タイラバ(リール)

タイラバロッドとリールを流用してメバル釣りはできるのか!?兼用にオススメなタイラバタックルの紹介も

タイラバロッドとリールを流用してメバル釣りはできるのか!?

釣り人A
釣り人A
「タイラバずーっとやってると単調で飽きてくる…」

最近はスピニングモデルのキャスティングタイラバとかいろいろでてきてますが、鯛ラバの基本的な動かし方としてはベイトタックルで落として巻く、の繰り返し

これでコンスタントに釣れてたりアタリがある時なら楽しいんですが、ヘッドを変えても、スカートを変えても、巻くスピードを変えても…何してもアタリすらない、なんてことは少なくありません。

単調な巻きに飽きた…

だけど家族へのお土産として魚が必要…

そんな時になんでも良いからとりあえず釣りたい!という軟弱な方へ、本記事ではタイラバタックルを流用してメバルが釣れるか検証します。

タイラバタックルでメバル釣り!専用タックルの違いは?

船でのメバルの仕掛けとしては、サビキか胴突き仕掛けでエサ(エビやゴカイ、イワシ、シラウオなど)釣りなどがあります。

サビキにしてもエサ釣りにしてもロッド、リールなどタックルは基本的には同じで各社から船用メバルロッド(メバリングロッドではない)が販売されています。

ロッド

まずはタイラバロッドとメバルロッドの大きな違いを説明します。

・全長

タイラバ:約1.8m~約2.1m(6~7フィート)

メバル:2.7m~5m

・竿の曲がり方(テーパー)

タイラバ:ファースト~スローテーパー(先~胴調子)

メバル:スローテーパー(胴調子)

・素材

タイラバ:ほぼカーボン(穂先がチタンやグラスもある)

メバル:ほぼカーボン

・自重

タイラバ:100g~140g

メバル:100g~200g

(※マイボ!調べ。すべてのメーカーの全商品がこの仕様に該当するわけではありません)

以上素材、竿の曲がりも良く似ていて大きな違いは全長ぐらいです。

なぜタイラバロッドに比べてメバルのロッドは全長が長いのでしょうか?

メバル用ロッドの全長が長い理由とは?

もっとも大きな理由は船メバルの仕掛けが長いからです。

メバルサビキ、胴突き仕掛けなどで全長2~3mありますので、およそロッドの全長より若干短いぐらいです。

仕掛けよりロッドの全長のほうが長いと、仕掛けを回収しロッドを立てれば仕掛けの一番下にある錘が手元にくるようになります。

マイボ!
マイボ!
「要は掛かった魚の取り込みがしやすいということ。」

他には船でのメバル釣りは置き竿にすることがあるということもロッドが長い理由のひとつに挙げられます。

置き竿で釣りしていると長いほうが何かと有利で、例えば船の揺れをロッドが吸収しロッドが暴れるのを防いでくれます

メバルロッドが長いのは…

  1. 長い仕掛けの取り扱いがしやすいから
  2. 置き竿時に船の揺れを吸収してくれるから

またメバル専用竿はスローテーパー(胴調子)モデルがほとんど。

スローテーパーだと船の揺れをより吸収しやすいですし、メバルがエサやサビキを違和感なく食いこみやすくするためです。

一方タイラバロッドは仕掛けが長いわけでもないですし、置き竿ではなく手持ちでする釣りですのでメバル竿に比べて短めの設定になっています。

タイラバロッドが短い理由とは…

タイラバの仕掛けは短くてシンプル、かつ基本は置き竿で釣ることもないため

タイラバもメバルもアタリをいかにとり、またうまく針がかりさせることが重要なポイントになりますが、繊細なアタリをとるという面ではどちらのロッドも優れています

特にタイラバロッドはラインアップが豊富で、上位機種ではより高感度に追求されておりメバル専用竿を超える感度を持っているかも。

マイボ!
マイボ!
「安いメバル竿を買うぐらいならタイラバロッドの少し高めのもののほうが感度に関しては優れているかも。」

また最近は「乗せ重視」モデルと「掛け重視」モデルが各社から販売されており、メバルに流用するにあたっては、先述の理由によりスローテーパーである「乗せ重視」モデルがオススメ。

以上ロッドについては魚の回収時に長さで不利になるという点ぐらいで、タイラバロッド(特に乗せ重視モデル)を流用して船メバル釣りは十分可能と思います。

タイラバロッド→メバル釣り流用…

仕掛けの取り扱いはロッドが短いため不利だけど、それ以外は問題なし!

リール

リールはメバル、タイラバともに基本的には両軸リール。

タイラバ用リールは各社たくさん販売されていますが、船メバル専用のリールは無し。

メバルはアタリのあるタナ(水深)を攻めるのが重要ですから、カウンター付きの小型両軸リールが多いと思います。

あとはロッドと同じく感度が高いほど有利で、タイラバ専用リールは軽量で巻きの滑らかさや繊細なアタリを感じやすいよう設計されておりぴったりです。

また、最近はフォールで誘ったりフォール時のアタリをとったりできるようフォール速度や安定感を意識して設計されたタイラバリールもあるので、メバル釣りで活用してもおもしろいですね。

タイラバリール→メバル釣り流用…

軽量、滑らか、感度など問題なし!カウンター付きがオススメ。

まとめ:タイラバタックルで船メバル釣りは十分できる!

