アジング

エリアトラウトやアジング、バス釣りなどに。シマノ「フリーゲームXT S64ULS」買ってみたのでレビュー。

フリーゲームXT買ってみた

バスやトラウト、アジング・メバリング、穴釣り…いろんな釣りにロッドを使いまわしたい。

いろいろ検討した結果、シマノ「フリーゲームXT S64ULS」を購入しまして、結論としては満足!

ロッド自体の性能や使いやすさというのはもちろんですが、それ以上によかったことも。

完全に筆者基準のお話ですが、購入に至った経緯や、実際に使ってみたレビューなどを書いてみました。

どうして買ったの?選定基準

まず今回のいろんな釣りに使いまわせるロッド購入にあたっての選定基準。

エリアトラウト用途を重視

まず最重要視しているのは、自分がしている釣りの中で最もライトなエリアトラウト。

自分がよく行く管理釣り場は小規模なため、使用するルアーも1~2gと、エリアトラウトの中でもライトな部類

ということで、この辺の超軽量ルアーが扱えるほどライトな仕様のロッドが求められる。

バス釣りにも使いたい

あまり頻繁には行かないんだけど、ハイシーズンなど年間に数回レベルのバス釣り。

それぐらいの頻度なものだから専用ロッド買うのもなんだかなー…で、兼用してみようってことに。

ただ、上記トラウト用も兼用なので、バス釣りの中でもノーシンカーとかライトリグを使った用途限定

間違ってもビッグベイトや、ハードルアーの使用は無しで。

アジング・メバリングにも

アジングやメバリングなどライトソルトにも使いたい。

まあ、これはスペック的にはエリアトラウトに使えればいけるでしょう。

ただ、波止場などで求められる最低限の全長、自分の場合は大体6ft以上ぐらいは欲しいなというところ。

持ち運びしやすい

上記のようないろんな釣りに使いまわす。ってことで携行頻度も増えるだろうということでモバイルロッド希望

マガリカタガー、スッポヌケー、とかいろんなデメリットも言われがちだけど、筆者の使用する5本継のアジングロッド「月下美人MX」では全然問題なしでしたので、今回も。

アジング、メバリング、トラウトに。ダイワのパックロッド「月下美人MXモバイル 610L-S-5」インプレ。アジング、メバリングに使えるパックロッドは? というたくさんのワガママをかなえてくれるロッドを探していたところ...

筆者は車釣行がほとんどなんですが、なんせ持ち運びに気を使わなくて楽なのです。

候補

以上の条件から以下が候補に。

シマノ フリーゲームXT S64ULS

  • 全長(m):1.93
  • 継数(本):5
  • 仕舞(cm):43.2
  • 自重(g):83
  • 先径(mm):0.8
  • ルアー負荷(g):0.3-6
  • 適合ナイロンライン(lb):1-4
  • カーボン含有率(%):93.4
  • 定価(円):21,500

ダイワ 7 1/2(セブンハーフ)

  • 全長(m):2.29
  • 継数(本):4
  • 仕舞(cm):63
  • 自重(g):85
  • 先径(mm):0.8
  • ルアー負荷(g):1-7
  • 適合ナイロンライン(lb):2-6
  • カーボン含有率(%):95
  • 定価(円):38,800

で、買ったのは「フリーゲームXT S64ULS」

専用のハードケース付き専用のハードケース付き
タテに自立するし、持ち手もあるタテに自立するし、持ち手もある
「S64ULS」仕様「S64ULS」仕様
5本継5本継
仕舞寸法は飛行機内持ち込み可能な43.2cm!!仕舞寸法は飛行機内持ち込み可能な43.2cm!!
ブラックと挿し色にゴールド。デザイン的にはそこまでの高級感はなく、値段相当かと。ブラックと挿し色にゴールド。デザイン的にはそこまでの高級感はなく、値段相当かと。
シマノ定番「CI4+リールシート」シマノ定番「CI4+リールシート」
ネジレを抑制「ハイパワーX」も。ネジレを抑制「ハイパワーX」も。
ステンレスフレームのKガイドステンレスフレームのKガイド
重さもほぼほぼカタログ通り、82g(カタログ数値は83g)。重さもほぼほぼカタログ通り、82g(カタログ数値は83g)。
ケースの内寸はタテ約42.5cmケースの内寸はタテ約42.5cm
ケースのフタは内寸約3.8cmケースのフタは内寸約3.8cm

ケースの内寸は本体が42.5cmとフタが3.8cmですから、足すと46.3cm。

ですから仕舞寸法46~47cmぐらいのモバイルロッドであれば、このケースを流用可能。

ダイワ「月下美人MXモバイル610L-S-5」はギリギリ収納可能ダイワ「月下美人MXモバイル610L-S-5」はギリギリ収納可能

筆者が他に使用しているダイワの「月下美人MXモバイル 610L-S-5」は仕舞寸法47cmですが、ギリギリ収納できました。

車内に転がしておける手軽さ!車内に転がしておける手軽さ!

ケースが割と頑丈なので、多少手荒く扱っても安心というのは高ポイント。

黒×黒。ピシファン「CarbonX」と組み合わせてみた。黒×黒。ピシファン「CarbonX」と組み合わせてみた。

余談ですけど、黒いロッドには黒いリールだ!ってことでピシファン「CarbonX」というAmazonをにぎわす激安リールと組み合わせてみました。

ラインもブラックで統一すると、見た目はカッコいい!

