アジング

【2020年】3万円以内!シマノのアジング、メバリングに使えるリール7選とコスパ最強ランキングまとめ。

シマノのアジング、メバリングに使えるリールとは

釣り人A
釣り人A
「アジングとメバリング始めたいんだけど、スピニングリールのラインアップってたくさんあってどれがイイかよく分からない…ちなみに私シマノ党。」
釣り人B
釣り人B
「やっぱり専用リール「ソアレ」シリーズじゃないとダメ?」

こんなお悩み、僕もありました。

穴が開くほどカタログを見ている最近ではだいぶ分かってきましたが、もちろん専用リールじゃないとダメってことはないし、たくさんラインアップがある汎用リールの中にもイイリール、逆に使えないリールがあったり。

高額なリールほど性能が良いのは当たり前ですが、必ずしも自分が重視する性能がアップしているかというとそうではなかったり。

ということで本記事では3万円以内で買えるシマノのアジング、メバリングに使えるスピニングリールをまとめてみました。

自分の釣りに合ったリール探しのヒントになれば幸いです!

結構な長文になってしまってますので、全部読むのが面倒くさい!時間がない!って方は最後の項のコスパ最強ランキングベスト3まで飛んで頂ければ、とりあえず間違いないリールが簡単に選べるかと。

共通仕様

と、リール紹介の前に本記事で紹介するリールの基準を簡単に説明します。

アジング、メバリングは時に1g以下という超軽量ルアーを使用し、またラインも0.3号など超極細ラインを使用する繊細な釣り。

ということでリール本体はある程度の軽量さが必要で、大体200gぐらい以下を基準として選定しています。

またライトソルトゲームに求められる最低限の性能を確保するため、以下仕様を満たしていることも基準としております。

共通仕様
  • Gフリーボディ:リール全体の重心を手元付近にすることで操作性向上、疲労感軽減
  • AR-Cスプール:軽量化されライントラブル減少と飛距離アップしたスプール
  • HAGANE(超々ジュラルミン)ギア:強靭な仕上がりのギアにより滑らかな巻き心地に
  • 海水対応:高性能ベアリングS A-RB(A-RB)の使用、また外装の防腐処理により海水での使用、またシャワー洗浄可能

例えば「セドナ」とか「シエナ」など安価なリールもありますが、上記基準を満たしていないってことで本記事では除外。

マイボ!
マイボ!
「とにかく安ければイイ!で選んじゃうと、後々絶対後悔します。」

特に繊細な釣りであるアジングやメバリングにおいてタックルは最低限以上の性能がないとそもそも釣りにならないことも

ということで前置きが長くなりましたが、以下リール紹介!!

※本文中の実売価格はAmazonでの税込参考価格です。時期により変動しますのご了承ください。

※各リールスペック欄の本体価格は税別表記です。

2017年発売、実売価格約6,000円「サハラ」

  • ボディ材質:高強度樹脂
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ピニオンギア材質:超高強度真鍮
  • スプールリング材質/表面処理:アルミ/アルマイト
  • ラインローラー表面処理:メッキ
  • X-SHIP(※「500」を除く)

「サハラ」の特徴

「サハラ」の特徴
  1. 実売価格約6,000円という安さ
  2. 「500」は175gという軽量さ
  3. 2000サイズは「X-SHIP」搭載で軽やかに巻ける

約6,000円という安さが最大のウリの「サハラ」。

ただ安いだけでなく、「X-SHIP」や「HAGANEギア」、「AR-Cスプール」など搭載し、アジングやメバリングにおいて最低限必要な軽量さや巻きの軽さなど確保。

アジングやメバリングを始めてみたい!とにかくお金をかけずに釣りを楽しみたい!って方には十分使えるかと。

マイボ!
マイボ!
「とりあえずコレ使ってみて、重さとか、巻き心地とか、不足する部分を感じたら上位モデルを考えるのもイイかも」

「500」は「X-SHIP」非搭載でその分軽量化されてる。

注意点として「500」は「X-SHIP」が非搭載であるということ。

ギアの大型化や歯面精度や支持性能をアップして力強く、軽く巻けるようにするこのシステムを非採用とすることで、自重175gと大幅に軽量化されています。

アジング、メバリングにオススメモデル

「X-SHIP」非採用だけど175gと軽量の「500」、少し重くなるけど「X-SHIP」搭載でしっかり巻ける1000サイズの「1000」、2000サイズの「C2000S」辺りがアジングやメバリングには使える。

