タイラバ(リール)

【2021年】ダイワ「紅牙」VSシマノ「エンゲツ」徹底比較!お買い得タイラバリールはどっち?

タイラバリール、ダイワ「紅牙」VSシマノ「エンゲツ」

タイラバ初心者君
タイラバ初心者君
「タイラバ専用リールと言えば「紅牙」と「炎月」っていうブランドがあるけど、どっちがええの?」
マイボ!
マイボ!
「どちらも長所短所あるし、好みもあるから一概にコレ!ってのは言えないけど、同価格帯で比べるとお買い得はコレ!っていうのは見えてくるかもね!」
タイラバ初心者君
タイラバ初心者君
「じゃあ特にこだわりがなければお買い得な方を買う方が良いんやろうね!当たり前やけどそっちにするわ」

ってことで今回は永遠のライバル、ダイワ「紅牙」とシマノ「炎月」のタイラバ専用リール比較をしてみたいと思います。

※ちなみにシマノ公式では「炎月」ではなく「エンゲツ」とカタカナ表記になっておりますが、販売店などではまだどちらも併用されてるようですので当HPでもあえて併記。

【2021年】ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ全3モデル比較と解説。コスパに優れるオススメ紹介も。ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ完全比較! 今回はダイワのタイラバ用リール「紅牙」シリーズについて。 現状「...
【2021年】シマノタイラバリール「炎月」全4モデル性能比較!コスパに優れるオススメモデルも選んでみた。シマノタイラバリール「炎月」性能の違いを比較してみた シマノのタイラバブランド「炎月」。 ロッドやリールをはじめタイラバヘッドや...

「紅牙」と「エンゲツ」のラインアップ

まずそれぞれラインアップを見てみましょう。

ダイワ「紅牙」のラインアップ

紅牙X IC 定価15,000円

紅牙IC 定価38,900円 

紅牙TW ハイパーカスタム 定価54,500円

シマノ「エンゲツ」のラインアップ

炎月BB 定価15,000円

炎月CT 定価28,500円

エンゲツ 定価30,000円~31,500円

炎月プレミアム 定価42,500円

予算別に「紅牙」と「エンゲツ」を比較してみる。

まずタイラバリールを購入するためにまず予算から検討することが多いと思います。

ということで「紅牙」と「炎月」シリーズのそれぞれ同じ価格帯のリールを比較してみます。

まずダイワとシマノそれぞれもっとも安いモデルの「紅牙X IC」と「炎月BB」が同じ定価15,000円。

続いてはシマノ「炎月CT」が定価28,500円、「炎月」が定価30,000~31,500円となっていますが、ダイワにはこの価格帯のラインアップは無し。

ダイワの次のクラスは「紅牙IC」で定価38,900円まで一気にとび、シマノのもっとも高額なモデル「炎月プレミアム」と同じ価格帯となります。

そしてもっとも高額な「紅牙TWハイパーカスタム」(定価54,500円)と同価格帯リールは炎月シリーズにはありません。

よって、予算は問わないからとにかく最高級品を!って方は問答無用で「紅牙TW ハイパーカスタム」を選択すればいいでしょう。

でもそうではない方が多数だと思われる…

マイボ!
マイボ!
「筆者もそうであるが。」

ということで予算別に「紅牙」と「炎月」をそれぞれ比較してみよう!

※ちなみに表題での価格表記はおおよその実売価格を参考にしております。

約10,000円!「紅牙X IC」VS「エンゲツBB」

まずもっとも安いクラス、約10,000円の「紅牙X IC」と「炎月BB」の対決。

同価格帯とはいえ、それぞれ大きくキャラが違うためそこまで悩まないかも?

「紅牙X IC」VS「エンゲツBB」比較

もっとも大きな違いはカウンターの有無

まずもっとも大きな違いとして、水深表示されるカウンターの有無があげられます。

「紅牙X IC」にはカウンターが付いてて、「炎月BB」にはカウンターがありません。

よって、「アタリがあるタナを正確に把握したい」「船長や同船者からカウンター付きリールを持参するよう指示がある」などカウンターが必要な場合は迷わず「紅牙X IC」になりますネ。

「炎月BB」はメッチャ軽い!

