タイラバ(リール)

【2021年】ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ全3モデル比較と解説。コスパに優れるオススメ紹介も。

ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ完全比較!

今回はダイワのタイラバ用リール「紅牙」シリーズについて。

釣り人A
釣り人A
「紅牙っていろんな種類があってイマイチ違いが分からない…」
釣り人B
釣り人B
「金額が高い方が性能が良い!っていうのは分かるけど、具体的に何がイイの?」

現状「紅牙」リールのラインアップは3種類あって、最安モデルで定価1万円台、最上位モデルで定価5万円オーバーと大きく差があります。

で、そのモデルごとの違いや高額なリールは具体的に何がイイのかという疑問にダイワホームページだけでは分かりにくい部分について比較しながら解説してみました。

必ずしも高額なリールが自分にとって最高だ!とは限らないと思いますので、予算と自分の釣りにマッチしたタイラバリール選びの参考になれば幸いです。

ちなみに主にライトジギング用途である丸型リール(例えばキャタリナとか)のタイラバモデルがあったりしますがそちらは別記事にて紹介してます。

【2021年】ダイワのタイラバに使える丸型リール5選!の中からコスパに優れるオススメリールはコレ!タイラバに使える丸型リール ダイワ編 ダイワのタイラバリールといえば「紅牙」というイメージが強いですが、それだけでなくタイラバ向きの丸...

※本記事は「紅牙」シリーズのベイトリールの紹介記事で、キャスティングタイラバ用のスピニングリールは掲載してません。

※表記の金額はメーカー希望本体価格は税別、実売価格は税込で表記しております。

2021年「紅牙」リールのラインアップ

現状「紅牙」シリーズは以下の通りカウンター付き2機種、カウンターなし1機種の計3種類のラインアップになっています。

紅牙X IC 定価15,000円

紅牙IC 定価38,900円 

紅牙TW ハイパーカスタム 定価54,500円

マイボ!
マイボ!
「カウンターなしモデルが欲しい!という人には定価5万円オーバーの最上位モデルだけというのはちとツラい…」

カウンターなしの安いモデルを狙うなら、ライバルであるシマノの「炎月BB」や「炎月」になるかと。

【2021年】シマノタイラバリール「炎月」全4モデル性能比較!コスパに優れるオススメモデルも選んでみた。シマノタイラバリール「炎月」性能の違いを比較してみた シマノのタイラバブランド「炎月」。 ロッドやリールをはじめタイラバヘッドや...

カウンター付きで約10,000円!「紅牙」シリーズ最安の「紅牙X IC」

2019年発売、カウンター付きながら実売価格約10,000円の「紅牙」シリーズ最安モデル。

紅牙X ICの特徴

約1万円ながらカウンター付き!さらに基本スペックも十分。

「紅牙X IC」最大の特徴は水深表示されるカウンター搭載しながら、約1万円という安価であること。

基本スペックも最大ドラグ力5kgやベアリング数も5個、ダブルハンドルであったりタイラバ用リールとしては十分のスペックを持っています。

「スーパーメタルフレーム」で高強度、高剛性、高耐久!

さらに新型ならではのスゴイところが「スーパーメタルフレーム」という金属のフレームが採用されていること。

これにより剛性がアップし、大物とのやり取りでもリール本体の歪みが減少し巻上のパワーをロスすることなく力強くファイトすることができます。

また、歪み→異音や故障の原因になったりすることもありますが、それらを防止→耐久性アップの役割も。

ただ、金属フレーム+カウンター付きということもあって、タイラバリールとしては若干重めの240g

少しでも軽量さや高感度を求めるなら上位クラスを目指した方がイイかも。

とはいえ数年前であれば2万円以上していたようなスペックで、約1万円としては十分すぎるスペックの「紅牙X IC」でした。

その他の仕様・機能

  • スーパーメタルフレーム:樹脂フレームと比べてより剛性が高いフレーム。歪みやブレを防止し、スムーズで力強い巻き上げが可能に。
  • ラインストッパー:ラインを止めておけるストッパー。わずらわしいレベルワインドへの糸通し作業が不要に。
  • ワンプッシュオンクラッチ:押すことでクラッチONできるスイッチ付き。片手でクラッチON/OFF作業が可能。

ちなみに「紅牙X IC」はローギヤモデルのみのラインアップですが、ほぼ同等機種でハイギヤモデルの「LIGHT SW X IC」というリールもあります。

別記事にて紹介してますので、ハイギヤがイイ!っていう方は見てみてね!

