How to

自分に合ったタイラバリールの選び方

リール選定はココに注目!

今回は自分に合ったリールの選び方のお話。

タイラバ初挑戦君
タイラバ初挑戦君
「タイラバを始めたいけどどうリールを選んでいいか分からない…」
タイラバちょっとかじった君
タイラバちょっとかじった君
「今使ってるリールがイマイチ。もっといいのないんかな?」

とりあえずは予算が許す範囲でタイラバ専用!として発売されているリールの中から選ぶのが無難ではありますが、それにも多数のラインナップがありますし、必ずしも高額なリール=自分にとって100点のリール!とも限りません

狙いのマダイのサイズは?水深は?潮流の速さは?使用するタイラバは何?ラインは何号?フックは?…など人それぞれリールを使う状況は違うハズ。

その中から自分がしたい釣りや目指す釣りにあったリールを選ぶことで、使いやすくなる→釣果が上がる→釣りがさらに楽しくなるという好循環が生まれるでしょう。

釣り人の奥様
釣り人の奥様
「なんで同じようなリールいっぱい持ってるのにまたリール買ったの!?」

あるあるですよね…

こんな時本記事を読んで、リールの違いと状況によって使い分ける理由などを説明できれば奥さんも納得すること間違いなし!?

カタログのスペックから読み取れるリールの特徴

ではどう選べばいいかというと、カタログに記載されているスペックから大体の特徴は読み取ることができます

これから代表的な項目を1個ずつ解説、さらに重要な項目については別ページにてさらに深堀りしてみました。

自重

その名の通りリール自体の重さを表します。

タイラバにおいてタックルの軽さと言うのはつまり感度の向上につながりやすいため、かなり重要な要素

マダイのついばむような小さなアタリや潮流の変化、タイラバの違和感などをいかに取れるかが釣果を左右するためです。

じゃあ軽ければ軽いほどいいのか?と言えばそう簡単な話でもなくて、軽いリールは樹脂製ボディであることも多く剛性や耐久性は自重が重い金属製リールに比べると弱くなってしまいます

他にも大型マダイや大型青物とファイトする時もとにかく軽量にこだわったリールだとパワー負けする恐れもあります。

  1. 究極のライトタイラバをしたい!繊細なタックルだからこそとれるような小さなアタリをとっていくタイラバ
  2. にかくサイズ命!激流や深場での大型マダイや大型青物を狙ったタイラバ
  3. コスパ最優先!耐久性があるリールを長期間使いたい

例えば上記の中から自分に合った釣りってどれですか?

1ならとにかく軽いリールを重要視すべきだし、2なら自重よりパワーや剛性を重視、3も自重より使われている素材とかで耐久性を重視すべきですよね。

このようにどんなフィールドでどんな釣り方をしたいのかによってリールの自重を意識する必要があります

タイラバリールの自重についての詳細記事は↓

タイラバリールにおける軽さの重要性とは?軽量タイラバリールランキングも!タイラバリールにおける軽さの重要性とは? タイラバ用のロッドやリールはダイワやシマノはじめいろんなメーカーからたくさんの種類が販売され...

ベアリング

リールにはスプール、ドライブギヤ、メカニカルブレーキ、ハンドル…などたくさんの回転する軸があり、それらを受けているのがベアリングです。

高級リールほどその数が多い傾向があります。

逆に安価なリールはその数が少なく、ベアリングの代わりに樹脂製のカラーに

では樹脂カラーではなくベアリングである、またその数が多いメリットとは、簡単に言うと回転抵抗少ない=滑らかにかつガタなく正確に回転できるということです。

タイラバにおいて巻き抵抗少ない、つまり感度が良くなることにつながるため、自重の項目の時と同じく大変重要な要素。

ベアリング数が多ければ多い(=回転抵抗少ない)ほどキャッチできる情報も多くなり、それらが釣果に繋がってきます。

よって滑らかに巻けるようになるという点では、ベアリングは多ければ多いほどいいと言えるでしょう。

マイボ!
マイボ!
「ただ、高額であるといったデメリットもあるため、予算を見ながら検討しましょう。」

タイラバリールにおけるベアリング数についての詳細記事↓

タイラバにおけるリールのベアリングの重要性とは?ベアリング数ランキングも!タイラバにおけるリールのベアリングの重要性とは? タイラバリールを購入しよう!っていうときにまずカタログにのってる情報のひとつとしてベ...

ギヤ比

ギヤ比とはハンドル1回転させたときにスプール(糸巻いているとこ)が何回転するか、を表した項目。

ですから例えばギヤ比が5だとハンドル1回転でスプール5回転、ギヤ比が7だとスプール7回転。

ですからこの数値が大きいほどハイギヤで、より速く巻けるワケです。

特にタイラバにおいてはローギヤ派とハイギヤ派でたびたび論争になることも?

ローギヤの方が低速で等速巻きしやすいから絶対ローギヤだ!って人もいるし、割と早巻きパターンが多く万能なのはハイギヤだ!って人も。

このギヤ比に関しては一概にどっちが正解ってことでもないので、とりあえず↓の記事見てメリット、デメリット理解してもらえたら自分はどっち派か決まるかも

タイラバ用リールの選び方!ローギヤとハイギヤはどっちがいいの?タイラバ用リールの選び方。ローギヤとハイギヤはどちらがいいのか考察。 ローギヤ、ハイギヤとは まずローギ...

