タイラバ(リール)

タイラバロッドとリールを代用してライトジギングはできるのか!?検証とオススメタックルの紹介。

タイラバロッドとリールを流用してライトジギングはできるのか!?

釣り人A
釣り人A
「普段タイラバをメインにやってるけど、単調でずーっとやってたら飽きてくる…」
釣り人B
釣り人B
「周辺にいる船がジギングやってて青物とかバンバン釣れてると羨ましい!」

「オレはタイラバ1本で生きていく!ほかの釣りには手をださねぇ!」っていう漢な人を除いては上記のような事を考えたこと、きっとあるはず。

「(軟弱ものな僕はいつも思ってる…」

こういった時にタイラバだけでなく状況に合わせてルアーだけ変更して別の魚種を狙えたらいいなぁ…っていう思いを実現するックル兼用シリーズ。

今回はタイラバタックルを流用してライトジギングをやってみよう!ということを検証していきます。

ちなみに逆パターンのライトジギングタックルでタイラバしたい!って方はコチラの記事で。

ライトジギングタックルでタイラバやってみよう!代用にオススメロッドとリール紹介も。ライトジギングタックルを流用してタイラバやってみよう! ライトジギングメインで出船するも厳しい状況、アタリがなくてこん...

ライトジギングについて

ライトジギングとは…

名前の通りジギングの中でも軽めのジグを使って比較的浅場で行う釣り

軽めのジグとか比較的浅場っていうけど明確に何グラム以内とか何メートル以内が「ライトジギング」っていう定義があるわけではないです。

マイボ!
マイボ!
「大体のイメージとしてはジグは50g前後がメインで重くても100gぐらいっていう感じでしょうか。」

ライトジギングで釣れる魚種としては、青物、タチウオ、真鯛、シーバス、ヒラメ、キジハタ(アコウ)…など

ターゲットは平均小型がメインの釣りではありますが、浅場でも大型が掛かる可能性もあるし、またさまざまな魚種を狙う事ができます。

使用するジグや動かし方も本家ジギングと同じくハイピッチでガンガンしゃくったり、フォールを意識してスローに動かしたりさまざまな方法があります。

ライトジギング用タックルについて

続いてライトジギング用のタックルのお話。

タックルの選び方としてそのジグの動かし方に適したロッドとリールを選択するわけですが、ライトジギングはスピニング、ベイトタックルどちらでも可能です。

マイボ!
マイボ!
「それぞれ強みがあって、ハイピッチジャークなどジグを速く大きく動かすにはスピニング、スローピッチでフォールでもアタリをとるにはベイトが向いてる。」

今回はタイラバタックルを流用してライトジギングをするという趣旨ですので、ベイトタックルを使用する前提でのお話になります。

(※タイラバキャスティング用スピニングタックルもありますが、今回はとりあえずパス)

ベイトタックルの使用前提ということは、先述のとおり得意とするのはゆっくり動かしてフォールでアタリをとること

ということでライトジギングの中でもスローピッチに動かすジグを使用する前提で検証していきます。

ハイピッチなジギングをしたい場合は、タイラバ用ロッドとリールでは厳しい

タイラバロッドは先径が極端に細かったりそもそもしゃくる動作を考慮された設計ではなく、ガンガンしゃくると折れる可能性があります

またリールもローギヤ=1回転あたりの糸巻量少なく、ジギングの基本であるワンピッチワンジャークといった動作が小さくなったりで難しいです。

タイラバタックルとライトジギングタックルの違い

先述のとおりライトジギングタックルにはスピニングモデルとベイトモデルの大きく2種類あり、今回はベイトモデルでの比較、検証になります。

ではタイラバとライトジギングそれぞれロッドとリールの違いを見ていきましょう!

