カワハギ

カワハギロッドを船キス釣りに流用できるかタックル仕様比較してみた。オススメのロッドとリール紹介も。

タックル兼用シリーズ、今回はカワハギロッドを船キス釣りに流用できるか検証。

対象魚のサイズ的にはよく似ているが釣り方はちょっと違う魚種。

果たして流用できる?

他魚種専用のタックルを船キス釣りに流用してみよう

釣り人A
釣り人A
「キス釣りって初心者向けで誰にでも簡単に釣れて、ロッドやリールもなんでも良くて、みたいなイメージ。」

実際僕も釣り初心者の時は釣具屋さんで売ってる振り出しの竿とリールと仕掛けがセットで2000円!みたいな激安の道具でキス釣りしてました。

まあそれでも状況が良ければそれなりには釣れてしまうものではありますが、よりたくさん、またより大きなキスを釣ろうと思うとそれなりの道具と技術が必要なものです。

かといってキス専用ロッドやリールを買うほど年中する釣りでもないし、どうしても船釣りしていると他の大型で華のある真鯛やブリなど青物、根魚などの高級魚を専門で狙ってしまいますよね。

※キスが華がない魚だとばかにしている訳ではありません(笑)

ただキスも狙って釣るとゲーム性があって楽しいですし、何より食べても大変おいしい魚です。

そこでキス専用タックルには及ばなくとも、他魚種専用タックルを流用して大型や数釣りを狙って船キス釣りをしようっていう企画です。

船キス釣り用タックルについて

船キス釣りは一般的に船をあるポイントにアンカリング(係留)してスピニングタックルを使用して軽く投げて広く探る釣りです。

仕掛けはテンビン仕掛けに2~3本針で、エサはゴカイ類が使用されることが一般的。

ロッドにはキャスティングやしっかりした誘いのアクションができるように胴部分にある程度のパワーと、キスの小さなアタリを感知できる繊細で感度のよい穂先が要求されます

ベイトタックルでも船キス釣りは可能で、この場合はアンカリングせずドテラ流しでポイントを広く探る

この場合は仕掛けもテンビン仕掛けだけでなく、胴突き仕掛けが使用されることが多いですね。

船キス釣りはスピニング、ベイトどちらにしても繊細で感度が重要!

リールはキス専用リールというのはなく、汎用小型スピニングリールを使用します。

使用するロッドに合った軽くて、滑らかに巻けるという性能が求められます。

カワハギタックルについて

一方カワハギはおちょぼ口でエサだけ食べて針には掛かりにくいエサ取り名人と言われます。

そのためほんの小さなアタリをとって掛けていく必要があり、おそらく船釣りの中で最もライトで繊細な釣りの一種でしょう。

ゼロテンションや宙釣りなど独特のテクニックもあったり、それらを表現するために細かく設定の分かれたロッドが販売されています。

基本的に先調子のロッドがほとんどですが、中には「9.5:0.5」という超先調子や、ダイワの上位モデルでは「1354」とロッドを4分割して調子の表現がされていたり。

リールもシマノ「ステファーノ」などカワハギ専用リールがありますが、ロッドの軽さに合わせてとにかく軽いです。

また最近はカワハギ釣りでもキャスティングして広く探ることが有効で、この専用リールもベイトリールでありながらある程度のキャスティングに対応しています。

ほかに船用小型ベイトリールも使用は可能で、求められる性能はロッドに合わせて軽くて、滑らかに巻けるリールでしょう。

しつこいですがロッド、リールに求められる性能はとにかく軽量、繊細、高感度!

カワハギと船キスタックルの違い

ロッドの違い

・全長

カワハギ:1.7m~1.8m

船キス:約1.6~1.8m

・竿の曲がり方(テーパー)

カワハギ:ほとんどファーストテーパー(9:1~7:3)

船キス:ほとんどファーストテーパー(8:2または7:3)

・素材

カワハギ:ほぼカーボン(穂先がチタンやグラスもある)

船キス:ほぼカーボン(穂先がチタンやグラスもある)

・自重

カワハギ:約60g~90g

船キス:約54~90g

(※マイボ!調べ。すべての商品がこの仕様に該当するわけではありません)

