タックル兼用シリーズ

落とし込み(ノマセ)釣り用タックルを流用してジギングができるか検証!オススメのロッドとリールの紹介。

落とし込み(ノマセ)釣り用タックルを流用してジギングできる?

主にブリ、カンパチなど青物や根魚などを釣る方法のひとつである落とし込み(ノマセ)釣り

釣り人A
釣り人A
「同じ青物狙いなら落とし込み釣り用のタックルをジギングに使えないの?」

例えば落とし込み釣りをメインに考えて出船したものの、以下のような状況ってきっとあるはず。

落とし込み釣りあるある
  • ベイトであるイワシやアジがかからない…
  • 魚が広範囲に散らばっててジギングの方が食いがイイ…

こんな状況になるとベイトがまず針にかからないと始まらない落とし込み釣りではお手上げ状態。

そんな時に同じタックルを流用してジギングができれば釣果もあがるハズ!?ってことで本記事の趣旨、落とし込み釣りタックルを代用して同じターゲットで違う釣法であるジギングができるか検証してみたいと思います。

ちなみに以前ジギングタックルを代用して青物落とし込み釣り(ノマセ釣り)ができるかという記事もありましたが、今回はその逆。

ジギングタックルを流用して青物落とし込み(ノマセ)釣りはできるのか!?オススメタックル紹介もジギングタックルを流用して青物落とし込み(ノマセ)釣りはできるのか!? そんな時手持ちのジギングタックルで仕掛けだけ変...

青物落とし込み(ノマセ)釣り用タックルとジギングタックルの違い

では早速青物落とし込み釣り用タックルとジギングタックルの違いを検証していきます。

まず青物落とし込み釣りはベイトとなるアジやイワシをフォールで掛けることも多いです。

フォール中のアタリをとったりフォール速度の調節が難しいスピニングタックルでは青物落とし込み釣りをするのは厳しいため、ベイトリールを使用するのが基本となります。

ということで兼用するジギングタックルの中でもベイトタックルで比較をします。

ロッドの違い

青物落とし込み釣り用ロッドは数メーカーから種類は少ないものの専用ロッドが販売されています。

大まかな仕様の違いは以下の通りです。

全長

  • 落とし込み:約2.1m~2.4m
  • ジギング:約1.8m前後(約6フィート前後)

竿の曲がり方(テーパー)

  • 落とし込み:スローテーパー(胴調子)
  • ジギング:ファースト~スローテーパ(先~胴調子)

素材

  • 落とし込み:カーボン+穂先グラス(穂先がチタンもあり)
  • ジギング:カーボン

自重

  • 落とし込み:300g前後
  • ジギング:200g弱

(マイボ!調べ。すべての商品がこの仕様に該当するわけではありません)

以上のように、同じ青物狙いとはいえすべての項目で仕様が結構違います。

マイボ!
マイボ!
「アクションをつけて誘う釣りと小さなベイトを掛けて待つ釣りと相反しているので当然といえば当然かもしれませんが。」

ではジギングに流用しやすい落とし込み釣りロッドはどんなものでしょうか?

ジギングに流用しやすい落とし込み釣りロッドとは?

先ほどの仕様の違いをそれぞれ見ながら、ジギングに流用しやすい落とし込み釣りロッドとはどんなものか見てみましょう。

まず全長

ジギングは1.8m前後が主流ではありますが、スロージギング用だと2.4m近くという長いロッドもあります。

スロージギングはフォール中のあたりを取る釣りなので、ロッドが長いほどフォールを大きくとれるため有利なワケです。

落とし込み釣りは2mちょっとのロッドが主流ですから、ジギングロッドの中でもスロージギング用の仕様に近い

全長が長い落とし込み釣りロッドはスロージギング向き

続いてテーパー

落とし込み釣り用ロッドはベイトとなる小魚を自然に掛け、それを青物などに自然に食わせる必要があるため基本的にスローテーパーであります。

一方ジギングロッドはファーストからスローまで幅広いラインアップがあります。

ジギングにおいて使用するジグ、アクションによって一長一短あるため、それに合わせて選択することになります。

ちなみにスロージギング用ロッドは落とし込み釣りロッド同様、スローテーパーモデルが多いです。

スローテーパー=スロージギング向き

最後に自重。

ジギングは手持ちでアクションをつける釣りのため軽いほうが絶対に有利、ということで平均軽めのロッドになっています。

いっぽう落とし込み釣り用ロッドは電動リールを使用して置き竿することも多く、軽さはそこまで求められません。

ということで流用するならできるだけ軽めのロッドがジギングに向いています

落とし込み釣りロッドの中でもできるだけ軽量であるほうがジギングしやすい

以上ロッドについてまとめると落とし込み釣り用ロッドはスロージギングロッドに仕様的には近く(こじつけ感はありますが…)、ジギングをするならガンガンシャクるジギングよりスロージギングに向いている、ということになります。

リールの違い

リールは一般的に青物落とし込み(ノマセ)釣りは電動リール、ジギングはジギング専用リールを使用します。

ということで今回は落とし込み釣り基準ということで電動リールを使用する前提

つまり電動リールでジギングをする=電動ジギング

電動ジギングというのは中深海の根魚釣りなど水深が深いポイントや対象魚がかなり大型の魚であるイメージがあります。

しかし最近は片手で扱えるような小型で軽量な電動リールもたくさん発売されており、比較的水深の浅いポイントや小型の青物などを対象としたライトジギングにも電動リールを活用することが可能。

ということで電動リールを使った電動ジギングをするなら流用は可能でしょう。

まとめ 落とし込み(ノマセ)釣りタックルを流用して(スローな)ジギングはできる!