ロッド

・全長

タイラバ:約6~7フィート

ライトジギング:約6~6.6フィート

・竿の曲がり方(テーパー)

タイラバ:ファースト~スローテーパー(先~胴調子)

ライトジギング:ファースト~レギュラーテーパー(先~胴調子)

・素材

タイラバ:ほぼカーボン(穂先がチタンやグラスもある)

ライトジギング:ほぼカーボン

・自重

タイラバ:約100g~140g

ライトジギング:約110g~220g

・適合ウエイト

タイラバ:30g~200g

ライトジギング:40g~250g

(※マイボ!調べ。すべてのメーカーの全商品がこの仕様に該当するわけではありません)

適合ウエイトはやはりライトジギングロッドの方が幅広いラインアップがありますが、それ以外はほとんど同じ仕様で、タイラバロッドをそのままライトジギングに流用しても問題ないように見えます

しかし先ほども書いた通りタイラバロッドはしゃくる動作を考慮された設計にはなっておらず、先径がかなり細くライトジギングと比べると半分ぐらいの細さです。

ですのでタイラバロッドでワンピッチワンジャークなど普通にジギングの動きでしゃくってると、穂先に糸が絡んだりするとすぐに折れちゃいます。

タイラバロッドを流用してライトジギングするなら、ゆっくりしゃくってフォールでアタリをとるという動作のみ!

穂先の感度は抜群のタイラバロッドですから、フォール中の感度はもしかするとライトジギング用ロッドを上回るかも?

柔らかめのタイラバロッドで大物の青物などが掛かるとやり取りは少し大変

タイラバでも大物の鯛や青物が掛かることもあり、時間をかければある程度の大物までは十分獲れる性能はあります。

しかし大物が釣れる可能性の高いフィールドや、100g以上のジグを使用する状況などでは、やり取りの大変さを考慮して兼用するタイラバロッドはミディアム~ヘビーぐらいの強さを持ったロッドの方がいいでしょう。

リール

ライトジギング用リールとして各社ラインアップが豊富でありますが、タイラバ専用リールと比べると比較的パワーや剛性があるモデルが多いです。

マイボ!
マイボ!
「ライトジギングとはいえ、対象魚が大型の青物などの可能性もあるためですね。」

さらにジグの動かし方やシャクリ方に合わせてハイギヤ、ローギヤモデル両方存在します。

また、同じ製品名の中の小型モデルがタイラバ用リールとしても販売されている製品もあります。

例えばダイワのキャタリナBJ。

100P-RMという100サイズのローギヤモデルの仕様は、ギヤ比4.9というローギヤ、巻き取り長さ55cm、そしてダブルハンドルとタイラバ向け仕様になっています。

対して200サイズの200SHでは、ギヤ比7.3というハイギヤ、巻き取り長さ81cm、ロングハンドルでジギング向け仕様です。

その他ドラグ力、丸型、ボディ剛性、糸巻量などは共通なので、タイラバ用リールを兼用するならこういったライトジギング用リールのタイラバ仕様モデルを選択すると安心です。

マイボ!
マイボ!
「ローギヤで巻き取り長さの少なさは扱う人の頑張りでカバーしましょう(笑)」

もしそうではなく、例えばダイワの紅牙などロープロ型(小型)タイラバ専用リールを選択した場合はさらにスペック差がでてきます

先ほどのギヤ比、巻き取り長さ、ハンドル形状に加え、タイラバ専用リールはドラグ力も弱くロープロ型(小型)形状で剛性も丸型に比べると弱いです。

このロープロ型タイラバ専用リールを、ライトジギングの中でも究極のライトなジギングである水深40m以内でジグも40gぐらいまでで使用するのであれば十分可能かと。

しかしそれ以上の深場で流用し、大物が掛かった時にただでさえ巻き取りの長さが少なくて巻き取りが大変なうえに、ロッドもリールもパワーがないためガンガンドラグを出されながらやり取りしないといけないため厳しいかも。

パワーのない小型タイラバリールを使う場合はマイボートで楽しむのであればOKですが、乗合船など他人もいる時は避けた方が良いかも

以上タイラバとライトジギングリールの大きな違いはギヤ比、巻き取り長さ、ボディ剛性、ハンドル形状、糸巻量といったところ(ほとんどかw)。

ただ丸型のライトジギングリールのタイラバ仕様を選択すればその差はグッと縮まります

できるだけ剛性があってパワーがあるタイラバリールが安心

最後に、いつも言ってますがライトジギングにもタイラバ用電動リールはやっぱりオススメ

理由はタイラバ用リールをライトジギングとして使用する場合の弱点であるローギヤ、巻き取り長さをカバーできて回収ややり取りが楽だから!

まとめ タイラバタックル兼用で使用方法を制限すればライトジギングは可能!そして電動リールもオススメ!

まとめ
  • ロッドのおおまかな特性は似ている。でも激しいシャクリは禁物。
  • タイラバロッドの中でも少し硬めのモデルがオススメ。
  • リールは丸型のライトジギングリールのタイラバモデルが安心。
  • そしてやっぱり電動リールがベスト!

