【2023年】アブガルシアのライトジギングに使えるベイトリール3選!

mybo
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アブガルシアのライトジギングに使えるベイトリール

今回はアブガルシアライトジギングに使えるベイトリール3種類を紹介。

ライトジギング用リールに求めらる性能としては、

  • できるだけ軽量であること
  • 剛性、耐久性の高い金属製であること
  • 最低限以上のドラグ性能を持っていること

こんな感じでしょうか。

結論から言いますと、今回紹介しているリールの中ではこれらすべてを満たしているのは1機種のみ

ただそのリールはダイワやシマノなどメジャーなメーカーにはないキャラクターを持っています。

(※アブガルシアがメジャーではない、みたいな言い方になってしまいましたがw)

本文読むのが面倒くさければ最後のまとめだけ見ていただいてもOKなぐらい分かりやすい結論になっておりますが、本文中ではダイワやシマノとの比較なども交えて説明しておりますのでぜひ読んでみてくださいね!

オーシャンフィールド7

まいぼ
まいぼ

シングルとダブルのハンドル2種類セットという珍しいリール。

さらに約10,000円と安いので、いろんな船釣りにチャレンジしてみたい方にオススメ!

オーシャンフィールド7の特徴

2016年発売、実売価格は約10,000円。

ポイント

ハンドルが2種類セットになってていろんな釣りが楽しめる!

「オーシャンフィールド7」最大の特徴としては標準のシングルハンドル+大型ノブに加え、ダブルハンドル+小型ノブがセットになっており付け替えすることが可能であること。

まいぼ
まいぼ

ライトジギング×シングルハンドル、タイラバ×ダブルハンドルというような2刀流できる

ポイント

最低限以上のドラグ、キャスティング性能も

他にマグネットブレーキシステム搭載で軽いキャスティングもできたり(シングルハンドル時は不可)、カーボンマトリックスドラグにより滑らかで力強くドラグが作用してくれます。

ベアリング数3個は少ないような気もしますが、最大ドラグ力7kgあり、ライトジギングには十分なスペック。

価格も約1万円と安いですから、ライトジギング入門、またはタイラバなども含めボートでのルアーゲーム全般に幅広く使えるでしょう!

ダイワ同価格帯商品

ダイワ ヴァデル ベイジギング(約15,000円)

  • シングルハンドルのみ
  • 自重(248g)、最大ドラグ力(5kg)は「オーシャンフィールド7」の方が有利
  • 金属ボディであることや、ベアリング数が多い(6個)点では「ヴァデルベイジギング」が有利。
シマノ同価格帯商品

シマノ バルケッタBB (約13,000円)

  • ハンドルはダブルかシングルどちらか(モデルによる)
  • ボディはどちらも樹脂
  • 「オーシャンフィールド7」の方が軽量

オーシャンフイールド7のラインアップ

  • 自重(g):217
  • ギア比:7.1
  • 最大ライン巻取(cm/ハンドル1回転):74
  • 最大ドラグ力(kg):7
  • PE糸巻量(号ーm):1-350,1.5-255,2-180
  • ボール/ローラーベアリング:3/1
  • 定価(円):15,500

ソルティステージ コンセプトフリー

まいぼ
まいぼ

こちらもハンドル2種類セットでいろんな船釣りに使える。

さらに金属フレームや真鍮製ギア、シャフト採用で剛性、耐久性もアップ。

長年使いたいならこちらがオススメ!

ソルティステージ コンセプトフリーの特徴

2019年発売、実売価格は約17,000円。

ポイント

ハンドル2種類+替えスプールもセット!

「オーシャンフィールド7」と同じくシングルハンドルとダブルハンドルの2種類のハンドルと替えスプールまでセットになっていて、釣りに合わせて付け替えできる仕様。

ポイント

さらにアルミフレーム、真鍮ギヤ、シャフトで耐久性アップ

アルミフレームや真鍮ギア、その他以下のような進化で耐久性、剛性がアップ。

オーシャンフィールド7からここが進化
  • アルミ製フレームで耐久性、剛性アップしながら自重ほぼ同じ
  • 真鍮製のギヤとシャフト採用で耐久性、剛性アップ
  • 撥水コートを施したベアリングをピニオンギヤ部に採用、塩ガミ、異音の防止
  • ベアリング数1個増加
ポイント

最新ブレーキシステムやベアリング設計最適化でフォールやキャスト性能アップ

Fモードブレーキシステム」やベアリングシステム「スーパーフリーHPCR-BB」などの設計最適化によりキャスティング性能もアップ。

タイラバやジグをアンダーキャストするときに活躍。

ポイント

ドラグ引き出し音が鳴る!

ドラグクリッカ採用でドラグが引き出された時にクリック音が鳴ります。

まいぼ
まいぼ

個人的には特に1万円台でドラグ音が鳴る!というのはうれしいですね

などなど「オーシャンフィールド7」から7,000円ほどアップにはなってしまいますが、多数の点で進化。

特にアルミフレームなどの採用により剛性、耐久性がアップしているためライトジギングに使うならこちらの「ソルティステージ コンセプトフリー」の方が長期間使えてコスパには優れるかも。

ライトジギングだけでなく、タイラバ、タチウオジギング、タチウオテンヤ、イカ、各種エサ釣り…いろんな釣りに使えるまさに「フリースタイル」

一家に一台、あっても損はない!?