実際の性能などのレビューは↓で。

真っ黒ボディがカッコいい。ピシファンのハイスペックなのに激安スピニングリール「CarbonX 1000S」買ってみたのでインプレ。真っ黒ピシファン「CarbonX 1000S」はアジング、メバリング、エリアトラウトにオススメ 某大手釣り具屋さんでプラプラし...

トラウト

まずは「フリーゲームXT S64ULS」メインの用途として考えていたエリアトラウト。

適合はすこし重めのルアー

適合ルアー重量は0.3g-6gと幅広いのですが、どちらかというと2g以上の重めの方が適正がありそうに感じました。

筆者が主に使用するのは1g台のスプーンなのですが、「フリーゲームXT S64ULS」には軽すぎる

もちろん使えなくはないけど、キャストのしにくさ、超デッドスロー時などの巻き感の悪さなどが目立ってしまいます。

マイボ!
マイボ!
「この辺の超軽量ルアーに関しては、やはりエリアトラウト専用ロッドが使いやすいですね」
適正は2g以上のプラグ系?適正は2g以上のプラグ系?

逆に2g以上のクランクなどハードルアーを使用して、ストップ&ゴーやダートなどアクションを入れる場合は、レギュラーテーパ仕様のトラウトロッドでは難しいシャキッとしたアクションを演出できます。

ブランクタッチはしやすい

ブランクタッチは可能ブランクタッチは可能

アジングなどライトゲームにおいて、感度があがる!or意味ない!論争を常に巻き起こしている(大げさ)「ブランクタッチ」。

筆者はどちらかというとブランタッチ肯定派。

実際に感度が上がるかどうかは分かりませんが、何よりもいつも手持無沙汰になりがちな人差し指のやり場を確定できて、持ちやすい。という点でできるなら迷わずブランクタッチ!

そんなブランクタッチが「フリーゲームXT S64ULS」はリールシートからブランクスまでの距離が短いため、大変やりやすい。

自重は重め

逆に難点としては、エリアトラウト専用ロッドの多くは60~70g台であるのと比較して、「フリーゲームXT S64ULS」は自重82gと若干重い点。

ほんの少しの差に見えますが、実際に使うと結構その差を感じてしまいます。

トータルではGood

エリアトラウト用としては以上のような感想ですが、トータルで見ると少し強めな特性を活かして、重めのルアーを使うとか、アクションを入れる釣りに活躍できそう。

筆者が所有しているエリアトラウト専用ロッドはすべて適合ルアー1g前後のXULのため、イイ感じでキャラ分けできたかと思う。

バス

続いてバス釣りでの「フリーゲームXT S64ULS」インプレ。

適合ルアー重量-6gまでというのは、バスロッドでいうとUL~Lぐらい(シマノの場合)。

ということでフィットするのは、軽量ジグヘッドやノーシンカーでのホバストやミドストといったフィネスな釣り方。

全長も6.4ftとバスロッドの定番の長さでもあるので、ほとんど違和感なく使用できるかと。

穴釣り

続いては、ブラクリ仕掛けにイソメをセットし、テトラの隙間や防波堤の足元に落とす穴釣りでも使ってみた。

穴釣り専用ロッドというものを使用したことがないので、なんとも比較はし難いのですが、筆者の釣りレベルでは特に問題なく、むしろメッチャ使いやすいと感じました。

足元を釣るので6.4ftは少し長く取り回しのしにくさはありますが、軽くキャストする場合はちょうどいいかも。

あと、どちらかというとファストテーパーであるので、アタリがあった際にシャキッと合わせが効きやすいのは穴釣りにおいては高ポイント。

アジング、メバリング

最後にアジングやメバリング。

マイボ!
マイボ!
「何度か実釣で使用したものの、まだ釣れておりませんので浅いレビューではありますが…」

スペック的にはほぼほぼ専用ロッドと変わらないですし、実際に軽量ジグ単、プラグ、マイクロジギングなどどれを使っても特に違和感無し(あくまで筆者の釣りレベルでは)。

フリーゲームXT S64ULS」の適合ルアーウェイトと6.4ftというレングスにあったルアーをチョイスできれば、専用ロッドとそん色なくバリバリ使えそう、という感想でした。

まとめ

以上、シマノ「フリーゲームXT S64ULS」レビューでした。

主にエリアトラウト用、時々アジングや穴釣り、ごくまれにバス釣り、みたいな使い方ができればイイかなー。と思っていましたが、思惑通り。

さらに、付属のハードケースが頑丈であるため、ごちゃごちゃしがちな車内の荷室にもそこまで神経質にならずとも放り込んでおけます。

マイボ!
マイボ!
「片付けしろよ、って話だけど」

車内の天井にロッドホルダーをつけるのがあまり好きではないもので、2本継ロッドなどを荷室に置いたままで何度も破損させたことがある筆者としては、今後購入するロッドはモバイルロッド縛りになるかな、と思っている今日この頃であります。

そんなこんなで、ロッド自体よりもハードケース推しなまとめになってしまいましたが、車内を片付けできない方にはシマノ「フリーゲームXT」、ぜひオススメ!!

あわせて読みたい