ライトジギング(リール)

【2021年】電動ライトジギングに使えるシマノの電動リール。オススメはフォースマスター600

電動ライトジギングに使えるシマノ電動リール

ライトジギングを電動リールで行う電動ライトジギング。

そんな電動ライトジギングに使える電動リールはどんなのがいいのか?

ライトジギングを電動リールで行う電動ライトジギングのメリットとデメリット。電動ライトジギングとは? 今回は電動ライトジギングのお話。 という名前のとおりで解説の必要もないかもしれませんが、最近流...

改めてまとめると…

  • 回収、ファイトが楽
  • 片手操作できる
  • ヒットパターンの再現しやすい
  • 電動ならではのゲーム性
  • 他の釣りに流用しやすい
  • リールが重い
  • ゲーム性が損なわれる(考え方による)
  • 高額である

以上のようなメリット、デメリットを考慮したうえで、電動ライトジギング用リールに求められる性能は以下の通り。

電動ライトジギングリールに求められる性能
  • できるだけ軽量
  • できれば完全片手操作できる
  • フォール→着底→巻上の一連の動作がスムーズにできる

本記事では以上3点に着目してシマノのライトジギングに使える電動リール(1000サイズ未満)「プレイズ」「フォースマスター」シリーズを紹介。

その中でダブルハンドルとシングルハンドルモデルがあるリールもありますが、今回はライトジギング向けということでシングルハンドルモデルのみ紹介しています。

※タイラバとかもしたいからダブルハンドルモデルがイイ!って方はコチラの記事を見てね!↓

【2021年】電動タイラバできるシマノ電動リール「プレイズ」と「フォースマスター」比較。コスパ優秀オススメ2選も電動タイラバできるシマノ電動リール。プレイズとフォースマスター 手巻きでは不可能な完全な等速巻きが可能で、これまでキャッチできなかった...

200サイズ

200サイズはライトジギングには少し弱いかもしれませんが、使い方によっては十分可能!ということでピックアップ。

シマノ フォースマスター200

  • ギヤ比:8.2
  • 最大ドラグ力(kg):5.0
  • 自重(g):395
  • PE糸巻量(号ーm):0.8-270、1-220、1.5-150
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):66
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):7/2/1
  • シマノ巻上力(kg):27
  • 最大巻上速度(m/分):195
  • 本体価格(円):79,500

フォースマスター200の特徴

  • 軽量:〇
  • 完全片手操作:〇
  • 着底→巻上のしやすさ:〇
軽量:〇

自重395g

ダイワも含めて最軽量な電動リール(マイボ!調べ)ってことで〇。

完全片手操作:〇

タッチドライブ搭載

「タッチドライブ」搭載で片手操作はもちろん、1速ごとの微調整もしやすくなりました。

また「タッチドライブ」は仕掛け回収後に船べり停止と同時にスピードもリセットされるため、次回仕掛け時にスピード設定を0に戻す手間がありません。(従来の「スマートダイヤル」は戻す必要あり)

着底→巻上のしやすさ:〇

モーター&クラッチ連動機能、スピードクラッチ搭載

「モーター&クラッチ連動機能」はもちろん、「スピードクラッチ」も搭載されています。

「スピードクラッチ」はクラッチOFF状態から再度クラッチを押すことでクラッチONにできる機能。

ちなみに従来のシマノ電動リールではクラッチを上げるとクラッチONになる「スマートクラッチ」(他フォースマスターシリーズ)、または通常のクラッチと別にプッシュすることでクラッチONになるスイッチがある「クイックリターンクラッチ」(プレイズシリーズ)の設定でした。

これらのシステムに比べて「スピードクラッチ」によりクラッチON動作がよりしやすくなっており、よりスムーズな巻上開始ができるでしょう。

マイボ!
マイボ!
「モーターONのままフォール→着底後即クラッチON(クラッチ押すだけ)→自動的に巻上開始、というようにクラッチ操作のみで釣りができちゃうという便利さ」

