ウォータープルーフドラグ
  • ロングストロークスプール

マーカーは「ストラディックSW」との違い

ポイント

ボディもローターも「CI4+」でシマノ最軽量リール

「ヴァンフォード」はボディとローターに軽量かつ高剛性なカーボン樹脂素材「CI4+」採用。

5000サイズで自重220gは「ヴァンキッシュ」(5万円オーバー)と同じでシマノ最軽量リール

ポイント

軽いだけじゃない、回転性能や防水性能もバッチリ

下位モデルの「ミラベル」も同じく「CI4+」ボディ、ローターですが、「ヴァンフォード」は「マイクロモジュールギアⅡ」「Xプロテクト」などもしっかり採用されてて回転性能や防水性能もバッチリ

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
40005.387cm11kg215g
4000MHG5.895cm11kg220g
4000XG6.2101cm11kg215g
C5000XG6.2101cm11kg220g

「ヴァンフォード」の4000番以上のラインアップは4000番が3機種、5000番が1機種の計4機種。

中でもLSJにオススメは大型のラウンドハンドルノブ採用の「C5000XG」。

シマノ(SHIMANO)
¥24,072 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:220g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:7個
  • 本体価格:36,900円

約40,000円「ツインパワー」(2020年発売)

シマノ公式「ツインパワー」ホームページ

まいぼ
まいぼ

「ツインパワー」といえばとにかく強い!が売り。

ボディもローターもアルミ製でとにかく高強度、高剛性。

「ヴァンフォード」から価格も大幅アップですが、長年使いたい方にオススメ。

「ツインパワー」の特徴

仕様
  • ボディ材質:アルミ
  • ローター材質:アルミ
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:ステンレス/チタンコート
  • ワンピースベール:ステンレス
  • 防水構造:Xプロテクト(ラインローラー/ボディ)
  • ラインローラ特殊防水BB
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • リジッドサポートドラグ
  • カーボンクロスワッシャー(※C5000XGのみ)
  • ウォータープルーフドラグ
  • ロングストロークスプール

マーカーは「ヴァンフォード」との違い

ポイント

ボディもローターもアルミ製でとにかく強い!

「ツインパワー」はボディもローターも金属(アルミ)製で高強度、高剛性。

つまり、とにかく強いということ。

まいぼ
まいぼ

ライトとはいえガンガンしゃくるショアジギでは安心感が段違い!

ポイント

ドラグも強くて安定!

スプールを2点で支える構造「リジッドサポートドラグ」や滑り出しから滑らかかつ高耐久の「カーボンドラグワッシャ」などによりドラグ性能も強くて安定感あり

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
40005.387cm11kg255g
4000PG4.472cm11kg260g
4000MHG5.895cm11kg255g
4000XG6.2101cm11kg260g
C5000XG6.2101cm11kg260g

「ツインパワー」の4000番以上のラインアップは上記5種。

この中からショアジギしやすいラウンド型のハンドルノブが採用されているのは「4000PG」と「C5000XG」。

LSJにオススメはエクストラハイギアでしゃくりやすい「C5000XG」でしょうか。

  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:260g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:9個
  • 本体価格:51,800円

約43,000円「ツインパワーXD」(2021年発売)

シマノ公式「ツインパワーXD」ホームページ

まいぼ
まいぼ

名前こそ上述の「ツインパワー」シリーズだけど、「XD」はCI4+素材のマグナムライトローターで強度や剛性と軽量性を両立。

剛性の高いリールがイイ!でも軽さも捨てがたい!という方にオススメ。

「ツインパワーXD」の特徴

仕様
  • ボディ材質:アルミ
  • ローター材質:CI4+
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:ステンレス/SWバリアコート
  • ワンピースベール:チタン
  • 防水構造:Xプロテクト(ラインローラー/ボディ)
  • ラインローラ特殊防水BB
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • リジッドサポートドラグ
  • カーボンクロスワッシャ
  • ウォータープルーフドラグ
  • ロングストロークスプール

マーカーは「ツインパワー」との違い

ポイント

ローターは「CI4+」で軽量

上記「ツインパワー」がボディもローターもアルミ製であるのに対し「ツインパワーXD」はボディがアルミ、ローターはCI4+。

左右非対称で軽量な「マグナムライトローター」を採用し、軽量性と強度や剛性を高い次元で両立しています。

まいぼ
まいぼ

強度や剛性だけで見ると金属製の「ツインパワー」が有利

ポイント

スプールリングはステンレス製×バリアコートで傷つきにくい

地面にリールを置いた時などに傷つきやすいスプールリング。

「ツインパワーXD」ではステンレス製のスプールリングにバリアコート加工で傷がつきにくい仕様。

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
4000PG4.472cm11kg245g
4000HG5.895cm11kg245g
4000XG6.2101cm11kg245g
C5000XG6.2101cm11kg245g