以上タイラバ用ロッド、リールとライトジギング用ロッド、リールを比較してきました。

似ている部分も多くあり、タイラバロッドの持つジグのフォール中の感度は本家ライトジギングロッドをも超える可能性を持っています。

アクションはスローピッチに制限、さらに全体的に非力ではありますが、それらをカバーすれば流用は可能という結果になりました。

最後に何度も言いますが、流用する場合は極端に先径の細いタイラバロッドですので、スローピッチとはいえ穂先の糸がらみなどで折れることには注意してくださいね。

ライトジギングで兼用できるオススメのタイラバロッドとリール

以上まとめてきた結果をもとにライトジギングで兼用できるオススメのタイラバロッドとリールを紹介します。

ロッド

タイラバタックルでライトジギングしたい!っていう時、普段タイラバをしているフィールドでそのままルアーだけチェンジして行うことが多いかと思います。

または水深や潮流など状況が近いポイントなどで行うことも。

そんな場合は適合ラインやルアーウェイトなどの条件も似た感じになるため、タイラバに最適な仕様のロッドを選択すれば自然とライトジギングにも適した仕様に近くなります

今回は例えば水深60mまで、ジグウェイトは60gまでぐらいの使用を想定したオススメロッドを各社紹介します。

ダイワ 紅牙エアポータブル K67HB-S AP

適合ジグウェイトは120gまで、適合ラインPE1.5号まで使用できるタイラバロッド。

同じ紅牙ブランドのロッドはたくさんありますが、中でもこの「K67HB-S AP」は「掛け」モデルと謳われているモデルの中ではもっとも安いです。

メガトップ搭載で繊細なアタリを感知して意図的に掛け、食い込ませることができます。

また自重わずか106gと軽いため1日通して使用しても疲れにくい。

同じく「紅牙エアポータブル」からもう一つ硬めで適合ジグ150gまで対応「K67XHB-S AP」もお好みでアリでしょう。

シマノ エンゲツSS B66ML-S LEFT/RIGHT

シマノが提唱するフォールタイラバに適したロッドで、後で紹介する同じ炎月ブランドのリール「炎月CT」と組み合わせるとベストマッチな設計になっています。

普通のタイラバロッドと違って、スパイラルガイド搭載、ガングリップ形状、左右巻きモデルがあります。

ガングリップ形状とは…

リーリングしやすい、疲れにくい、手のひら全体の力をロッドに伝えやすくフッキング時などにパワーロスが少なく設計された形状

これからのルアーロッドのスタンダードになる(かも)。もちろんスロージギングに流用しても性能を発揮するでしょう。

エンゲツSSは種類が豊富ですが、今回はその中でもジギングにおいてフォール中のアタリをとりフッキングするという動作に向いている掛け調子のうちライトなモデルの紹介です。

適合ジグウェイトは100gまで、適合ラインPE1号まで、先径0.8mmと、いかにもタイラバ用ライトロッドって感じですが、50~60gぐらいまでのジグを使用するスローピッチジギングなら対応できます。

後で紹介するリール「炎月CT」にはフォール調整機能あるため、それとの組み合わせで通常のライトジギングタックルでは反応しない魚も獲れるかも!?

↓エンゲツSSでライトジギングとかやってみた。

シマノタイラバロッド20「エンゲツSS」インプレ。フォールタイラバ&スーパーライトジギングがハマる!シマノの2020年モデル「エンゲツSS」を買ったのでインプレしてみる 2020年版シマノのタイラバロッドまとめでコスパ最強モデルに選出、...

リール

リールは丸型リールでライトジギングリールのタイラバモデルが剛性、パワーありやはりオススメ

ダイワの丸型リールと、ロープロ型ながら最新のフォールタイラバという機能に力を入れている機種、そしておなじみ電動リールの計3機種の紹介です。

ダイワ キャタリナ BJ  100P-RM/100PL-RM

さきほども紹介しましたがダイワのライトジギング用丸型リールのタイラバモデル。

お金の余裕がある方は上位機種のソルティガシリーズをオススメしますが、このキャタリナでもタイラバとライトジギングを十分楽しめるでしょう。

剛性やドラグ力は青物が掛かっても十分対応できるパワーを持っていますが、難点はやはりローギヤ所以の巻き取り長さの少なさ

スローピッチジャークでフォールで食わせるというアクションにおいては問題ないでしょうが、回収時ややり取り時に回転数多くなり少しシンドイかも。

そこは気合と体力で頑張りましょう(笑)