ドラグ力

まずドラグシステムとはラインやフックまたそれらの結束部分など、タックルの中で最も弱い部分が耐えうる以上の負荷が掛かった時にあえてラインを引きずり出してくれるシステム

こうしてタックルの弱い部分を守りながら大型魚とファイト→釣り上げることができるようになります。

そのドラグシステムが耐えれる強さを表すのがドラグ力で、強いほど耐えられる負荷が大きくなる→対応力は広がるということですから強いに越したことはありません。

マイボ!
マイボ!
「しかしただ闇雲に強ければ強いほど良いのかと言うと、やはりそうでもなく必要以上の強さを持っていても無駄。」

必要以上にドラグ力の強さを追い求めてしまうと、自重が増えたり価格が高くなってしまったり。

それにタイラバではそこまで強力なドラグ力は必要としないことが多い釣りでもあります。

フィールドにもよりますがメインラインに1号以下、場合によって0.6号や0.4号などかなり細いラインを使ったり、フックもかなり小型のものを使うことも。

そもそもそれらラインやフックの強度がそこまでないため(約5kgぐらい)、それを大きく超えたドラグ力を持ったリールを組み合わせても無意味であるということです。

タイラバに限らずですがタックルバランスに合ったドラグ力を持つリールを選ぶことが最も重要でしょう。

タイラバリールのドラグ力についての詳細記事↓

タイラバにおける最大ドラグ力の重要性とは?タイラバリール最大ドラグ力ランキングも。タイラバリールの最大ドラグ力の重要性? 今回はタイラバのリール選定にあたって、いろんな項目がある中で最大ドラグ力ってどれぐらい重要なの...

形状

リールの形状は大きく言うとロープロ型丸型(円型)の2種類。

タイラバにおいて一概にコッチがいい!とは言い切れなくて、どちらにも強みと弱みがあります。

自重や耐久性といったことが主な違いでありますが、それ以上に形状やサイズが大きく違うため実際にロッドにセットして握った感覚というのも重要です。

手の小さい人が大きな丸型リール使ったりする使いにくく、疲れやすかったり、指が痛くなったりしますので。

ロープロ型か丸型か、リール形状についての詳細記事↓

ベイト(両軸)リールには丸型とロープロ型あるけどどう違うの?メリットやデメリットは?ベイトリールには丸型とロープロ型があります ジギングやタイラバなどから、おかっぱりでのブラックバスやエギングなどルアーフィッシングや船...

それ以外にハンドルの長さやシングルハンドルかダブルハンドルかといった違いなどもあります。

これはタイラバ用途に限って言えばダブルハンドルの方が操作しやすいですね。

ほかにハンドルノブのサイズや形状、クラッチの形状や操作感など。

付加価値

以上基本スペック以外に、「電動」という選択肢も。

タイラバにおいて電動リールを使うメリットは多数あり、特に完全等速巻きができるというのは大きいです。

さらに電動だと片手操作が可能だったり、回収が楽、といったメリットも

電動リールに対して拒否反応がある人もいるかもしれませんが、以下記事にてメリットとデメリットまとめてみましたのでぜひ読んでみてください。

タイラバを電動リールで行う電動タイラバ!メリットとデメリットタイラバを電動リールで行う電動タイラバ タイラバとは、従来ベイトリール(両軸リール)を使用して手巻きで釣るもの、という考えが一般的でし...

他に水深表示がされるカウンター付きリールがあったり、特殊能力的な感じの機能が付いているリールもあります。

そういったリールの例を以下紹介します。

シマノ フォールレバー

炎月CT

炎月プレミアム

オシアコンクエストCT

特徴:フォール速度を簡単に調節できるレバーにより、フォールでも鯛を誘い、掛けることができる「フォールタイラバ」ができる

ダイワ TWS(Tウイングシステム)

紅牙TW

紅牙TW ハイパーカスタム

特徴:T字型のレベルワインドによりライン放出性能アップとトラブルの減少。タイラバにおいてはより素早いフォールが可能に。

ダイワ マグシールドボールベアリング

ソルティガBJ

紅牙TW

紅牙TW ハイパーカスタム

など

特徴:オイルの壁で海水やほこりを遮断、軽く滑らかな初期の回転性能を長期間維持できるボールベアリング。ピニオンギヤ部に搭載。

ドラグ音が鳴る

シマノ炎月

ダイワ紅牙IC

 など

特徴:シマノでは「エキサイティングドラグサウンド」、ダイワでは「ドラグ引き出しクリック」。

大型の真鯛などが掛かってドラグが引き出されるとドラグ音が出る仕組み。

やっぱドラグ音が出た方が気持ちいいですよね!

スピニングリールには当然のように出て、ベイトリールでは出ないことが多かったけど最近はドラグ音が出るベイトリールも増えてきました。うれしいことですw

まとめ

このようにカタログに記載されているスペックからいろんなことが読み取ることができます。

ドラグ力やベアリング数とかは多いほどイイ!っていうイメージもありますが、必ずしも多ければ自分に合っているかというとそこまで必要でもなかったりします。

また、ここまで書いておいて言うのもなんですが、自重とかドラグ力とか数値的なスペックは大変重要なことだけど、最後はなんやかんやデザインや握った感覚とかのフィーリングでイイな!って思ったのを選ぶのがベストだったりもします。

自分がしたいタイラバは?と改めて見つめなおして、それに合ったリールを考えるのも楽しみのひとつですね!

【2020年】ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ全モデル比較と解説。コスパに優れるオススメ紹介も。ダイワタイラバリール「紅牙」シリーズ完全比較! 今回はダイワのタイラバ用リール「紅牙」シリーズについてのお話。 ...
【2020年】シマノタイラバリール「炎月」全4モデル性能比較!コスパに優れるオススメモデルも選んでみた。シマノタイラバリール「炎月」性能の違いを比較してみた シマノのタイラバブランド「炎月」。 ロッドやリールをはじめタイラバヘッドや...
あわせて読みたい