タイラバ(ロッド)

【2021年】エバーグリーン、がまかつ、テンリュウのタイラバロッドまとめ。ちょっと高いけど個性的!

タイラバロッドはいろんなメーカーから発売されています

釣り人A
釣り人A
「タイラバロッドが欲しい!」

そんな方はまずダイワやシマノのカタログを見ることが多いと思います。

(ダイワやシマノに格別マイナスイメージがない方は)

釣り人A
釣り人A
「でもダイワやシマノにしっくりくるロッドがない!」

今回はそんなマニアックでこだわりのある方にその他のメーカーのタイラバロッドをご紹介します。

「がまかつ」など釣りしている方なら誰でも知っているようなメーカーばかりですが、「タイラバロッドも扱ってる」って聞くと意外かも。

最安でも定価3万円オーバー、さらにダイワやシマノに比べて値引き率も厳しく割と高額な商品が多いですが、その分こだわりを持ったロッドたち。

高額だったら誰がどんな状況で使っても性能が良くてよく釣れる!というわけではなく、メーカーや製品によってある部分にこだわって設計されているということです。

そのこだわりと、自分のしたい釣り方やフィールドにマッチすればきっと大活躍してくれるでしょう!

エバーグリーン

ブラックバス、エギングなどのルアー製品専門のエバーグリーン。

タイラバロッドに関しては積極的に「掛ける」タイラバを提唱しています。

エバーグリーン スパリッドマスター

香川県の遊漁船「POSEIDON」の船長でもあり、エバーグリーンプロスタッフである林裕士さん監修の、いち早く「掛ける」タイラバを実現させるためのロッド。

いち早く掛けると言っても「魚信を感じたら即、早合わせする」とは少し意味が違います。フックポイントが立っている感覚(「カッ」では無く、「ググッ」とくる重さ)を感じとったら、瞬時にフックを貫通させてやる。すなわち確実にフックが立つ感覚を感じ取れるティップ、感じてからフッキングまでの動作を瞬時に行える軽快でハイバランスなロッドセッティング、そしてしっかりフッキングを決め鯛を浮かすブランクパワー、この三位一体を追求して生まれたロッドがスパリッドマスターです。

引用元:エバーグリーンホームページより

というティップ、ロッドセッティング、ブランクパワーの3点に深いこだわりをもって作られています。

タフタイプレジンを使用した高強度ソリッドティップ!

ソリッド部分を短くし、ソリッドティップとチューブラーブランクスの両方の良さを活かせるセッティング

小さなアタリをいち早くとらえることができ、さらにそのアタリを弾かずフッキングに持ち込みやすいような設計になっています。

軽量かつ重心がリールシート付近にありバランスがイイ!

98g~117gという軽量さに加え、重心をリールシート付近にすることでさらに軽く感じるようなバランスが良いセッティングになっています。

重心について言及されているタイラバロッドって珍しくて、バランスにこだわって設計されているのはスゴイことだと思います。

軽量=感度の良さに繋がりやすいため、タイラバにおいてこれはポイント高いですね!

先調子でありながらブランク中心までしなやかに曲がることでパワーを発揮!

先の方から曲がり始めて、真鯛が掛かってからは胴部分からしっかりしなやかに曲がる、という設計。

しっかりしたロッドの根元付近のパワーを活かすことで真鯛を浮かしてくることができます。

スパリッドマスターまとめ

軽量さ、繊細さ、パワーなどのバランスにこだわって設計されたロッド

タイラバロッドって結構奥が深くて、「単純に感度を求めて軽けりゃイイ!」または「とにかく大鯛を狙ってパワーがありゃいい!」っていうものでもないですよね。(タイラバロッドに限りませんが)

マイボ!
マイボ!
「結局小さなアタリをとれる感度、アタリをとってしっかりフッキングさせるパワーなどバランスがもっとも重要。」

そのバランスにこだわって設計されているのが「スパリッドマスター」でありますが、そのバランスの良さを活かせるかどうかは使用するフィールドや使用するタイラバなどによります。

深場や重いルアーなど、適正を超えた使い方ではせっかくのこだわって設計されたバランスを活かしきれない可能性があります。

「スパリッドマスター」は平均ライトな設計で、瀬戸内海など潮流や波が緩やかなフィールドで活躍してくれるでしょう!