軽量性をとるか?または「X-SHIP」搭載でリーリング性能をとるか?の選択。

個人的にはアジングやメバリングにおいてのリールは軽量性が最大の武器と思うので「500」がオススメ。

ハイギヤモデルがよければ「C20000HGS」もアリ。

500

ギア比:5.6

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):175

PE糸巻量(号ーm):0.6-185、0.8-140、1-110

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):3/1

本体価格(円):8,500

1000

ギア比:5.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):215

PE糸巻量(号ーm):0.8-240、1-190

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):4/1

本体価格(円):8,500

C2000S

コンパクトボディ、浅溝スプール

ギア比:5.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):220

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

ベアリング数(ボール/ローラー):4/1

本体価格(円):8,500

2016-2018年発売、実売価格約9,000円「ナスキー」

  • ボディ材質:高強度樹脂
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ピニオンギア材質:超高強度真鍮
  • スプールリング材質/表面処理:アルミ/アルマイト
  • X-SHIP(※「500」を除く)
  • コアプロテクト(ボディ)(※「500」を除く)
  • ウォータープルーフドラグ

「ナスキー」の特徴

「サハラ」との違い
  1. 実売価格約3,000円アップ
  2. コアプロテクト搭載(※「500」を除く)
  3. ウォータープルーフドラグ搭載

「コアプロテクト」で防水性能アップ!

撥水処理により水の浸入を抑制する「コアプロテクト(ボディ部)」が新たに採用され、耐久性がアップしました。

非接触ということで回転抵抗も増やさず、また防水効果も長続きする構造。

ドラグノブ部分の防水構造「ウォータープルーフドラグ」も合わせて採用され、リール全体の防水性能がアップしています。

「サハラ」と比較すると基本性能はほぼ同じで、以上の防水機能の違いで約3,000円差

長期間使用したいのであれば、「ナスキー」の方がコスパよくオススメ。

「500」は「X-SHIP」、「コアプロテクト」非採用

また、「ナスキー」も「サハラ」と同じく「500」では「コアプロテクト」「X-SHIP」は非搭載で、ドラグノブ部の防水のみ。

マイボ!
マイボ!
「500はウォータープルーフドラグの追加だけだから、「サハラ」と比べるとちょっとコスパは悪く感じる…」

アジング、メバリングにオススメモデル

「サハラ」と同じようなラインアップ。

「X-SHIP」と「コアプロテクト」非採用で軽量にこだわった「500」、1000サイズの「1000」、2000サイズの「C2000S」がアジングやメバリングにはオススメ。

コチラも同じくハイギヤモデルの「C20000HGS」もあるのでお好みで。

500

ギア比:5.6

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):175

PE糸巻量(号ーm):0.6-185、0.8-140、1-110

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):3/1

本体価格(円):10,400

1000

ギア比:5.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):215

PE糸巻量(号ーm):0.8-240、1-190

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):4/1

本体価格(円):10,900

C2000S

コンパクトボディ、浅溝スプール

ギア比:5.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):220

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):4/1

本体価格(円):10,900

2018年発売、実売価格約12,000円「ソアレBB」

  • ボディ材質:高強度樹脂
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ピニオンギア材質:超高強度真鍮
  • スプールリング材質/表面処理:アルミ/アルマイト
  • X-SHIP(※「500S」を除く)
  • コアプロテクト(ラインローラー、ボディ)(※「500S」を除く)
  • ウォータープルーフドラグ
  • ワンピースベール(ステンレス)
  • ウォームシャフトオシュレーション(※「500S」を除く)
  • アジング専用ドラグ