【2021年】「紅牙」以上に充実!?ダイワのタイラバに使えるオススメリール比較(ロープロ型編)ダイワ「紅牙」以外にタイラバで使えるリール比較(ロープロ型編) ダイワのタイラバ用リールといえば「紅牙」シリーズ。 しか...

紅牙X ICのラインアップ

紅牙X IC

  • 巻取長さ(cm):54
  • ギヤ比:4.9
  • 自重(g):240
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):0.8-300、1-200
  • ハンドル長さ(mm):100
  • ベアリング(ボール/ローラー):5/1
  • 定価(円):15,000円

ダイワ新世代HYPERDRIVEデザイン採用で基本機能充実!「紅牙IC」

2021年発売、実売価格は約35,000円

「紅牙X IC」から一気に2万円以上高額にはなりますが、性能も一気にアップ。

紅牙ICの特徴

滑らかギア、高強度フレーム、高耐久クラッチを実現「HYPERDRIVEデザイン」

2021年最新モデルで、初期性能が長く続くことを目指した設計思想「HYPERDRIVEデザイン」というダイワの新基準が採用されています。

見た目が近未来的なデザインであるだけでなく、滑らかで高耐久なギアシステム(ハイパードライブデジギア)やそれを支えるサポートシステム(ハイパーダブルサポート)、高強度な金属(アルミ)フレーム(ハイパーアームドハウジング)、そして固着しにくく高耐久なクラッチシステム(ハイパータフクラッチ)など、すべての基本性能を高める技術でもあります。

なんとも「ハイパー」でスゴそうに見えるけど、見どころは「ハイパードライブデジギア」

「ハイパー…」がいっぱいでなんかスゴそう!!…な技術たちですが、実は名前が変わってるだけという部分も

例えば「ハイパーアームドハウジング」とか「ハイパーダブルサポート」「ハイパータフクラッチ」あたりは2020年モデル以前のリールでも採用されていた技術。

「ハイパーアームドハウジング」と銘打たれている「紅牙IC」も、要はフレーム材質がアルミである、という点では「紅牙X IC」と同じですね。(以前は「スーパーメタルフレーム」という名称)

釣り人A
釣り人A
「じゃあ「紅牙X IC」と比べて何が良くなってるの?」

はい、見どころは「ハイパードライブデジギア」。

これは上位モデルの「紅牙TW ハイパーカスタム」にも採用されていない新しい技術で、滑らかな回転が長く続くギアシステムです。

マイボ!
マイボ!
「巻きが主体のタイラバにおいては重要な性能ですね」

新世代ドラグシステム「ATD」採用!

ドラグシステムの「ATD」=オートマチックドラグシステムが採用になっています。

その「ATD」とは…

  • より滑り出しがスムーズ
  • 柔らかくドラグが効くことにより魚に違和感を与えにくい=無駄に暴れさせない
  • ドラグ設定に関わらず、ドラグにネバリがでてファイト中のドラグ調整の頻度が減る

つまり「ファイト中のドラグ調整を減らし、ラインブレイクを防ぎながら魚を速く獲り込むことができるドラグ」であります。

この最新のドラグシステム「ATD」により、さらに細いラインを使用できたり、より軽量で繊細、高感度なロッドを使うことでも大物とのファイトが可能になります。

実際「紅牙IC」はPE0.4号から入力可能という究極にライトなタイラバに対応できる仕様になっています。

マイボ!
マイボ!
「実際に自分もタイラバはメインラインPE0.4号使用していますが、ブチブチ切れて釣りにならねぇ!なんてことはなく、リールのドラグ性能のおかげか問題ないですね。」

ハイギヤモデルの登場!