スパリッドマスターのラインアップ

PSMC-66L/MLST

  • ベイトモデル(ソリッドティップ)
  • ライト/ミディアムライト
  • 全長:1.98m
  • 自重:117g
  • 適合ルアー:40~150g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:60,000円

PSMC-68UL/MLST

  • ベイトモデル(ソリッドティップ)
  • ウルトラライト/ミディアムライト
  • 全長:2.03m
  • 自重:105g
  • 適合ルアー:40~80g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:60,000円

PSMS-70L/M

  • スピニングモデル
  • ライト/ミディアム
  • 全長:2.14m
  • 自重:110g
  • 適合ルアー:30~70g
  • 適合PEライン:0.8-1.5号
  • 定価:60,000円

PSMS-68UL/MLST

  • スピニングモデル(ソリッドティップ)
  • ウルトラライト/ミディアムライト
  • 全長:2.03m
  • 自重:98g
  • 適合ルアー:40~80g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:59,000円

がまかつ(ラグゼ LUXXE)

がまかつと言えば磯釣りや鮎釣りなどエサ釣り用具のイメージ(個人的に)がありますが、ルアー部門としてラグゼというブランドがあります。

こちらもがまかつ同様割と高額で、その分高性能な商品ラインアップになっています。

桜幻(おうげん) 鯛ラバーS

2020年発売。

定価2万円台とラグゼブランドのタイラバロッドとしては最安モデル。

ソリッドティップで繊細×高感度

「桜幻鯛ラバーS」は全モデルソリッドティップ採用。

より細身の穂先で繊細かつ高感度な仕様となっています。

スパイラルガイド採用でライントラブル抑制!

リール付近は上向き→穂先に向かうにつれ下向きに変わるガイド「スパイラルガイド」採用。

シマノでもよく採用されている形でもありますが、糸がらみの防止やスムーズにラインが放出できる、などのメリットがあります。

以上、目立って特筆すべき特徴というのもそこまで多くはないですが、ラグゼブランドの中ではお手頃価格のスタンダードモデル。

桜幻(おうげん) 鯛ラバーSのラインアップ

B68UL-solid

  • ベイトモデル
  • ウルトラライト
  • 全長:2.03m
  • 自重:120g
  • 適合ルアー:30~80g
  • 適合PEライン:0.5-1.0号
  • 定価:25,000円

B68L-solid

  • ベイトモデル
  • ライト
  • 全長:2.03m
  • 自重:125g
  • 適合ルアー:40~100g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:25,500円

B68ML-solid

  • ベイトモデル
  • ミディアムライト
  • 全長:2.03m
  • 自重:130g
  • 適合ルアー:60~150g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:26,000円

桜幻(おうげん) 鯛ラバーX

「TORAYCA T1100G」、「ナノアロイ」採用で高強度かつ軽量化!

東レが開発した最新カーボン素材を使用することで軽量化を実現、さらにパワーや追従性も兼ね備えています。

先径も0.8mmと極細でまさに細身軽量超高感度モデル。

「チタンフレームトルザイトリングガイド」で安定した巻き巻き

ほかにチタンフレームトルザイトリングガイドを採用することで小型軽量化、穂先のブレも軽減することで安定した巻きがしやすくなっています。

価格は「桜幻鯛ラバーS」のおよそ2倍に跳ね上がりますが、高強度、高感度、軽量とロッドに求められる性能すべてにおいて性能アップ。

桜幻(おうげん) 鯛ラバーXのラインアップ

B69UL-solid.R

  • ベイトモデル
  • ウルトラライト レギュラーアクション
  • 全長:2.06m
  • 自重:105g
  • 適合ルアー:30~90g
  • 適合PEライン:0.5-1.0号
  • 定価:53,000円