シマノではこのキャタリナに近い仕様の機種にカルカッタ200があります。

しかしモデルが古いわりに金額帯も同じで、スペックもこのキャタリナの方が勝っている部分多く、メーカの好みを問わなければキャタリナの方がオススメです。

シマノ 炎月CT 150PG/151PG

フォールタイラバを提唱しているシマノのタイラバ専用リール。

フォールレバーによりフォール速度を調節でき、その速度がカウンター表示されます。

これはタイラバ用の機能ですが、ライトジギングの中でも特にスロージギングではフォールで食わせることが多いので使い方によっては活用できるでしょう。

例えばジグを使用してただ巻き→フォール速度を調節してフォールで食わせるという動きでシャクらないジギングが成立するかも?

ドラグ力も6kgあるので、それなりの青物にも対応できます

先ほど紹介したガングリップ形状のロッド「エンゲツエクスチューン」との組み合わせで最高の力を発揮するでしょう!

今回はパワーギヤモデルの紹介ですが、フィールドによってはハイギヤモデル「150HG」もアリ。

↓炎月CTじゃないけど、同じくフォールレバー搭載の「バルケッタFカスタム」インプレはコチラ。

シマノ20「バルケッタFカスタム 150DH」インプレ。タイラバ、スーパーライトジギング、エサ釣りにもオススメ。「バルケッタFカスタム 150DH」買ってみた! なんとか給付金やPayPayキャッシュバックなどにより調子に乗っている筆者、...

シマノ フォースマスター 300DH/301DH

タイラバ専用電動リールといっても過言ではないシマノの「フォースマスター300」シリーズ。

タイラバ用電動リールとして特にクラッチOFFに連動してモーターも自動でOFFになるモーター&クラッチ連動機能が優秀です。

ほかにPE0.8号まで対応、糸巻量に影響されない電動等速巻き制御、超スロー巻きで細かい速度調整できる超微変速制御などのタイラバゲームのためにこだわった機能がたくさんあります。

スマートダイヤルで片手で巻き上げまで操作可能でドラグ力も5kgまでありそれなりの青物にも対応できます。

そしてタイラバリールをライトジギングに流用する時に、不利であるローギヤで巻き取り長さが短い点が電動リールによってカバーすることができます

「電動リールでルアーフィッシング」って聞くと、ゲーム性が損なわれてしまうイメージがありますが、電動ならではのゲーム性というのがありますし、さらに電動リールじゃないと獲れない魚を獲れたりするかも!?

 

その他タイラバロッドやリールの各社まとめもあるのでよかったら見てってね!

【2020年】シマノタイラバロッド「炎月」全5種の金額と機能比較。コスパ最強モデルも選んでみた。シマノのタイラバロッド「炎月」いろいろあるけど何が違う? シマノタイラバロッド「炎月(エンゲツ)」シリーズは全部で5種類のライ...
【2020年】ダイワのタイラバロッド「紅牙」全モデル機能比較とコスパ最強モデルも選んでみた。ダイワのタイラバロッド「紅牙」いろいろあるけど何が違う? ダイワのタイラバ専用ロッドの紅牙シリーズにはバリエーションがたくさん...
【2020年】シマノタイラバリール「炎月」全4モデル性能比較!コスパに優れるオススメモデルも選んでみた。シマノタイラバリール「炎月」性能の違いを比較してみた シマノのタイラバブランド「炎月」。 ロッドやリールをはじめタイラバヘッドや...
【2020年】ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ全モデル比較と解説。コスパに優れるオススメ紹介も。ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ完全比較! 今回はダイワのタイラバ用リール「紅牙」シリーズについてのお話。 ...

逆パターンのライトジギングタックルを流用してタイラバしたい!って方はコチラの記事へ。

ライトジギングタックルでタイラバやってみよう!代用にオススメロッドとリール紹介も。ライトジギングタックルを流用してタイラバやってみよう! ライトジギングメインで出船するも厳しい状況、アタリがなくてこん...
あわせて読みたい
アジング

【2020年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール10選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2020年11月20日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみたダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シリー …