小型電動リールであるがゆえに重いジグの使用や大型魚とのやりとりには注意

以上のように操作性の面ではライトジギングに問題はなさそうですが、とはいえ200サイズの小型電動リール。

あまりにも重いジグで激しいジャークを入れたり、大型魚とのやりとりなどにガンガン使用するには少し荷が重いかも。

モーターへの負担も大きく、寿命を短くしかねないのでほどほどに。

400サイズ

続いて400サイズからはプレイズ。

サイズは大きくなっているが、モーター性能は上述の「フォースマスター200」以下であることに注意。

シマノ プレイズ400

  • ギヤ比:5.5
  • 最大ドラグ力(kg):5.0
  • 自重(g):475
  • PE糸巻量(号ーm):2-200、3-150、4-100
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):58
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):5/0/1
  • シマノ巻上力(kg):15
  • 最大巻上速度(m/分):155
  • 本体価格(円):50,000

プレイズ400の特徴

  • 軽量:△
  • 完全片手操作:×
  • 着底→巻上のしやすさ:×
軽量:△

自重475g

自重は475gと電動リールとしては軽量な部類。

たださらに軽量な電動リールも存在するため、△に。

どこまで△判定!?という疑問があるかと思いますので、一応判定基準としては以下のように設定しています。

  • 400g未満→〇
  • 400g以上600g未満→△
  • 600g以上→×
完全片手操作:×

スマートダイヤル、チョイ巻きスイッチなし

片手操作を可能とする巻上方法として、シマノの電動リールの場合「スマートダイヤル」や「チョイ巻きスイッチ」がありますが、「プレイズ400」にはどちらも搭載されていません。

そのため完全片手操作は不可能な機種となっております。

着底→巻上のしやすさ:×

モーター&クラッチ連動機能なし

フォール→着底→巻上の一連の動作の中で、モーターを手動でOFFにしなくてもクラッチを切ると自動でモーターOFFになる「モーター&クラッチ連動機能」などが搭載されていない、という点で×に。

「モーターOFF→クラッチOFF→着底→クラッチON→モーターON」という一連の動作を手動でかつ両手で行う必要があります。

マイボ!
マイボ!
「機能では劣るけど、実売価格約35,000円と安い!という金額面の強みを持っているプレイズ400。片手操作不要な遊漁船なら全然使える!」

やさしく使おう

先ほども書きましたが、400サイズとはいえより小型の「フォースマスター200」よりモーター性能が劣っている点から、あまり重いジグを使用した激しいアクション、大型魚とのファイトには向かない。

マイボ!
マイボ!
「やさしく使ってあげましょうね。」

600サイズ

シマノ プレイズ600

  • ギヤ比:5.5
  • 最大ドラグ力(kg):5.0
  • 自重(g):470
  • PE糸巻量(号ーm):2-300、3-200、4-150
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):59
  • ベアリング数(BB/ローラー):5/1
  • シマノ巻上力(kg):15
  • 最大巻上速度(m/分):155
  • 本体価格(円):52,500

プレイズ600の特徴

  • 軽量:△
  • 完全片手操作:×
  • 着底→巻上のしやすさ:×

基本的には「プレイズ400」の糸巻量が多い版。

その他機能は自重が5g軽く、最大巻上長が1cm長いぐらいでほぼ同じ。

「スマートダイヤル」や「チョイ巻きスイッチ」、「モーター&クラッチ連動機能」などは「プレイズ400」同様搭載されていません

シマノ フォースマスター600/601

  • ギヤ比:5.1
  • 最大ドラグ力(kg):8.0
  • 自重(g):495
  • PE糸巻量(号ーm):2-300、3-200
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):53
  • ベアリング数(BB/ローラー):9/1
  • シマノ巻上力(kg):46
  • 最大巻上速度(m/分):195
  • 本体価格(円):82,000

フォースマスター600の特徴

  • 軽量:△
  • 完全片手操作:〇
  • 着底→巻上のしやすさ:〇
軽量:△

自重495g

「フォースマスター400」より約100g重くなってしまいましたが、その代わりドラグ力やモーターパワーなど大幅にパワーアップ

完全片手操作:〇

タッチドライブ搭載

「タッチドライブ」搭載。

着底→巻上のしやすさ:〇

モーター&クラッチ連動機能、スピードクラッチ搭載

フォースマスター200」同様「モーター&クラッチ連動機能」、「スピードクラッチ」搭載。

800サイズ

シマノ プレイズ800

  • ギヤ比:5.1
  • 最大ドラグ力(kg):10.0
  • 自重(g):615
  • PE糸巻量(号ーm):3-300、4-250
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):70
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):6/2/1
  • シマノ巻上力(kg):49
  • 最大巻上速度(m/分):190
  • 本体価格(円):55,000