またもう1点大きな違いとして、カウンターがないからという理由もあったりで「炎月BB」の方が圧倒的に軽いことがあります。

185gと他社製のタイラバリールと比較してもトップクラスの軽さ。

リールが軽い→感度アップにつながりやすいということで、感度が命のタイラバには重要な要素になります。

しかし裏を返せば実は樹脂ボディであるが故の軽さ。

「紅牙X IC」の方がメタル(金属)フレームで剛性、耐久性が優れる!?

この圧倒的な軽量さを実現できるのはシマノ「CI4+」という樹脂ボディのおかげ

最新技術により軽量かつ剛性や耐久性もアップしていますが、でもなんやかんや言っても剛性、強度は金属には敵わないでしょう。

ってことで「紅牙X IC」の方が金属フレームということで剛性には優れるかも

その他細かいスペックを言うとベアリング数は「紅牙X IC」が1個多い、一方「炎月BB」にはハイギヤモデルがあるなど。

以上このクラスの決め手として簡単に言うと以下の通り。

「紅牙X IC」VS「炎月BB」まとめ
  • カウンター付きが欲しい!→「紅牙X IC」
  • 耐久性、剛性が強いのがイイ!→「紅牙X IC」
  • とにかく軽いリールを!→「炎月BB」

「紅牙X IC」のラインアップとスペック

紅牙 X IC

スペック

  • 巻取長さ(cm):54
  • ギヤ比:4.9
  • 自重(g):240
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-300、1-200
  • ハンドル長さ(mm):100
  • ベアリング(ボール/ローラー):5/1

技術特性

  • スーパーメタルフレーム
  • スーパースプールフリー
  • ラインストッパー

「エンゲツBB」のラインアップとスペック

炎月BB 100PG/101PG

スペック

  • 巻取長さ(cm):59
  • ギヤ比:5.5
  • 自重(g):185
  • 最大ドラグ力(kg):5.5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-200
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):4/1

炎月BB 100HG/101HG

スペック

  • 巻取長さ(cm):77
  • ギヤ比:7.2
  • 自重(g):185
  • 最大ドラグ力(kg):5.5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-200
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):4/1

技術特性

  • CI4+
  • SVS(シマノバリアブルブレーキシステム)
  • カーボンクロスワッシャ
  • スーパーフリースプール
  • S A-RB

20,000円台は「エンゲツCT」または「エンゲツ」(※ダイワ無し)

続いて20,000円台は「炎月CT」または「炎月」のみでダイワにはラインアップ無し、ということで同じシマノで2機種の比較。

大きな違いは「炎月CT」はカウンター付き、「炎月」はカウンター無し。

「エンゲツCT」と「エンゲツ」比較

「炎月CT」にはフォールレバー×カウンター搭載!

※「炎月」はフォールレバーのみ

タイラバ初心者君
タイラバ初心者君
「フォールレバーって何?内臓?」
マイボ!
マイボ!
「一言で言うとフォールスピードを簡単に調節できるやつ。」

通常のベイトリールにはダイヤル式のブレーキというものが付いていてこれである程度フォールスピードは調節することはできますが、微調整が難しかったり思うように制御できないことも。

そこでその制御を簡単にすることができるのが「フォールレバー」なのです。

通常タイラバは基本巻き巻きしてアタリをとる釣りで、巻き巻きスピードを変えたり、巻き巻き中のスカートのひらひら加減を調整したり、「巻き巻き」部分が特に注目されがちでした。

フォールに関してはそこまで意識されることなく、強いて言えば同船者よりできるだけ早く着底させていち早く巻上開始することで真っ先にタイに食べてもらうってことでしょうか。

マイボ!
マイボ!
「とにかく早く落とすってことが重要視されてて、同じ重量、シルエットでも比重が高いため早く落ちるタングステン製タイラバもあったり。」

しかしこういった従来の早く落とすだけではなく、フォールスピードもコントロールすることで、これまで巻き巻きに反応しなかったタイをフォールで誘うことで釣果を伸ばすことができるでしょう!ってシマノでは提唱されています。

「炎月」には「マイクロモジュールギア」搭載で巻き巻き滑らか

一方「炎月」には上記フォールレバーやカウンターは搭載していない代わりに、「マイクロモジュールギア」を搭載。

ギアを小型化し数を増加、より密に配置することによってギアノイズ低減し、感度や強度がアップする技術で、とにかく巻きの滑らかさがスゴイ

 