紅牙X IC」ではギヤ比4.9のローギアモデルだけでしたが、「紅牙IC」ではギヤ比7.1(巻き取り長さ80cm)というハイギヤモデルが登場しました。

速巻きできるだけでなく、深場や潮流の速いエリアなどで、着底後やフォール中のアタリがあった際にラインスラックを素早く回収できるといったメリットがあります。

逆に従来のローギヤモデルはギヤ比4.8という設定になっており、ダイワの検証の結果もっとも楽に等速巻きがしやすいセッティングになっているとのこと。

110mm or 130mmロングハンドルで快適な巻き巻き

上記ハイギアモデルの登場とも関連してきますが、110mm(ローギヤモデル)や130mm(ハイギヤモデル)というロングハンドルを装備。

従来は100mという長さがスタンダードであったため、かなり長くなっております。

これにより、特にハイギアモデルでも巻き重りすることなく、等速巻きがしやすくなりますね。

その他の「紅牙X IC」から追加で採用されている仕様・機能

  • LEDバックライト:カウンターのバックライト搭載。
  • 巻上、落下スピード表示:スピード表示の感応アップにより、より細かいスピードコントロールが可能に。
  • デプス(深度)アラーム:10m毎にアラームを鳴らすことが可能で、カウンターから目を離してもある程度の水深が把握できる。
  • ドラグ引き出しクリック(音量UP):ドラグが引き出されると鳴るドラグ音、少し音量アップ!
  • 電池交換可能:自身で簡単に電池交換可能。交換時に糸の入力のやり直し必要なし。

以上のように基本スペック充実+最新機能たくさんついてる「紅牙IC」。

「紅牙X IC」から大幅に金額はアップしてしまいますが、最新モデルならではの新機能もたくさん、基本機能充実してますから本格的なタイラバを楽しみたいならぜひ。

紅牙ICのラインアップ

紅牙IC 150P/150PL

  • 巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転):54
  • ギヤ比:4.8
  • 標準自重(g):220
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-400 , 2-200
  • ハンドル長さ(mm):110
  • ベアリング(ボール/ローラー):6/1
  • メーカー希望本体価格(円):38,900

紅牙IC 150/150L

  • 巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転):70
  • ギヤ比:6.3
  • 標準自重(g):230
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-400 , 2-200
  • ハンドル長さ(mm):130
  • ベアリング(ボール/ローラー):6/1
  • メーカー希望本体価格(円):38,900

紅牙IC 150H/150HL

  • 巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転):80
  • ギヤ比:7.1
  • 標準自重(g):230
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1-400 , 2-200
  • ハンドル長さ(mm):130
  • ベアリング(ボール/ローラー):6/1
  • メーカー希望本体価格(円):38,900

マグシールド+ハイパーアームドハウジング+TWS!紅牙シリーズ最強「紅牙TW ハイパーカスタム」

2018年発売、実売価格は約45,000円。

リール「紅牙」シリーズ最高額にして最強モデル。

紅牙TW ハイパーカスタムの特徴

カウンター無しモデルだけど、軽量性と耐久性に優れる!!

これまでのICカウンター搭載の紅牙2機種と異なり、カウンター無しの「紅牙TW ハイパーカスタム」。

「紅牙IC」と同じ「ハイパーアームドハウジング」採用ですが、フレームだけでなくメインハウジングとサイドプレートも金属(アルミ)製になりさらに強度、剛性アップ。

ほかにベアリング数が「紅牙IC」の6個から一気に倍増し12個に

そしてカウンターが無い分軽量で、ダイワ「紅牙」シリーズ最軽量の205gとなっており、軽量性と耐久性に特化したリールとなっております。

ダイワ自慢の「マグシールドボールベアリング」採用!

この「紅牙TW ハイパーカスタム」最大の売りはピニオンギヤ部に「マグシールドボールベアリング」が採用になったこと。

※ピニオンギヤ=スプール側の軸にあるギヤで、ハンドル側にあるメインギヤと噛み合う構造になっている。

つまりボールベアリング部にオイルの壁を作ることで海水やほこりを遮断、軽く滑らかな初期の回転性能を長期間維持できる構造です。

ダイワアフターサービス部門いわく、回転耐久性150%アップし砂や塩によるベアリング不具合による修理がほとんどなくなったとのこと。

マイボ!
マイボ!
「クチコミを見ているといろいろと良くない意見もあったりはしますが。

ただ実際僕が使ってるマグシールド搭載リールは海水水没後(一瞬だけど)流水洗いのみ、1年以上経過後も異音がでたりすることなく滑らかに回転してくれています。アタリハズレはあるんでしょうねー。」

「TWS」で素早くフォール!