以上の結果、電動リールを使用したスロージギングなら可能という結論になりました。

まとめ
  • ロッドの仕様的にスローピッチのジギングをするなら可能
  • 逆にハイピッチアクションは長さ、調子、重さ的に難しい
  • ロッド選びはできるだけ軽量でスロージギングロッドの仕様に近いものがなおよし
  • リールは小型軽量電動リールで電動ジギングすればOK!

スロージギングはもともと中深海などで行われるジギングというイメージでしたが、比較的浅場の近海の小型青物狙いでも広まっている釣り方。

落とし込み(ノマセ)釣りをしようと出船したものの、ベイトが見つからない、掛からない、ジギングが有利…そんな時応急的に落とし込み(ノマセ)釣り用タックルを代用してジギングをするというのもアリかも!?

マイボ!
マイボ!
「落とし込み釣りロッドはジャークなどアクションに対応した設計ではないため、激しいアクションなどで折れないよう注意してください」

ジギング兼用にオススメの落とし込み(ノマセ)タックル

最後にジギングに兼用できるオススメの落とし込み釣り用タックルの紹介。

オススメのロッド

ロッドは先ほどの通り、スロージギングロッドに近くてできるだけ軽量なロッドが代用しやすい。

ということで兼用にオススメのロッド3種を紹介。

アルファタックル 海人 落とし込み 200 73Light

こちらもほぼ2万円と安価ながらまさかの自重150g!

ジギングロッドをも超える軽さを実現しております。

その分ライトな仕様ですが、おもり負荷100号までと近海釣りでは十分。

ジギングにおいても7:3調子で操作性も抜群

カーボン割合も80%と多く、ルアーロッドの仕様にかなり近くなっていてジギングに代用できる今回一番のオススメロッドです。

ダイワ ゴウイン アオモノ S-215・E

全長2.15m、自重275g、おもり負荷30-120号で、落とし込み釣りロッドの中でも軽量でライトな仕様のロッド

ライトとはいえ100g以上のジグも使用することは可能でスローに動かしたら性能を発揮しそう。

また6:4の超粘調子で大物を掛けた後もその名の通り強引にやり取りしても取り込めるパワーも持っています。

バレーヒル(船匠) ハイパー落とし込み210

実売2万円ちょっととうれしい価格の落とし込み用ロッド。

仕様は2.1m、自重275g、おもり負荷150号まで。

7:3という落とし込み釣り用ロッドの中では先調子モデルで、ジギングするには扱いやすいでしょう。

値段も安めなのでガンガン代用できそう。

オススメのリール

続いてジギングに流用しやすいオススメリール。

落とし込み釣りにもジギングにも使用するならやはり小型軽量電動リールがオススメ、ということで以下幅広く使える2機種を紹介します。

シマノ フォースマスター800

小型のアジ、イワシから10kgクラスの青物までOKのなんでもアリ電動リール。

シマノ独自のカーボン素材「CI4+」により約20%のボディ軽量化(自重545g)やマイボートオーナは特にうれしい片手操作可能な「SMARTCONTROL」、「超微変速制御」はジギングでも有効な場面もあるでしょう。

「モーター&クラッチ連動機能」で着底直後に即巻上スタートできる点もジギングに有利

まさに落とし込み釣りにもジギングにも最適な1台。

ダイワ レオブリッツ300J

フォースマスター800より少しお安い(4万円台中盤)のダイワの電動リール。

自重545gは同じですが、最大ドラグ力が10kgと少し落ちます(フォースマスター800は11.5kg)。

こちらも片手操作可能なJOGパワーレバーや、モーター部にはハイパワーを生み出すマグマイト構造も搭載。

ATD(オートマチックドラグシステム)」は魚の引きに応じてスムーズにテンションを変化させ、滑らかに効き続ける理想的なドラグシステムも新採用されています。

こちらも落とし込みにもジギングにも、小型~中型青物と幅広く対応できる1台。

【2020年】ダイワとシマノのライトゲーム用電動リール22選。価格帯別に比較してみた約6万円以内で買える、ダイワとシマノのライトゲーム用電動リールを価格帯別に比較してみた 電動リールといえば代表的なのはダイワと...
電動ライトジギングに使えるシマノの電動リール。オススメはフォースマスター600電動ライトジギングに使えるシマノ電動リール ライトジギングを電動リールで行う電動ライトジギング。 そんな電動ライトジギングに使え...
電動ライトジギングに使えるダイワの電動リールを比較してみた。電動ライトジギングに使えるダイワの電動リール ライトジギングを電動リールで行う電動ライトジギング。 https://myboat...
あわせて読みたい
アジング

【2020年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール10選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2020年11月20日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみたダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シリー …