「ツインパワーXD」の4000番以上のラインアップは4000番が3種と5000番が1種。

全てのモデルがラウンドハンドルノブ搭載ですが、LSJにオススメは糸巻量が必要以上に多くない「4000XG」でしょうか。

  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:245g
  • 糸巻量(PE):1号-490m,1.5号-320m,2号-240m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:10個
  • 本体価格:54,000円

約53,000円「ヴァンキッシュ」(2023年発売)

シマノ公式「ヴァンキッシュ」ホームページ

まいぼ
まいぼ

シマノ最軽量。

軽いだけじゃなく、強度、剛性、回転性能、ドラグ性能…など全てにおいて超ハイレベルなリール。

金額もハイレベル。

「ヴァンキッシュ」の特徴

仕様
  • ボディ材質:マグネシウム
  • ローター材質:CI4+
  • ドライブギア材質:HAGANE
  • スプールリング材質:アルミ/高耐久硬質コート
  • ワンピースベール:チタン
  • 防水構造:Xプロテクト(ラインローラー/ボディ)
  • ラインローラ特殊防水BB
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • インフィニティクロス
  • インフィニティループ
  • インフィニティドライブ
  • アンチツイストフィン
  • デュラクロス
  • リジッドサポートドラグ
  • ウォータープルーフドラグ
  • ロングストロークスプール

マーカーは「ツインパワーXD」との違い

ポイント

ボディは軽くて強い、マグネシウム素材

「ヴァンキッシュ」は「ツインパワーXD」と同じくボディが金属、ローターはカーボン樹脂素材CI4+の「マグナムライトローター」を採用。

大きな違いはボディの素材で、「ツインパワーXD」がアルミ製に対し「ヴァンキッシュ」はマグネシウム製

まいぼ
まいぼ

マグネシウムは実用的な金属の中ではもっとも軽い素材で、アルミの2/3の比重ながら剛性、強度はアルミより優れる、らしい。

ポイント

インフィニティシリーズ①「インフィニティクロス」

2022年モデル「ステラ」から採用され始めた最新技術、インフィニティシリーズ。

「23ヴァンキッシュ」にも採用されましたが、まず「インフィニティクロス」は最新設計のギアシステムのこと。

ギア同士が噛み合う設置面積が広がり負荷を分散→一部分に集中的にダメージを受けないような設計になっています。

まいぼ
まいぼ

これにより耐久性が従来モデルの約2倍に向上したとのこと!

ポイント

インフィニティシリーズ②「インフィニティループ」

続いて「インフィニティループ」はスプールが上下動する速度を低速化する技術。

低速化することでラインが「超」密巻きになり、キャスティング時の放出抵抗の軽減=飛距離アップや、ジグのフォール時などの感度アップにつながります。

ポイント

インフィニティシリーズ③「インフィニティドライブ」

インフィニティシリーズ最後の3つ目は「インフィニティドライブ」。

これまで採用されていた「X-SHIP」の進化形とも言える技術で、リールのメインシャフトを支える構造や表面処理を最新設計しなおし、回転抵抗の減少やトルクアップ

まいぼ
まいぼ

要は負荷がかかっても強く軽く巻けるってことですな

ポイント

「アンチツイストフィン」でライントラブル減少

ラインローラー下部にフィン(羽、的な)を設置することでラインのたるみを抑制。

ラインがよれたまま巻きつけ→キャスト時に絡まる!などライントラブルの減少が期待できます。

ポイント

耐摩耗性はこれまでの約10倍!「デュラクロス」は超高耐久ドラグワッシャ

従来のドラグワッシャに最新の繊維素材を織り込んだ「デュラクロス」も採用。

シマノ社比によると、これまでの素材に比べ約10倍の耐摩耗性とのこと。

ポイント

高性能はもちろん、超軽量!