これら以外に「炎月CT」と「炎月」を比べると、「炎月」の方が自重が30~45g軽量で、ベアリング数も3個ほど多い。

ともに金属ボディであるなどその他スペックはよく似ていて、単純なリールとしての性能だけ見るなら「炎月」、カウンターが欲しいなら「炎月CT」というキャラ分けになっています。

「炎月CT」VS「炎月」まとめ
  • カウンター欲しい!→「炎月CT」
  • 軽いリールが欲しい!→「炎月」
  • 滑らかに巻けるリールが欲しい!→「炎月」

「エンゲツCT」のラインアップとスペック

炎月CT 150HG/151HG

スペック

  • 巻取長さ(cm):78
  • ギヤ比:7.8
  • 自重(g):250
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-400、1-330、1.5-200
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):5/1

炎月CT 150PG/151PG

スペック

  • 巻取長さ(cm):58
  • ギヤ比:5.8
  • 自重(g):250
  • 最大ドラグ力(kg):6
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-400、1-330、1.5-200
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):5/1

技術特性

  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • Xプロテクト
  • カーボンクロスワッシャ
  • フォールレバー
  • エキサイティングドラグサウンド
  • S A-RB
  • LEDバックライト付デジタルカウンター
  • 電池交換OK

「エンゲツ」のラインアップとスペック

エンゲツ 100HG/101HG

スペック

  • 巻取長さ(cm):78
  • ギヤ比:7.8
  • 自重(g):210
  • 最大ドラグ力(kg):4
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-250、1-200、1.5-130
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):8/1

エンゲツ 100PG/101PG

スペック

  • 巻取長さ(cm):58
  • ギヤ比:5.8
  • 自重(g):205
  • 最大ドラグ力(kg):4.5
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-250、1-200、1.5-130
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):8/1

エンゲツ 150HG/151HG

スペック

  • 巻取長さ(cm):78
  • ギヤ比:7.8
  • 自重(g):220
  • 最大ドラグ力(kg):4.0
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-400、1-330、1.5-200
  • ハンドル長さ(mm):60
  • ベアリング(ボール/ローラー):7/1

技術特性

  • マイクロモジュールギア
  • フォールレバー
  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • Xプロテクト
  • カーボンクロスワッシャ
  • エキサイティングドラグサウンド
  • S A-RB

約30,000円!「紅牙IC」VS「エンゲツプレミアム」

続いて約3万円対決、ダイワ「紅牙IC」とシマノロープロ型タイラバリールとしては最高峰の「炎月プレミアム」の比較。

ともにカウンター付きですが、「紅牙IC」は最新モデルならではの新機能たくさん搭載、一方「炎月プレミアム」はフォールレバー搭載というキャラ分け。

「紅牙IC」VS「エンゲツプレミアム」比較

「紅牙IC」は2021年最新モデルならではの新機能盛りだくさん!!

まず「紅牙IC」は2021年発売の最新モデルということで、新機能がたくさん搭載されています。

その目玉はやはりギアやフレーム、クラッチなどの新設計システム「HYPERDRIVEデザイン」。

巻きの滑らかさや強さ、強度、剛性、耐久性など、リールとして求められる基本的な機能を大幅に高め、さらにその初期性能を長く持続させるようなシステムとなっています。

ほかにも110mmまたは130mmというロングハンドルPE0.4号から入力可能な最新ICカウンター、ドラグ音量アップなども。

「炎月プレミアム」はシマノタイラバリール最強モデル

一方「炎月プレミアム」はシマノフラッグシップモデルということで、フォールレバー×カウンター、マイクロモジュールギアまで搭載の最強仕様。

これらと「紅牙IC」の「HYPERDRIVEデザイン」を比較して、一概にどちらの方が優れてる!というのは分からない部分も。

ただ、分かりやすい仕様の差としては、自重が「紅牙IC」の方が20~30g軽量、対して「炎月プレミアム」はベアリング数が8個と多め。

「紅牙IC」VS「炎月プレミアム」まとめ
  • 最新のHYPERDRIVEデザインを体感したい!→「紅牙IC」
  • 軽量、ロングハンドルがイイ!→「紅牙IC」
  • フォールレバーが欲しい!→「炎月プレミアム」