「ソアレBB」の特徴

「ナスキー」との違い
  1. 実売価格約3,000円アップ
  2. アジング専用ドラグ採用
  3. ステンレスワンピースベール採用
  4. 自重15g軽量化
  5. ベアリング1個追加

アジング、メバリング専用リールということで使える機能がたくさん。

ワンピースベール採用!継ぎ目でラインがこすれる不安解消

まず一つがステンレス素材のワンピースベールが採用されたこと。

これまでの「サハラ」「ナスキー」はべールがいくつかのパーツで構成されていましたが、この「ソアレBB」では1体のベールに。

これにより継ぎ目がなくなり、特に極細ラインを使用するアジングやメバリングにおいては大きな不安の解消に。

マイボ!
マイボ!
「特に0.3号とかの極細PEライン使ってると、このベールの継ぎ目にラインが擦れて高切れの原因になったりすることも。」

アジング専用ドラグ採用でよりシビアな設定可能

アジング専用ドラグということで、実用域(約1kgまで)でより細かなドラグ設定が可能になりました。

釣り人A
釣り人A
「1つ締めるとキツすぎる、1つ緩めるとゆるすぎる…中間ぐらいの設定にしたい!」

従来ではこのような不安があった場合に、このアジング専用ドラグがあれば中間の細かい設定が可能になるというイメージ。

アジング、メバリングにオススメモデル

500S」、「C2000SSPG」、「C2000SSHG」の3つのラインアップ。

アジング、メバリング専用リールだけあってもちろんすべてオススメ。

500S

浅溝スプール

ギア比:5.6

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):160

PE糸巻量(号ーm):0.3-140,0.4-100,0.6-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):4/1

本体価格(円):16,800

C2000SSPG

コンパクトボディ、超浅溝スプール、パワーギアモデル

ギア比:4.3

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):200

PE糸巻量(号ーm):0.6-140,0.8-100,1-70

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):57

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):5/1

本体価格(円):16,800

C2000SSHG

コンパクトボディ、超浅溝スプール、ハイギアモデル

ギア比:6.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):200

PE糸巻量(号ーm):0.6-140,0.8-100,1-70

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):79

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):5/1

本体価格(円):16,800

2017年発売、実売価格約12,000円「アルテグラ」

  • ボディ材質:高強度樹脂
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ピニオンギア材質:超高強度真鍮
  • スプールリング材質/表面処理:アルミ/アルマイト
  • X-SHIP
  • コアプロテクト(ボディ、ラインローラー)
  • ウォータープルーフドラグ
  • ウォームシャフトオシュレーション

「アルテグラ」の特徴

「ソアレBB」との違い
  1. 実売価格はほとんど同じ
  2. アジング専用ドラグ非採用
  3. ステンレスワンピースベール非採用

以上のように「ソアレBB」と比較するとほぼ同額でありながら、スペック的に優れている部分は見えない。

特売価格になっていた!デザインやカラーリングによほどのこだわりがある!とかでなければ「ソアレBB」の方がオススメ

アジング、メバリングにオススメモデル

もっとも軽量で小型の「1000」、浅溝スプールで糸巻量の少ない2000サイズのノーマルギア「C2000S」とハイギア「C2000HGS」の3つがオススメ。

1000

ギア比:5.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):200

PE糸巻量(号ーm):0.8-240、1-190

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):5/1

本体価格(円):15,800

C2000S

コンパクトボディ、浅溝スプール

ギア比:5.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):205

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):5/1

本体価格(円):15,800

C2000HGS

コンパクトボディ、浅溝スプール、ハイギアモデル

ギア比:6.0

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):205

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):79

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):5/1

本体価格(円):15,800

2019年発売、実売価格約18,000円「ストラディック」

  • ボディ材質:アルミ(HAGANEボディ)
  • ローター材質:高強度樹脂
  • ピニオンギア材質:超高強度真鍮
  • スプールリング材質/表面処理:アルミ/アルマイト
  • X-SHIP
  • ウォータープルーフドラグ
  • ウォームシャフトオシュレーション
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • Xプロテクト(ボディ、ラインローラー)
  • ロングストロークスプール
  • ワンピースベール(ステンレス)
  • NEW HAGANEギア