以上のように特性はよく似ていてそのまま兼用することはできそうです。

違いとしてはやはりカワハギロッドが極端な先調子であること

一部7:3という乗せ重視のロッドもあるものの、ほとんどが9:1か8:2です。

キス釣りにおいても先調子は小さなアタリに対しても積極的に掛けていくことができるため有効ですが、注意点としてカワハギロッドは穂先が極限までライトな仕上がりになっているため、細く折れやすいということが挙げられます。

ただそれだけ穂先に注意して慎重になれば、集中できてそれが釣果にも繋がるかもしれませんね。

リールの違い

船キス釣りで使用するリールはロッド性能を活かせられるよう軽量で、感度がよく滑らかな巻きができること、そしてできれば仕掛けをゆっくり動かすことができるローギヤ、といったリール性能が求められます。

一方カワハギ専用リールはとにかく軽く滑らかというのはもちろん、糸ふけをすばやく取るためにハイギヤ気味、そしてキャスティングにもある程度対応できるようブレーキ機能があったりします。

キャスティングができれば、キス釣りにおいてもアンカリングして幅広く探る釣りも可能になりますので有効です。

ということでリールはローギヤとハイギヤというギヤ比の違いはありますが、ほかはよく似ていて流用は可能でしょう。

まとめ

まとめ
  • ターゲットのサイズはともに小型でよく似ている
  • カワハギロッドは極端な先調子のためキス釣りでも小さなアタリに対して積極的に掛けていける
  • リールはギヤ比を意識して仕掛けのアクションを

以上、比較の結果対象魚のサイズが似ていることもあって、タックルをそのまま流用することは可能っぽい。

専用タックルを買うほどでもなく、キスのハイシーズンだけちょこっとキスを釣りたい、という場合にぜひ一度試してみて下さい。

あと何度も言いますが、カワハギロッドは細いので穂先が折れることには注意してくださいね!

船キス釣りに代用できるオススメのカワハギロッドとリール

ロッド

カワハギ専用ロッドは極端に先調子ですが、キス釣りに代用するなら8:2ぐらいがバランスが良いでしょう。

それからカワハギロッドでも上位クラスになると高額なロッドもありますが、それをキスに代用して折れたりコシがなくなったりするのももったいないです。

そこで今回は何かあっても割り切れる?割と安い1万円台のカワハギロッドの紹介です。

シマノ カワハギBB M180

喰い込み性能や操作性など万能に対応できるグラスソリッドの穂先を持ったロッド。

全長1.8mで8:2の先調子と船キス釣りにもちょうどよいバランスになっています。

自重90gで鉛負荷も20~35号まで対応でキス釣りにも十分でしょう。

※鉛負荷はあくまで真下に落とす場合での負荷です。この重さの鉛をキャスティングすることはできません。

ダイワ アナリスター カワハギ 82‐175・E

こちらも8:2で鉛負荷20~35号、全長1.75m、自重も77gと軽く扱うのにバランスのよいロッドです。

ダイワ自慢のメガトップ採用によりカーボン素材特有の手に響く感度はもちろん、穂先に現れる目感度も従来よりも大幅に向上しました。

これによりカワハギはもちろんキスの小さなアタリも穂先に現れることによって、積極的に掛けていくことができるでしょう。

リール

リールは一般的に汎用ベイトリールを使用しますが、カワハギ専用リールは現状シマノからだけ発売されています(マイボ!調べ・2018.12時点)。

今回はそのカワハギ専用リールのご紹介です。

シマノ ステファーノSS 100HG/101HG

ギヤ比7.2で糸巻長さ72㎝とハイギヤでありますが自重160gと軽くキス釣りでも活躍するでしょう。

カワハギ専用リールとして独特の機能である、「S-タービンハンドル」により片手でのクラッチON/OFF、チョイ巻きが可能です。

またキャスティングにも対応したブレーキ搭載しているため、船キス釣りでもベイトリールながらチョイ投げが可能になるでしょう。

あわせて読みたい
エリアトラウト

【2020年】3万円以内で買えるダイワのエリアトラウトに使えるロッド9選とコスパ最強オススメランキングベスト3作ってみた。

2020年1月16日
マイボ!
ダイワのエリアトラウトに使えるロッドまとめ 最初のエリアトラウトロッド(ほかの釣りもそうだけど)選びって難しいですよね。  …
アジング

【2020年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール9選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2020年2月18日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみた ダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シ …