B69L-solid.R

  • ベイトモデル
  • ライト レギュラーアクション
  • 全長:2.06m
  • 自重:110g
  • 適合ルアー:40~120g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:53,500円

B69ML-solid.F

  • ベイトモデル
  • ミディアムライト ファストアクション
  • 全長:2.06m
  • 自重:115g
  • 適合ルアー:60~150g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:54,000円

桜幻(おうげん)鯛ラバーR

スピニングモデル、Mパワーモデル、ショートモデル…ラインアップが豊富に

2021年に新たにラインアップされた「桜幻鯛ラバーR」。

スピニングモデルやドテラタイラバに対応するMパワー、また6ftというショートモデルなど、ラインアップが豊富になりました。

「桜幻鯛ラバーX」並みの軽量性

価格は上記「桜幻鯛ラバーX」より定価で1万円ほど安く「TORAYCA T1100G」や「ナノアロイ」などは採用されていませんが、ベイトモデルで自重104~110gと同等クラスの軽量性を持ちます。

また先径も0.9mmと細く「細身軽量高感度モデル」として、コスパに優れるロッドでは。

桜幻(おうげん) 鯛ラバーRのラインアップ

B66UL-solid.R

  • ベイトモデル
  • ウルトラライト レギュラーアクション
  • 全長:1.98m
  • 自重:104g
  • 適合ルアー:30~90g
  • 適合PEライン:0.5-1.0号
  • 定価:43,000円

B66L-solid.R

  • ベイトモデル
  • ライト レギュラーアクション
  • 全長:1.98m
  • 自重:105g
  • 適合ルアー:40~120g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:43,500円

B66ML-solid.F

  • ベイトモデル
  • ミディアムライト ファストアクション
  • 全長:1.98m
  • 自重:110g
  • 適合ルアー:60~150g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:44,000円

B60M-solid.F

  • ベイトモデル
  • ミディアム ファストアクション
  • 全長:1.83m
  • 自重:109g
  • 適合ルアー:60~180g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:44,500円

S64M-solid.RF

  • スピニングモデル
  • ミディアム レギュラーファストアクション
  • 全長:1.93m
  • 自重:98g
  • 適合ルアー:40~180g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:45,000円

S65ML-solid.F

  • スピニングモデル
  • ミディアムライト ファストアクション
  • 全長:1.96m
  • 自重:93g
  • 適合ルアー:30~150g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:44,500円

S60MH-RF

  • スピニングモデル
  • ミディアムヘビー レギュラーファストアクション
  • 全長:1.83m
  • 自重:96g
  • 適合ルアー:40~200g
  • 適合PEライン:0.5-1.2号
  • 定価:45,000円

TENRYU(テンリュウ)

ジギングやタイラバ、ブラックバスから渓流釣りまでルアーロッド幅広く扱うメーカー。

あまりメジャーではないけど、知る人ぞ知る定評があるメーカー。

Red Flip(レッドフリップ)

今回紹介するタイラバロッドの中ではもっとも手ごろで実売価格約3万円弱というお値段。

ラインアップが豊富

ラインアップが豊富で1.8mというショートロッドから2.36mのロングモデルまで、またスピニング、先調子、胴調子など自分にあったロッドが選びやすい。

「マグナフレックス製法」で感度と食い込みの良さの両立!

「マグナフレックス製法」というカーボンとグラスという異素材同士を融合させる技術の一部で「レッドフリップ」では「カーボンフレックス製法」が使われています。

これにより穂先までチューブラー構造で、セクションにより弾性を分けることで感度と食い込みの良さを両立しています。

また先ほどのがまかつ同様グラス割合が12~17%と少し多めで追従性、粘り強さを活かして乗せのタイラバに力を発揮しそうです。

(早掛け対応の先調子モデルもありますが)

ただ、自重が140g前後と今回紹介したロッドの中では少し重めであったり、感度に関しては他社の方が有利かも

ロングモデルなどで追従性を活かして大型真鯛を狙う、など「レッドフリップ」の強みを活かせる使い方ができれば大活躍してくれるでしょう!