「ストラディック」の特徴

「アルテグラ」との違い
  1. 実売価格約6,000円アップ
  2. 自重約15~20g軽量化
  3. ベアリング1個追加
  4. ボディ材質:高強度樹脂→アルミ(HAGANEボディ)
  5. マイクロモジュールギアⅡ採用
  6. サイレントドライブ採用
  7. Xプロテクト(ボディ、ラインローラー)採用
  8. ロングストロークスプール採用
  9. ワンピースベール(ステンレス)採用
  10. NEW HAGANEギア採用

強靭な「アルミ製HAGANEボディ」が採用されボディ剛性アップしながら軽量化されています。

そしてストラディックはこれだけでなく以下のような新機能が盛りだくさん。

「マイクロモジュールギアⅡ」「サイレントドライブ」「NEW HAGANEギア」で最上位クラス並みのリーリング性能

シマノのスピニングリールフラッグシップ「ステラ」にも採用されているこれらの技術により、より滑らかな回転性能やギア強度を実現。

「コアプロテクト」→「Xプロテクト」の進化で防水性能アップ

「コアプロテクト」の撥水技術に加え、ラインローラー部とボディ部には水が内部に到達しないように関門を加えたラビリンス構造「Xプロテクト」採用。

特にラインローラー部の耐久性は5倍以上だとか(シマノ社従来品比)。

マイボ!
マイボ!
「ラインローラー部はシャリシャリ…っていう異音が出がちな部分だけに、この機能はうれしい」

非接触構造になっているのは従来通りで、回転の軽さは損なわないような構造になっています。

「ロングストロークスプール」「ワンピースベール」、「低摩擦ローラークラッチ」、「新設計ベール開閉機構」…最上位モデル並み。

キャスティング性能アップ、ライントラブル減少、軽い回転性能などにつながる技術盛りだくさん。

マイボ!
マイボ!
「数年前なら最上位モデル級の性能を持ちながら20,000円を切る価格設定で、コスパ優秀なリール思う。」

アジング、メバリングにオススメモデル

1000サイズの「1000S」と2000サイズでノーマルギア「C2000S」、ハイギアの「C2000SHG」の3つがアジングやメバリングにオススメ。

1000S

浅溝スプール

ギア比:5.1

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):185

PE糸巻量(号ーm):0.6-140、0.8-100、1-70

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):64

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):6/1

本体価格(円):25,500

C2000S

コンパクトボディ、浅溝スプール

ギア比:5.1

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):185

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):6/1

本体価格(円):25,500

C2000SHG

コンパクトボディ、浅溝スプール、ハイギアモデル

ギア比:6.1

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):185

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):82

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):6/1

本体価格(円):25,500

2020年発売、実売価格約23,000円「ヴァンフォード」

  • ボディ材質:CI4+
  • ローター材質:CI4+
  • X-SHIP
  • ウォータープルーフドラグ
  • ウォームシャフトオシュレーション
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • Xプロテクト(ボディ、ラインローラー)
  • ロングストロークスプール
  • ワンピースベール
  • NEW HAGANEギア
  • 新設計ベール開閉機構

「ヴァンフォード」の特徴

「ストラディック」との違い
  1. 実売価格約5,000円アップ
  2. 自重約35g軽量化
  3. ベアリング1個追加
  4. ボディ材質:アルミ(HAGANEボディ)→CI4+
  5. ローター材質:高強度樹脂→CI4+

ボディ、ローター素材に軽くて強い「CI4+」が採用され、「ストラディック」と比較して約35gの軽量化

とにかく軽量!!

アジング、メバリングに使える2000サイズとしては150gと本記事内最軽量

ちなみにシマノ最軽量モデルは定価で約2倍の「ヴァンキッシュ」で145g。

ということで最上位モデルに迫る軽量性と言えます。

とにかく高性能!!