以上のように「ヴァンキッシュ」は最新技術が盛りだくさんで強度や剛性はもちろん、回転性能やドラグ性能、キャスト性能など全てにおいてハイレベル。

そしてなにより最も推しポイントとしては軽量性で、5000サイズで自重220gはシマノ最軽量

まいぼ
まいぼ

とにかく軽量性が第一!でも強度や回転性能も必要!な方は「ヴァンキッシュ」一択。

高いけど…

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
4000MHG5.793cm11kg205g
4000XG6.2101cm11kg205g
C5000XG6.2101cm11kg220g

「ヴァンキッシュ」の4000番以上のモデルは上記3機種。

中でもライトショアジギングにオススメはラウンドノブ装備の「C5000XG」。

シマノ(SHIMANO)
¥50,063 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:220g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:11個
  • 本体価格:68,500円

約75,000円〜「ステラ」(2022年発売)

シマノ公式「ステラ」ホームページ

まいぼ
まいぼ

シマノ最強のリール、「軽くて強い」の究極形。

「ステラ」の特徴

仕様
  • ボディ材質:マグネシウム
  • ローター材質:アルミ
  • ドライブギア材質:HAGANE+特殊表面処理
  • スプールリング材質:ステンレス/SWバリアコート
  • ワンピースベール:チタン
  • 防水構造:Xプロテクト(ラインローラー/ボディ)
  • ラインローラ特殊防水BB
  • ラインローラ表面DLC処理
  • ベアリング防錆:S A-RB
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • X-SHIP
  • インフィニティクロス
  • インフィニティループ
  • インフィニティドライブ
  • アンチツイストフィン
  • デュラクロス
  • リジッドサポートドラグ
  • ウォータープルーフドラグ
  • ロングストロークスプール

マーカーは「ヴァンキッシュ」との違い

ポイント

シマノ最強スピニングリール

ボディにマグネシウム、ローターはアルミという豪華な組み合わせで最強

最新のインフィニティシリーズでギヤ構造やドラグ性能はもちろん、防水構造やラインローラーやスプールリングの表面処理など至るところまで最強

そして5000サイズでも260gと軽量性も両立しており、最強

まいぼ
まいぼ

とにかく「最強」。

値段も「最強」。

LSJにオススメモデル

品番ギア比最大巻上最大ドラグ自重
4000M5.387cm11kg260g
4000MHG5.793cm11kg260g
4000XG6.2101cm11kg260g
C5000XG6.2101cm11kg260g

シマノ最強「ステラ」の4000以上は上記4モデル。

この中からライトショアジギングにオススメはやはりラウンドノブ採用の「C5000XG」でしょう。

シマノ(SHIMANO)
¥77,000 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:11kg
  • 自重:260g
  • 糸巻量(PE):1.5号-400m,2号-300m,3号-200m
  • 最大巻上長(ハンドル1回転):101cm
  • ハンドル長さ:57cm
  • ベアリング数:12個
  • 本体価格:98,300円

コスパ優秀ベスト3

以上シマノのライトショアジギングに使えるスピニングリール13選でした。

釣り人A
釣り人A

いっぱいありすぎてよく分からない…結局どれがええの?

ということで最後に、マイボ!的コスパに優れるモデルベスト3を選んでみました!

コスパ優秀第3位 「ミラベル」

シマノ(SHIMANO)
¥12,400 (2023/09/24 15:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

第3位はCI4+素材で軽量性が売りの「ミラベル」。

さらに「サイレントドライブ」や「コアプロテクト」など回転性能、防水性能も最低限の機能も持ち合わせておりながら1万円台前半という価格で第3位に選出。

コスパ優秀第2位 「ストラディック」

シマノ(SHIMANO)
¥34,100 (2023/07/14 04:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コスパ優秀第2位は「ストラディック」。

金額的にはそれなりの価格ですが、何よりアルミ製ボディで剛性、強度に優れるというのはライトとはいえショアジギングにおいては大きな武器。

さらに2023年モデルより新たに「インフィニティクロス」や「インフィニティドライブ」など「ステラ」譲りの最新技術も多数採用。

ガッツリLSJをやりこんでいる人、これからやりこみたい人、もちろん初心者の方でも長年しっかり使えて大変コスパ優秀だと思う。

コスパ優秀第1位 「アルテグラ」

「マイクロモジュールギアⅡ」で滑らかな回転性能や、「Xプロテクト」や「S A-RB」で内部もベアリングもしっかり防水。

さらに「ロングストロークスプール」や「ワンピースベール」など地味ながら役立つ機能も多数搭載されていてかつ最低限以上の軽量性と剛性、強度もあわせ持つ。

まいぼ
まいぼ

価格は15,000円ほどでこの性能、まさにコスパ最強でしょう。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

大変長い内容でしたが、ライトショアジギング用リール選びの少しでも参考になれば幸いです。

まいぼ
まいぼ

ぜひ自分に合ったリールに出会って、LSJをより楽しみましょう♩

ABOUT ME
まいぼ
まいぼ
なんでも釣り師
船も陸も、ルアーもエサもOK、なんでも釣り師。

釣りの種類が多すぎて専用タックル揃えられないのが悩み。

人が多い有名ポイントで釣果にこだわるより、釣れなくてものんびーり釣りしたい派。
記事URLをコピーしました