プレイズ800の特徴

  • 軽量:×
  • 完全片手操作:△
  • 着底→巻上のしやすさ:×
軽量:×

自重615g

自重600gオーバーと今回紹介する電動リールの中で最重量級。

完全片手操作:△

チョイ巻きスイッチはあるけど…

「チョイ巻きスイッチ」と「クイックリターンクラッチ」により完全片手操作をしようと思えばできますが、そもそも片手操作を前提とされた設計になっていないリール。

自重600gオーバーと相まって片手操作の常用は難しく、一時的なもので思った方が良さそう。

着底→巻上のしやすさ:×

モーター&クラッチ連動機能なし

ほかのプレイズシリーズ同様、「モーター&クラッチ連動機能」はありません

手動でモーター、クラッチのON/OFF動作を都度行う必要があります。

マイボ!
マイボ!
「ただ安いしパワーはそれなりにあるので、大型魚を見据えた両手での電動ジギング用と考えれば使えなくはないリール。ちと重いけど。」

シマノ フォースマスター800

  • ギヤ比:4.4
  • 最大ドラグ力(kg):11.5
  • 自重(g):545
  • PE糸巻量(号ーm):2-470、3-300、4-230、5-180
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):61
  • ベアリング数(S A-RB/BB/ローラー):8/2/1
  • シマノ巻上力(kg):59
  • 最大巻上速度(m/分):190
  • 本体価格(円):79,000

フォースマスター800の特徴

  • 軽量:△
  • 完全片手操作:〇
  • 着底→巻上のしやすさ:△
軽量:△

自重545g

フォースマスターシリーズ最重量とはいえ、500g台ということでギリギリ△。

完全片手操作:〇

スマートダイヤル搭載

新型の「フォースマスター200」や「フォースマスター600」は「タッチドライブ」ですが、800は従来の「スマートダイヤル」搭載ってことで完全片手操作は可能

おそらく次回モデルチェンジで「タッチドライブ」になるんでしょうか。

着底→巻上のしやすさ:△

モーター&クラッチ連動機能搭載

「モーター&クラッチ連動機能」搭載でクラッチ動作に連動してモーター自動ON/OFFしてくれます。

ただ「フォースマスター600」に搭載の「スピードクラッチ」は無し、ということで△に。

マイボ!
マイボ!
「そこまでパワーを必要としないなら新型の「フォースマスター600」の方がトータルで見ると機能的には優れていてオススメ。」

まとめ

以上シマノ電動リールをライトジギングに求められる3つのポイントに注目して見てきましたが、いずれのリールも特徴あり一概にコレ!というのは決めがたいですね。

「フォースマスター」シリーズは高性能だけど金額が高いし、かといって安い「プレイズ」シリーズでもコスパに優れて使えなくもない。

マイボ!
マイボ!
「ちなみに僕はケチって「プレイズ」シリーズを購入しましたが、片手操作しにくいという点で少し後悔…」

(もちろん電動ライトジギングに使えますが、重いし片手操作しにくい、っていうのは大きなデメリット)

ということで主にライトジギングに使う、ということであればできれば奮発して「フォースマスター」シリーズを選択することをオススメします!

特にその中でももっとも新型である「フォースマスター600/601」がコスパに優れます

それなりに軽量ながらパワーもあり、「タッチドライブ」や「スピードクラッチ」など新機能盛りだくさん。

電動ライトジギングのリール選びの参考になれば幸いです!

【2021年】ダイワとシマノのライトゲーム用電動リール20選。価格帯別に比較してみた約6万円以内で買える、ダイワとシマノのライトゲーム用電動リールを価格帯別に比較してみた 電動リールといえば代表的なのはダイワと...
電動ライトジギングに使えるダイワの電動リールを比較してみた。電動ライトジギングに使えるダイワの電動リール ライトジギングを電動リールで行う電動ライトジギング。 以前コチラの記事にてメリット...
あわせて読みたい
アジング

【2021年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール10選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2021年7月20日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみた ダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シ …