まとめ
  • メバルに比べてタイラバロッドは短めなので仕掛け回収と魚の取り込みの工夫が必要
  • 繊細なアタリをとるのはタイラバロッドでも十分可能かメバル専用竿をも超える
  • タイラバリールで兼用できる。強いて言えばカウンター付きオススメ
  • キャスティングタイラバ用のスピニングモデルはメバル釣りには適さない

タイラバでなかなか釣れない、アタリがない…時に仕掛けだけメバル仕掛けに変更してメバル釣り。

魚の特性も似ておりタックル的には十分流用するのが可能ですので、鯛が厳しい時、どうしてもお土産がほしい時、春先などメバルシーズンでぜひ試してみてください!

おまけ:メバル釣りに代用できるタイラバロッド、リールを選ぶならコレ!

最後にメバル釣りに流用しやすいタイラバロッドとリールを紹介します。

ロッド

ロッドはタイラバロッドの中でも「乗せ重視」のスローテーパーで柔らかく高感度かつ全長の長いロッドがメバル釣りにはオススメです。

ダイワ 紅牙AGS N73HB-METAL

今回紹介するロッドの中では最も高価ですが、今回のメバル釣りにも適応できる点では最強であろうロッドです。

7.3フィートというタイラバロッドの中ではロングロッドで乗せ調子、メタルトップ(金属の穂先)+ガイドの形状、素材までこだわって設計されたAGSで高感度。

予算が許されるならコレです!

【2020年】ダイワのタイラバロッド「紅牙」全モデル機能比較とコスパ最強モデルも選んでみた。ダイワのタイラバロッド「紅牙」いろいろあるけど何が違う? ダイワのタイラバ専用ロッドの紅牙シリーズにはバリエーションがたくさん...

シマノ 炎月 B77M-S

「乗せ」「掛け」融合したロッドとシマノでは謳われているようにバット部分は少し固めでメバル釣りには少し中途半端かも。

しかし各社販売されている中で7.7フィートとおそらくもっとも全長の長いタイラバロッドです。

メバル釣りでも潮流の速いポイントや水深が深めのポイントで重めのオモリを使用するといったフィールドが多い場合はオススメです。

【2020年】シマノタイラバロッド「炎月」全5種の金額と機能比較。コスパ最強モデルも選んでみた。シマノのタイラバロッド「炎月」いろいろあるけど何が違う? シマノタイラバロッド「炎月(エンゲツ)」シリーズは全部で5種類のライ...

ジャッカル ビンビンスティック BSC-70SUL-VCM

個人的に好きなジャッカルのロッドです。

レングスは7フィートと今回商品の中では短めですが、何よりの武器は「超乗せ調子」と「超粘り調子」です。

バットから綺麗に曲がる設計で波の影響を和らげ、繊細なアタリにしっかり追従できるという点でメバル釣りにもぴったりです。

ジャッカル ビンビンスティックRB BSC-RB69XSUL-ST

もうひとつジャッカルから。

上記商品は予算が厳しい!という方はこれです。

安いとはいえ「超乗せ調子」でエクストラスーパーウルトラライトという超繊細仕様

全長が6.9フィートと若干短いですが、メバル釣りでも潮流が速くない、水深浅めで軽いオモリを使用する状況にオススメです。

【2020年】ジャッカルのタイラバロッド全機種解説。「エクストロ」か「VCM」がオススメ!ジャッカルのタイラバロッド全機種解説と比較をしてみる タイラバロッドといえばダイワやシマノがメジャーではありますが、それだけでなくいろ...

リール

上述のようにリールはタイラバ用両軸リールなら基本的にどれでも流用することは可能。

その中でも特にオススメはカウンターつき、また電動タイラバにも使える小型電動リールなど。

シマノ フォースマスター300DH

極細ライン(PE0.8号)対応」「スマートダイヤルで片手操作可能」「超微変速制御」「完璧な電動等速巻き制御」そして鯛ラバで特に重要な「モーター&クラッチ連動機能」というタイラバ、メバルで必要とされている機能を網羅している小型電動リール。

巻き上げからクラッチON/OFFまで完全片手操作も可能

少し高額ですが、ほかのいろんなボートでのライトな釣りにも使えるでしょう。

シマノ プレイズ400

片手巻き上げ操作不可(クラッチON,OFFは片手で可能)、モーター&クラッチ連動機能ないためフォースマスターに比べると片手での操作が厳しいですが、電動超スロー巻対応でタイラバ、メバルとも使用は可能です。

電動リールの中ではとにかく安いため片手操作する状況が少ないなら全然使えるでしょう。

電動タイラバにオススメ電動リール、個人的ベスト3作ってみた電動タイラバにオススメな電動リール 等速巻きが重要な釣り、という点から合理的で釣果が上がりやすいということで広まってき...

シマノ 炎月CT 150PG/151PG

シマノ製ばかりになってしまいましたが…タイラバ用両軸リールはシマノが一歩リードしている気がします。

その中でもこの炎月CTはフォールでも誘うという動きを意識して設計された手巻きリール(電動ではありません)で、タイラバ、メバル用の手巻きリールの中ではダントツのオススメです。

鯛でもメバルでもフォール中に当たってくるということは多々ありますが、これまでフォール速度の調節はブレーキの調節、または手動のサミングで行っていたため安定した調節は困難でした。

そこでこの炎月CTでは片手でも調節できるフォールレバー採用でフォール速度を容易かつ正確に制御できるようになっています。

さらにフォール速度や水深が分かるカウンター付きで数値で表示されるため、その日のフォールでのヒットパターンもつかみやすい。

フォールも制御できるこのリールでないと釣れないメバルやマダイもいるかも?

【2020年】シマノタイラバリール「炎月」全4モデル性能比較!コスパに優れるオススメモデルも選んでみた。シマノタイラバリール「炎月」性能の違いを比較してみた シマノのタイラバブランド「炎月」。 ロッドやリールをはじめタイラバヘッドや...
あわせて読みたい