「マイクロモジュールギアⅡ」「サイレントドライブ」「NEW HAGANEギア」「ロングストロークスプール」…などこちらも最上位モデル「ステラ」や「ヴァンキッシュ」にも採用されている最新技術が多数。

実売価格2万円台前半でこれだけのスペックのリールが買えちゃうのです。

最上位モデルと何が違うのか?

上記のように「ヴァンフォード」は軽くて高性能。

一方「ステラ」や「ヴァンキッシュ」など最上位モデルだと「ヴァンフォード」の2倍ほどの価格になっているわけですが何が違うのでしょうか?

それは例えば、最上位モデルはボディ素材が金属(マグネシウム)製で、剛性や耐久性に優れていながらさらに軽量であるというのがもっとも大きな点。

それ以外にもスプールリング材質がチタンコーティングされてるとか、「E.I.(超防錆処理)」や「DLCラインローラー」も採用…など細かい部分を究極に突き詰められた仕様になっています。

結論:とにかくコスパ最強!!

アジングやメバリングという釣りの究極を求めて突き詰めると、最上位モデルのリールを導入する必要性はでてくると思います。

ただそうでない場合は、それだけの価格差が実感できるかというと、正直分かりにくいレベルかと。

しかし1万円台のリールと「ヴァンフォード」を比較すると、金額差に対して性能差がかなり大きいため分かりやすいと思います。

そういう意味では「ヴァンフォード」はコスパ最強なリール

アジング、メバリングにオススメモデル

500~1000サイズのラインアップはなく、2000サイズでは「C2000S」と「C2000SHG」の2機種。

C2000S

浅溝スプール

ギア比:5.1

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):150

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69

ハンドル長(mm):40

ベアリング数(ボール/ローラー):7/1

本体価格(円):30,000

C2000SHG

浅溝スプール ハイギア

ギア比:6.1

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):150

PE糸巻量(号ーm):0.6-150、0.8-110、1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):82

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):7/1

本体価格(円):30,000

2017年発売、実売価格約27,000円「ソアレCI4+」

  • ボディ材質:CI4+
  • ローター材質:CI4+
  • ピニオンギア材質:超高強度真鍮
  • スプールリング材質/表面処理:アルミ/アルマイト
  • X-SHIP(※「500S」を除く)
  • ウォータープルーフドラグ
  • ウォームシャフトオシュレーション(※「500S」を除く)
  • コアプロテクト(ボディ、ラインローラー)(※「500S」を除く)
  • ワンピースベール(チタン)(※「500S」はステンレス)
  • NEWマグナムライトローター(※「500S」はマグナムライトローター)
  • リジッド サポートドラグ

「ソアレCI4+」の特徴

「ストラディックCI4+」との違い
  1. 実売価格約6,000円アップ
  2. ベアリング数3個追加
  3. リジッド サポートドラグ採用

「ストラディックCI4+」と比較してベアリングが3個増えたことと、安定した滑らかなドラグ性能を発揮させる「リジッドサポートドラグ」が新たに採用され実売価格は約6,000円アップ。

500サイズは140gという超軽量。だけど…

「ストラディック」シリーズにはない500サイズのラインアップがあり、その自重はなんと驚異の140g!!

「ステラ」とかトラウト用リールより軽く、シマノスピニングリール全ラインアップの中で最軽量モデルとなっています。

マイボ!
マイボ!
「ちなみにダイワの最軽量モデル「イグジスト」や「ルビアス」でも自重150gだからそれらより軽い。」

「X-SHIP」「コアプロテクト」など多数の機能が非搭載になっているものの、軽量性を追求する方であれば迷わずこの1台ですね。

アジング、メバリングにオススメモデル

ギヤ性能や防水性能は劣るけど最軽量モデルの「500S」、2000サイズのローギア「C2000SS PG」、ハイギア「2000S HG」の3つのラインアップ。

ライトソルトウォーター専用機ということでもちろんこれらすべてオススメ。

500S

浅溝スプール

ギア比:5.6

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):140

PE糸巻量(号ーm):0.3-140,0.4-100,0.6-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69