「紅牙IC」のラインアップとスペック

紅牙IC 150P/150PL

スペック

  • 巻取長さ(cm):54
  • ギヤ比:4.8
  • 自重(g):220
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-400、2-200
  • ハンドル長さ(mm):110
  • ベアリング(ボール/ローラー):6/1

紅牙IC 150/150L

スペック

  • 巻取長さ(cm):70
  • ギヤ比:6.3
  • 自重(g):230
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-400、2-200
  • ハンドル長さ(mm):130
  • ベアリング(ボール/ローラー):6/1

紅牙IC 150H/150HL

スペック

  • 巻取長さ(cm):80
  • ギヤ比:7.1
  • 自重(g):230
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-400、2-200
  • ハンドル長さ(mm):130
  • ベアリング(ボール/ローラー):6/1

技術特性

  • ハイパードライブデザイン
  • ハイパーアームドハウジング(フレーム)
  • ハイパードライブデジギア
  • ハイパーダブルサポート
  • ハイパータフクラッチ
  • ATD(オートマチックドラグシステム)
  • LEDバックライト
  • 巻上/落下スピード表示
  • ドラグ引き出しクリック(音量UP)
  • 電池交換可能

「エンゲツプレミアム」のラインアップとスペック

炎月プレミアム 150HG/151HG

スペック

  • 巻取長さ(cm):78
  • ギヤ比:7.8
  • 自重(g):250
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-400、1-330、1.5-200
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):8/1

炎月プレミアム 150PG/151PG

スペック

  • 巻取長さ(cm):58
  • ギヤ比:5.8
  • 自重(g):250
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-400、1-330、1.5-200
  • ハンドル長さ(mm):51
  • ベアリング(ボール/ローラー):8/1

技術特性

  • X-SHIP
  • マイクロモジュールギア
  • HAGANEボディ
  • Xプロテクト
  • カーボンクロスワッシャ
  • フォールレバー
  • エキサイティングドラグサウンド
  • S A-RB
  • LEDバックライト付デジタルカウンター
  • 電池交換OK

とにかく最上級が欲しい人へ。「紅牙TWハイパーカスタム」

紅牙TWハイパーカスタム 4.9R-RM/4.9L-RM

紅牙TWハイパーカスタム 8.6R/8.6L

「紅牙TWハイパーカスタム」はカウンター非搭載のシンプルながらマグシールド搭載のダイワフラッグシップモデル。

冒頭でも説明したとおり、「炎月」シリーズに同価格帯の商品がないためスペック比較は無し。

まとめ

ダイワ「紅牙」とシマノ「炎月」シリーズのリールを比較してきました。

まとめ
  • 1万円台「紅牙X IC」VS「炎月BB」:カウンターの有無
  • 2万円台「炎月CT」、「炎月」:カウンターの有無
  • 3万円台「紅牙IC」VS「炎月プレミアム」:最新システムとフォールレバーの有無
  • 4万円台:「紅牙TWハイパーカスタム」:カウンター、フォールレバー無しで最高額リール

割と価格帯別でカウンターやフォールレバーの有無という大きなキャラの違いで住み分けできてる感じ。

ただ悩むとすれば、どちらもカウンター搭載の3万円台の「紅牙IC」と「炎月プレミアム」か。

「紅牙IC」は2021年最新モデルということもあり、「HYPERDRIVEデザイン」はじめ多数の新機能搭載、一方「炎月プレミアム」はフォールレバー搭載。

タイラバ初心者君
タイラバ初心者君
「個人的には新型の「紅牙IC」推し。」

以上タイラバリールでお悩みの方に、少しでも参考になれば幸いです!

「紅牙」「炎月」シリーズの詳細は以下記事でも消化してますのでよろしければドウゾ。

【2021年】ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ全3モデル比較と解説。コスパに優れるオススメ紹介も。ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ完全比較! 今回はダイワのタイラバ用リール「紅牙」シリーズについて。 現状「...
【2021年】シマノタイラバリール「炎月」全4モデル性能比較!コスパに優れるオススメモデルも選んでみた。シマノタイラバリール「炎月」性能の違いを比較してみた シマノのタイラバブランド「炎月」。 ロッドやリールをはじめタイラバヘッドや...
あわせて読みたい