Red Flip(レッドフリップ)のラインアップ

RF5111B-ML

  • ベイトモデル
  • ミディアムライト ファストアクション
  • 全長:1.80m
  • 自重:139g
  • 適合ルアー:~120g
  • 適合PEライン:0.6-1.2号
  • 定価:31,000円

RF5111B-M

  • ベイトモデル
  • ミディアム ファストアクション
  • 全長:1.80m
  • 自重:143g
  • 適合ルアー:~140g
  • 適合PEライン:0.6-1.2号
  • 定価:31,500円

RF661B-L

  • ベイトモデル
  • ライト レギュラーアクション
  • 全長:1.98m
  • 自重:146g
  • 適合ルアー:~100g
  • 適合PEライン:0.6-1.0号
  • 定価:31,000円

RF661B-ML

  • ベイトモデル
  • ミディアムライト レギュラーアクション
  • 全長:1.98m
  • 自重:136g
  • 適合ルアー:~120g
  • 適合PEライン:0.6-1.2号
  • 定価:31,500円

RF792B-L

  • ベイトモデル
  • ライト レギュラーアクション
  • 全長:2.36m
  • 自重:155g
  • 適合ルアー:~100g
  • 適合PEライン:0.6-1.0号
  • 定価:33,500円

RF792B-ML

  • ベイトモデル
  • ミディアムライト レギュラーアクション
  • 全長:2.36m
  • 自重:155g
  • 適合ルアー:~120g
  • 適合PEライン:0.6-1.2号
  • 定価:34,000円

RF682S-ML

  • スピニングモデル
  • ミディアムライト ファストアクション
  • 全長:2.03m
  • 自重:118g
  • 適合ルアー:~120g
  • 適合PEライン:0.6-1.2号
  • 定価:33,500円

RF742S-M

  • スピニングモデル
  • ミディアム ファストアクション
  • 全長:2.24m
  • 自重:134g
  • 適合ルアー:~140g
  • 適合PEライン:0.6-1.2号
  • 定価:34,000円

まとめ

以上、エバーグリーン、がまかつ、テンリュウの4商品をご紹介してきました。

高性能だけど割と高額な商品が多く、ダイワやシマノでも上位モデルで高性能なロッドが狙える価格帯です。

例えばダイワの上位モデルだと金属の穂先「メタルトップ」や全身ソリッドの「スリルゲーム」、またシマノだとフォールタイラバにピッタリ「ガングリップ形状」などメーカーによって強烈な個性を持ったロッドのラインアップがあります。

今回紹介したロッドたちも個性豊かなメンツ、ダイワやシマノに限らず自分の好みと各メーカーの個性がマッチするロッドを探してみましょう!

【2021年】ダイワのタイラバロッド「紅牙」全モデル機能比較とコスパ最強モデルも選んでみた。ダイワのタイラバロッド「紅牙」いろいろあるけど何が違う? ダイワのタイラバ専用ロッドの紅牙シリーズにはバリエーションがたくさん...
【2021年】シマノタイラバロッド「エンゲツ」全5種の金額と機能比較。コスパ最強モデルも選んでみた。シマノのタイラバロッド「エンゲツ」いろいろあるけど何が違う? シマノタイラバロッド「炎月(エンゲツ)」シリーズは全部で5種類の...
あわせて読みたい
アジング

【2021年】約3万円以内!ダイワのアジング、メバリングに使えるリール10選とコスパ優秀ランキングをまとめてみた。

2021年7月20日
マイボ!
ダイワのアジングとメバリングに使えるスピニングリールの違いをまとめてみた ダイワのアジングやメバリングに使えるリールと言えば「月下美人」シ …