ほかに「TWS(T-ウイングシステム)」を採用、ライン放出性能アップとライントラブル減少が見込まれます。

これはレベルワインドがT字型になっており、フォール時(クラッチOFF)は幅広部分を通ってラインが放出され、リトリーブ時(クラッチON)時はラインがT字の下部の狭い溝を通っることでタイトで平行に巻き取りができます。

素早いフォールを可能にするだけでなく、ちょっとしたキャスティング時にも性能を発揮しますね。

その他の「紅牙IC」から追加で採用されている仕様・機能

  • タフ&リジッドクラッチシステム:クラッチON時にスプールピンを受ける溝を十字型にすることにより、より精密なクラッチON/OFF、耐久性もアップ。
  • ソルトバリヤタフクラッチ:塩分や電触によるクラッチ固着などの作動不良を防止するための電触防止クラッチシステム。
  • 大径クリック付きメカニカルブレーキノブ:大型サイズ、クリック音付で操作、調整しやすいブレーキノブ。
  • 大径&ロングアームスタードラグ:リールを握っている手の中指が届く大きなドラグ。片手でドラグ操作することでラインスラックを取ることができる。
  • ドラグ調整引き出しクリック:ドラグ調整時やファイト中にドラグが作動した際に大きめのクリック音が鳴る構造。

「紅牙IC」から実売価格約10,000円のアップになりますが、カウンターはいらないから軽量で基本性能に優れるリールが欲しい!そんな方には「紅牙TW ハイパーカスタム」がオススメ。

マイボ!
マイボ!
「ボディがピンク色のカラーリングは好みが分かれる所でしょうか!」

紅牙TW ハイパーカスタムのラインアップ

紅牙TW ハイパーカスタム 4.9R-RM/4.9L-RM

  • 巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転):52
  • ギヤ比:4.9
  • 標準自重(g):205
  • 最大ドラグ力(kg):6
  • 標準巻糸量PE(号-m):1.0-300 , 1.5-180
  • ハンドル長さ(mm):100
  • ベアリング(ボール/ローラー):12/1
  • メーカー希望本体価格(円):54,500

紅牙TW ハイパーカスタム 8.6R/8.6L

  • 巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転):91
  • ギヤ比:8.6
  • 標準自重(g):205
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • 標準巻糸量PE(号-m):1.0-300 , 1.5-180
  • ハンドル長さ(mm):100
  • ベアリング(ボール/ローラー):12/1
  • メーカー希望本体価格(円):54,500

まとめ

以上リール「紅牙」シリーズの機能と金額を比較してきました。

リール「紅牙」シリーズまとめ
  • とにかく安くてカウンター付き→「紅牙X IC
  • ハイパーなギアシステムやATD搭載の本格派→「紅牙IC」
  • カウンター無し、軽量性と剛性、強度、耐久性に優れる→「紅牙TWハイパーカスタム」

それぞれの性能や金額などを比較してきましたが、やはり高額になるにつれて剛性や耐久性、巻きの滑らかさ、感度などがアップします。

カウンターありorなし、などキャラクターが大きく違う部分もあるので一概にコレがイイ!とは言えませんが、「コスパに優れるリール」を挙げるとすれば「紅牙IC」。

約35,000円とそれなりに高額ではありますがカウンター付き、ハイパードライブデザインで回転性能や高剛性、高耐久、そしてドラグシステムなど最新モデルならではの高機能。

以上「紅牙」シリーズまとめ、タイラバリール選びの参考になれば幸いです!

 

シマノ「炎月」シリーズのリールまとめもアルヨ↓

【2021年】シマノタイラバリール「炎月」全4モデル性能比較!コスパに優れるオススメモデルも選んでみた。シマノタイラバリール「炎月」性能の違いを比較してみた シマノのタイラバブランド「炎月」。 ロッドやリールをはじめタイラバヘッドや...
【2021年】ダイワ「紅牙」VSシマノ「エンゲツ」徹底比較!お買い得タイラバリールはどっち?タイラバリール、ダイワ「紅牙」VSシマノ「エンゲツ」 ってことで今回は永遠のライバル、ダイワ「紅牙」とシマノ「...
あわせて読みたい
アジング

【2021年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール10選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2021年7月20日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみた ダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シ …