ハンドル長(mm):35

ベアリング数(ボール/ローラー):8/1

本体価格(円):34,200

C2000SS PG

コンパクトボディ、超浅溝スプール、パワーギアモデル

ギア比:4.3

最大ドラグ力(kg):3.0

自重(g):160

PE糸巻量(号ーm):0.6-140,0.8-100,1-70

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):57

ハンドル長(mm):35

ベアリング数(ボール/ローラー):9/1

本体価格(円):34,200

2000S HG

浅溝スプール、ハイギアモデル

ギア比:6.0

最大ドラグ力(kg):4.0

自重(g):180

PE糸巻量(号ーm):0.6-150,0.8-110,1-80

最大巻上長(cm/ハンドル1回転):81

ハンドル長(mm):45

ベアリング数(ボール/ローラー):9/1

本体価格(円):35,300

まとめとコスパ優秀ランキング

シマノのアジングやメバリングに使えて3万円以内で買えるスピニングリール7機種を紹介してきました。

とにかく安い!とかとにかく軽い!など個性豊かなラインアップになっていて、自分の釣りスタイルに合わせて選択することができますが、やはり高額な上位モデルになるほど「強くて軽くて滑らかに巻ける」。

釣り人A
釣り人A
「高額な上位モデルであるほど性能が良い!っていうのは分かるけど、予算が限られていてその中でできるだけイイリールを選びたい…」

ということで最後にコスパに優れるリールランキングベスト3も作ってみました。

新型が出るたび買替するのは予算的に難しい…っていう方は(僕も)この中から選んどけば数年間は活躍すること間違いなし!?

マイボ!的コスパ優秀リール 第3位

コスパ優秀第3位は「ソアレBB 500S」。

軽い回転を実現するギアシステム「X-SHIP」や防水システム「コアプロテクト」などは非搭載ですが、「ウォータープルーフドラグ」でドラグ部は防水構造になっていることと、ピースの継ぎ目がなく細糸がこすれる不安がない「ワンピースベール」、また細かいドラグ設定が可能な「アジング専用ドラグ」などの機能がたくさん、そして何より160gという軽量さが売り。

これだけの性能を持って実売価格約12,000円とコスパ優秀なアジングやメバリング専用リール。

多少重くてもいいから耐久性を重視したい!または糸巻量が多い方がイイ!って方は「コアプロテクト」や「X-SHIP」も搭載の「C2000SSPG」または「C2000SSHG」をドウゾ。

マイボ!的コスパ優秀リール 第2位

「マイクロモジュールギアⅡ」「サイレントドライブ」「NEW HAGANEギア」…など最上位モデル並みの多数の新機能搭載。

さらにアルミボディで高剛性かつ185gと最低限の軽量性。

軽量性、剛性、回転性能など、リールに求められる性能すべてを高次元でバランス良く持っていて20,000円を切っており、コスパ優秀第2位。

マイボ!的コスパ優秀リール 第1位

定価約6万円の軽量リール最高峰「ヴァンキッシュ」に迫る150gと軽量でありながら、「マイクロモジュールギアⅡ」「サイレントドライブ」「ロングストロークスプール」なども採用されて高性能。

これで2万円台前半で購入できるわけですから、コスパ最強なリールと言えるでしょう。

ボディ、ローター素材は「CI4+」で、強度や剛性は金属製には劣りますが、アジング、メバリング用としては十分では。

軽量性を求めるなら「ヴァンフォード」強度や耐久性も重視って方は上記「ストラディック」がオススメ。

 

ということでコスパ最強アジング、メバリングリールは「ヴァンフォード」という結果になりました。

とにかく軽さが重要だ!とか、しょっちゅう買替できないから耐久性が高いリールが欲しい!など人それぞれ重視するところは違うので、あくまで個人的なランキングということはご了承くださいませ。

それではみなさまの良いアジング、メバリングライフを!

ちなみにダイワ編アジング、メバリングコスパ最強リールまとめはコチラ↓

【2020年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール10選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみたダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シ...
あわせて読みたい