ダイワの同価格帯商品

ダイワ ブラストBJ TW(約16,000円)

  • シングルハンドルモデルだけ
  • ドラグ音が鳴らない
  • 最大ドラグ力(5kg)は「ソルティステージコンセプトフリー」の方が有利
  • キャスティングしやすいTWS(Tウイングシステム)が採用
  • ベアリング数が多い(7個)
シマノの同価格帯商品

シマノ ベイゲーム (約22,000円)

  • シングル、ダブルハンドルはどちらかの選択(モデルによる)
  • 最大ドラグ力(5kg)は「ソルティステージコンセプトフリー」の方が有利
  • 「ベイゲーム」には滑らかな巻きを可能にするマイクロモジュールギア搭載

この価格帯だとどのメーカーも金属フレームは共通ですが、やはりダブル、シングルハンドルセットである点が他メーカーとの大きな違い。

まいぼ
まいぼ

安いからすぐダメになるんじゃなくて、それなりに耐久性もあるコスパに優れるリール

ソルティーステージコンセプトフリーのラインアップ

  • 自重(g):220
  • ギア比:6.4
  • 最大ライン巻取(cm/ハンドル1回転):66
  • 最大ドラグ力(kg):7
  • PE糸巻量(号ーm):1.5-200
  • ボール/ローラーベアリング:4/1
  • 定価(円):22,500

MAX DLC BG

まいぼ
まいぼ

デカ文字カウンター搭載が最大の特徴。

問題は約360gという重さ。

MAX DLC BGの特徴

2021年発売、実売価格は約17,000円。

ポイント

デカ文字カウンター搭載!

「MAX DLC BG」最大の特徴は水深が表示されるカウンター搭載していること。

さらに表示される文字サイズが大きく、またLEDバックライトも搭載しているので見やすい液晶画面となっています。

ポイント

SaltShieldベアリングで耐久性アップ!

ピニオンギア部に「SaltShieldボールベアリング」を採用。

錆びにくく、塩ガミを防いでくれます。

メーカーのテスト動画
ポイント

ドラグクリック音も鳴る!

ドラグが引き出された時にはクリック音も鳴ります。

注意点

自重はかなり重い…

カウンター付きで耐久性も高い!と聞くと良さそうですが、問題は約360gという重さ。

丸型リール並みの自重ですので、ライトなロッドと100gを切るような軽いジグとの組み合わせで使用するとアンバランス感は否めない。

ダイワの同価格帯商品

ダイワ ライトゲームIC(約22,000円)

  • 最大ドラグ力(5kg)は「ソルティステージコンセプトフリー」の方が有利
  • カウンター文字サイズは小さめ
  • 「ライトゲームIC」は自重220gと圧倒的に軽量
シマノの同価格帯商品

シマノ グラップラーCT (約21,000円)

  • フォールレバー搭載
  • 最大ドラグ力(5kg)は「ソルティステージコンセプトフリー」の方が有利
  • カウンター文字サイズは小さめ
  • 「グラップラーCT」は自重255gと圧倒的に軽量

以上のようにパワーは「MAX DLC BG」に軍配が上がりますが、問題は重さ。

軽量ジグを使用するライトジギングにおいてはダイワやシマノ製の方が良さそうですが、パワーが必要な状況では「MAX DLC BG」が有利。

まいぼ
まいぼ

用途が違うので一概に比較は難しい

MAX DLC BGのラインアップ

アブガルシア(Abu Garcia)
¥15,700 (2024/07/21 22:09時点 | Amazon調べ)
アブガルシア(Abu Garcia)
¥15,682 (2024/07/21 22:09時点 | Amazon調べ)
  • 自重(g):358
  • ギア比:4.8
  • 最大ライン巻取(cm/ハンドル1回転):60
  • 最大ドラグ力(kg):9
  • PE糸巻量(号ーm):3-200
  • ボール/ローラーベアリング:5/1
  • 定価(円):19,800
アブガルシア(Abu Garcia)
¥16,466 (2024/07/21 22:09時点 | Amazon調べ)
アブガルシア(Abu Garcia)
¥15,523 (2024/07/18 06:36時点 | Amazon調べ)
  • 自重(g):360
  • ギア比:6.2
  • 最大ライン巻取(cm/ハンドル1回転):78
  • 最大ドラグ力(kg):9
  • PE糸巻量(号ーm):3-200
  • ボール/ローラーベアリング:5/1
  • 定価(円):19,800

まとめ

以上アブガルシアのライトジギングに使えるリールを紹介してきましたが、最後に個人的オススメ紹介。

オススメ

ソルティステージ コンセプトフリー

ライトジギングをメインに!って考えるとほぼ「ソルティステージ コンセプトフリー」一択と考えても問題ないでしょう。

「ライト」ジギングとはいえそれなりにリールには負荷のかかる釣りであるため、やはり金属フレームであることが大きなポイント

さらにハンドル2種類セットというのも他社にはあまりないポイントであり、「フリースタイル」という名前の通りいろんな釣りに幅広く使えるのもイイですね。

まいぼ
まいぼ

いろんな釣りに使う=金属フレームで耐久性に優れる、ということは重要

ということで結論、ライトジギングに使える安いリールを探している方には「ソルティステージ コンセプトフリー」がオススメ!というお話でした。

ABOUT ME
まいぼ
まいぼ
なんでも釣り師
船も陸も、ルアーもエサもOK、なんでも釣り師。

釣りの種類が多すぎて専用タックル揃えられないのが悩み。

人が多い有名ポイントで釣果にこだわるより、釣れなくてものんびーり釣りしたい派。
記事URLをコピーしました